ウォルフガング・フォン・トリップス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウォルフガング・フォン・トリップス
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
F1での経歴
所属チーム '56-'58,'59-'60,'61 フェラーリ
'59 ポルシェ
'60 クーパー
活動時期 1956-1961
出走回数 27
優勝回数 2
通算獲得ポイント 56
表彰台(3位以内)回数 6
ポールポジション 1
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1956年イタリアGP
初勝利 1961年オランダGP
最終勝利 1961年イギリスGP
最終戦 1961年イタリアGP
タイトル 0
テンプレートを表示

ヴォルフガング・アレクサンダー・アルベルト・エドゥアルト・マキシミリアン・ライヒスグラーフ・ベルヘ・フォン・トリップスWolfgang Alexander Albert Eduard Maximilian Reichsgraf Berghe von Trips1928年5月4日 - 1961年9月10日) はドイツのレーサーである。ケルン出身。

概要[編集]

ウォルフガング・フォン・トリップスの銅像

ラインラント帝国伯Reichsgraf )家の出身だった。

1950年代のはじめよりスポーツカーレースで活躍。1956年にフェラーリよりF1デビューするがこの時は決勝スタートできず、1957年に3位を獲得するも1960年までは大きな活躍はできなかった。

1961年にオランダGPで初優勝し(ドイツ人としても初優勝)、イギリスGPでも勝利。この年はフェラーリがシーズンを席巻しており、チャンピオン争いは同じチームのフィル・ヒルに絞られることとなった。第6戦ドイツGP終了時点では、フォン・トリップスが4ポイントリードしていた。

迎えた第7戦イタリアGPで生涯初となるポールポジションを獲得したがスタートに失敗し、2周目にロータスのジム・クラークを抜こうとして接触事故を起こした。

当時シートベルトの着用は義務化されていなかったこともあって事故によりフォン・トリップスはコースに投げ出され即死し、またこの事故に巻き込まれ観客14人が死亡する大惨事となった。この瞬間は映像に残されており、F1死亡事故の初期の映像として知られている。

ヒルはこのレースで優勝しチャンピオンを獲得したが、レース終了後にトリップスの死を知って人目もはばからず号泣していたという。


F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 WDC ポイント
1956年 フェラーリ D50 ARG MON 500 BEL FRA GBR GER ITA
DNS
NC 0
1957年 D50A ARG
6*
14位 4
801 MON
Ret*
500 FRA GBR GER PES ITA
3
1958年 Dino 246 ARG MON
Ret
NED 500 BEL FRA
3
GBR
Ret
GER
4
POR
5
ITA
Ret
MOR 12位 9
1959年 ポルシェ 718 F2 MON
Ret
500 NED FRA GBR GER
DNS
POR ITA NC
(23位)
0
フェラーリ Dino 246 USA
6
1960年 ARG
5
MON
8
500 NED
5
BEL
Ret
FRA
11
GBR
6
POR
4
7位 10
246P F2 ITA
5
クーパーセントロ・スッド T51 USA
9
1961年 フェラーリ 156 MON
4
NED
1
BEL
2
FRA
Ret
GBR
1
GER
2
ITA
Ret
USA 2位 33