グローバルダイニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社 グローバルダイニング
GLOBAL-DINING,INC.
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
107-0062
東京都港区南青山七丁目1番5号
設立 1973年10月5日
業種 小売業
法人番号 6010401005715
事業内容 レストラン経営による飲食事業
代表者 代表取締役社長 長谷川耕造
資本金 14億7,211万円
売上高 連結109億円(2013年12月期)
純資産 連結44億円(2013年12月)
総資産 連結82億円(2013年12月)
従業員数 単体224名(2013年12月)
決算期 12月31日
主要株主 長谷川耕造 62.61%
主要子会社 GLOBAL-DINING,INC OF CALIFORNIA
外部リンク http://www.global-dining.com/
テンプレートを表示

株式会社 グローバルダイニングGLOBAL-DINING,INC.)は、東京都港区南青山に本社を置く日本の外食産業の一社である。

概要[編集]

創業者で現社長の長谷川耕造が、早稲田大学商学部を中退し、シベリア鉄道に乗って、スウェーデンへ渡り、同国の首都・ストックホルムを基点にヨーロッパ全土を放浪して回る。1972年に帰国し、翌年、有限会社長谷川実業を創業。高田馬場に喫茶店「北欧館」[1]を開く。1976年には六本木にパブレストラン「ゼスト」(現在は同地に「LB6」が存在する。詳しいことについては後述参照)をオープンさせたのを契機にレストラン事業へと転身。その後、同社の本社オフィスに近い、代官山西麻布表参道原宿近郊に、ゼストキャンティーナ、カフェ ラ・ボエムを裏通りなどにゲリラ的に出店してゆくと、深夜5時まで営業していることもあり、主に夜遊び族の支持を得て、知名度を上昇させると、1985年に株式会社に改組する。

1987年にはゼストキャンティーナを、当時流行の兆しを見せていたテクスメクスレストランに業態転向させ、大成功をおさめると、その後もイタメシブームでカフェ ラ・ボエムも成功をおさめ、一気にメジャーな知名度を得る。その後も1993年アジアンレストラン「モンスーンカフェ」、2000年に日本料理「権八」などの新業態にも進出し、新たに成功させるなどしている。また現社名のグローバルダイニングには1997年に変更している。

これまで東京都内を主戦場としてきたが、2004年に大型フードコート「フードコロシアム」を沖縄にオープンさせると、その後は大阪、福岡などの国内主要都市にも店舗を開いたが、2019年現在、地方都市にあった店舗は全て撤退している。また海外では、サンタモニカにコンテンポラリー・ワールドキィジーヌレストランの「1212」、ロサンゼルスにイタリアンレストランの「ラ・ボエム」、香港に創作和食の「権八」の3店舗を所有している。

特徴[編集]

同社を代表するものの一つとして、社長・長谷川耕造の持つ経営哲学がある。徹底した実力主義と、結果を第一としており、つねに社員・アルバイト全ての従業員に対し、競争意識を徹底させている。フェアに店を運営し、収益を上げ、月商が高いものがこの先、生き残ってゆくという資本主義における原理原則を教育させると共に、これが同社の原動力にもなっている。

また同社の特徴の一つとして、半径1km以内の地域に別業態のレストランを互いに出店し、売り上げを競争させるというやり方があることでも知られる。これは長谷川が、当時まだ着目されていなかった世田谷区三宿1989年にゼストキャンティーナを出店させ、その2ヵ月後にカフェ ラ・ボエムをオープンさせたことで、地域が活性化し、渋谷などからタクシーですぐに行ける場所であることなどから、その後三宿は隠れ家的スポットとして脚光を浴びるようになり、知名度を上昇させる切っ掛けにもなったことでも知られる。

1990年代中期から2000年にかけて、代官山にモンスーンカフェ、白金にラ・ボエム、恵比寿にゼストキャンティーナ、西麻布に権八などの大型店舗を展開し、話題を呼んだ。ただ2002年以降、外食産業全体の売上高は低下の一途を辿っているため、これ以降、大型店舗の展開はしていない。

業態一覧[編集]

  • ゼスト キャンティーナ(ZEST CANTINA)
    1976年に六本木にパブレストランとしてオープン。その後1978年に2号店となる原宿店(同店が入居していた原宿神宮橋ビルの老朽化解体に伴い、2006年2月末で閉店)をオープンさせた後、次第に都心を中心に店を構え始めるようになる。当初は前述のようにまだテクスメクスを取り入れてはいなかったが、1987年に横浜店(1997年に閉店)のオープンと同時に全店舗テクスメクスに業態転換し、グローバルダイニングの主力業態として現在も存続し続けている。中でも1998年にオープンした恵比寿店は、同業態中最大の広さを持ち、アメリカとメキシコの国境にありそうな安酒場を思わせるレトロチックな外観と、西部劇の映画のセットのようなサルーンの豪華さとが相まって、過去に様々なテレビ番組のロケ地として登場したことでも知られたが、2012年5月に閉店した。現在都内のみで2店舗を展開。また同じゼストキャンティーナでも、ハンバーガーのみを扱う「ゼストプレミアムバーガー」がラクーア内と広尾に存在したが、こちらは2011年4月に閉店した。
  • カフェ ラ・ボエム(Cafe La Boheme)
    プッチーニの同名のオペラからその名を冠し、1980年に前出の原宿神宮橋ビルに1号店としてパスタとワインをメインにしたレストランとしてオープン。元々はその前年に長谷川がアンティークショップを開いたものの、売り上げ不振で業態転換させたもの。のちに1989年、世田谷ラ・ボエムがオープンした頃と前後して、ちょうどイタメシブームが起きていたこともあり、その時流に乗って、一躍メジャーになる。その後も銀座や白金などの地域に店をオープンさせ、特に1998年の白金店は同地域のランドマークスポットとなっている。現在、関東圏で13店舗を展開。また同じカフェ ラ・ボエムでもこれより価格帯が一段高い「ラ・ボエム クアリタ」が渋谷センター街福岡天神に存在したが、渋谷店は2018年に「ラ・ボエム」に業態転換、福岡店は2015年3月に閉店している。(同様に大阪・梅田の茶屋町にも「ラ・ボエム」が存在したが、[2018年]]10月に閉店している)。
  • モンスーン カフェ(MonSoon Cafe)
    タイベトナムマレーシアといった諸国のアジアン料理を、バリのリゾートをイメージした空間で楽しむレストランとして、1993年に西麻布に1号店として誕生。その後急速な高まりを受け、1995年には代官山に、吹き抜けを設けた回廊型の巨大店舗をオープンさせ、大きな話題を呼ぶ。その後も都内各地に出店を続けている。近年では銀座・G-Zoneやお台場・メディアージュに位置するグリエンパサージュ、ららぽーとTOKYO-BAYなどの商業施設へ出店するケースが多くなっている。現在都内及び関東圏で10店舗を展開中。
  • 権八(Gonpachi)
    手打ち蕎麦・饂飩といったの伝統的和食を、土倉を改築して建てられた古民家をイメージした空間で楽しむ和食レストランとして、2000年9月に西麻布に1号店として誕生。基本は蕎麦・饂飩に絞られているが、各店には寿司(西麻布・渋谷・銀座)、蕎麦・天麩羅・炭焼き(桜新町・あざみ野)、鉄板(天神)等それぞれの料理に長けた料理人を配しているため、各店によってそれぞれ店のタイプが異なる。なお西麻布店は、2002年2月に東京都内で開催された小泉ブッシュによる日米首脳会談の際に会食で使用されたことで知られる。
  • フードコロシアム(FOOD COLOSSEUM)
    前出の業態を全て一店に凝縮させた業態として、2004年12月に同社初の関東地域外となる沖縄に1号店としてオープン(2013年6月に閉店)。その後は東急田園都市線南町田駅前に位置する「グランベリーモール」に2店目をオープン(2013年1月に閉店)、2008年7月には栃木県の那須ガーデンアウトレットに3店目をオープン。2019年現在、この店舗のみの営業となっている。
  • タブローズ(TABLEAUX)
    1992年10月に代官山にオープン。元々はその前となる1991年にロサンゼルスにカフェ ラ・ボエムをオープンさせた際に長谷川が”これまでのカジュアルタイプの業態から、シックで無国籍なイメージを持たせた業態への移行”をコンセプトにオープンさせたインターナショナルスタンダードタイプのレストラン。無国籍なオリジナルディッシュに加えて、また併設された「タブローズ ラウンジ」ではワインセラーやヒュミドールなどが揃えられており、贅を尽くした大人の空間とも言える。なおこの店舗は午後5時半からの営業となっている。
  • ステラート(Stellato)
    1998年9月に白金にオープンしたカフェ ラ・ボエムの3階にオープンされた、イタリアの大聖堂をイメージしたレストラン。タブローズが無国籍なシックさを基調にしたコンセプトを持つのに対し、ステラートは一貫してイタリアンを基調とした空間で、提供される料理もイタリアンベースとなっている。この店舗も午後5時半から営業だが、閉店も午前0時となっており、同社が所有するレストランの中では最も速く閉店する。
  • レガート(Legato)
    2002年に渋谷・道玄坂上にあるスペースタワーにオープンしたレストラン。イタリアの劇場をイメージしたオープンキッチンに加え、併設されたワインセラーはこれまでの業態中最大規模を誇る。ちなみにタブローズ、ステラートが午後5時半からのオープンに対し、この店舗のみ午前11時半からのオープンとなっており、ランチメニューも取り扱われている(閉店は午前0時)。
  • エルビー(LB)
    2012年6月に六本木にオープンした、グリル料理とワインをメインとしたレストラン。30年に渡り、ラ・ボエムとして運営されていた店舗を、新たに改装し、オープンさせた[2]

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 現在でも国内各地には、同じ名前を持つ喫茶店・サウナなどの店があるが、同社の「北欧館」は高田馬場のみの出店であったため、その他の同名の一連の店との関連性は全くない。
  2. ^ ワインバー&グリル『LB8』代官山にグランドオープン

外部リンク[編集]