日本の電化路線の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本の電化路線の一覧(にほんのでんかろせんのいちらん)とは、日本国内に存在する、電力で電車電気機関車を運行させる鉄道路線の一覧。

直流電化線[編集]

本記事の一覧はJR貨物の項をのぞき、定期旅客列車が運行されている路線・区間を対象とする(例えば、総武本線越中島支線は非電化であるが、旅客列車が運行されていないため除外している[1]。)。

JR線[編集]

JR北海道には直流電化路線はない。

JR東日本[編集]

JR東日本管轄地域では以下のエリアが直流電化を採用している。

路線 範囲 備考
東北本線 東京駅黒磯駅
常磐線 日暮里駅取手駅
仙石線 全線
日光線 全線
両毛線 全線
高崎線 全線
上越線 全線
吾妻線 全線
信越本線 全線
羽越本線 新津駅村上駅
  • 村上駅〜間島駅にデッドセクションがある。以北は交流電化
白新線 全線
越後線 全線
弥彦線 全線
総武本線 全線
内房線 全線
外房線 全線
成田線 全線
鹿島線 全線
京葉線 全線
武蔵野線 全線
埼京線 全線
川越線 全線
中央本線 東京駅〜塩尻駅
八高線 八王子駅高麗川駅
青梅線 全線
五日市線 全線
大糸線 松本駅南小谷駅
  • JR東日本管轄全駅
篠ノ井線 全線
東海道本線 東京駅〜熱海駅
横須賀線 全線
山手線 全線
南武線 全線
鶴見線 全線
横浜線 全線
根岸線 全線
相模線 全線
伊東線 全線
水戸線 小山駅のみ

JR東海[編集]

JR東海管轄地域では以下のエリアが直流電化を採用している。

路線 範囲 備考
東海道本線 熱海駅〜米原駅(本線)
大垣駅美濃赤坂駅(美濃赤坂支線)
JR東海管轄全線
中央本線 名古屋駅〜塩尻駅 いわゆる中央西線全線
御殿場線 全線
身延線 全線
飯田線 全線
武豊線 全線
関西本線 名古屋駅〜亀山駅 JR東海管轄全線

JR西日本[編集]

JR西日本管轄地域では以下のエリアが直流電化を採用している。

路線 範囲 備考
東海道本線 米原駅神戸駅 JR西日本管轄全駅
北陸本線 米原駅〜敦賀駅
  • 敦賀駅〜南今庄駅北陸トンネル敦賀側抗口付近)とにデッドセクションがある。
  • 敦賀駅〜金沢駅間は交流電化
湖西線 全線
七尾線 津幡駅を除く全線
  • 津幡駅〜中津幡駅にデッドセクションがある。以西は交流電化
小浜線 全線
関西本線 加茂駅・京都府〜JR難波駅
草津線 全線
奈良線 全線
片町線 全線
桜井線 全線
和歌山線 全線
阪和線 全線
関西空港線 全線
紀勢本線 和歌山市駅新宮駅
  • JR西日本管轄全駅
おおさか東線 全線
大阪環状線 全線
桜島線 全線
JR東西線 全線
福知山線 全線
山陰本線 京都駅城崎温泉駅
伯耆大山駅西出雲駅
舞鶴線 全線
山陽本線 神戸駅下関駅
兵庫駅和田岬駅
  • JR西日本管轄全駅
加古川線 全線
播但線 姫路駅寺前駅
赤穂線 全線
伯備線 全線
宇野線 全線
本四備讃線 茶屋町駅児島駅
  • JR西日本管轄全駅
福塩線 福山駅府中駅
呉線 全線
可部線 全線
宇部線 全線
小野田線 全線

JR四国[編集]

JR四国管轄地域では以下のエリアが直流電化を採用している。

路線 範囲 備考
本四備讃線 児島駅〜宇多津駅 JR四国管轄駅全て
予讃線 高松駅伊予市駅
土讃線 多度津駅琴平駅

JR九州[編集]

JR九州管轄地域では以下のエリアが直流電化を採用している。

路線 範囲 備考
山陽本線 下関駅〜門司駅
  • 関門トンネル九州側抗口付近にデッドセクションがあり、門司駅構内は下り貨物線の小倉方を除いて交流
筑肥線 姪浜駅唐津駅
唐津線 唐津駅西唐津駅

JR貨物[編集]

JR貨物では第一種鉄道事業者となっている路線が10線12区間あり[2]、以下の区間が直流電化されている。

路線 範囲 備考
東海道本線貨物支線 吹田貨物ターミナル駅大阪貨物ターミナル駅
関西本線貨物支線 平野駅百済貨物ターミナル駅

私鉄・第3セクター[編集]

大手私鉄・準大手私鉄では基本的に直流1500ボルトで電化されている。但し以下の路線を除く。

  • 東京メトロ銀座線・丸ノ内線(直流600ボルト・第三軌条方式)
  • 近鉄内部線・八王子線(直流750ボルト)
  • 近鉄けいはんな線(直流750ボルト・第三軌条方式)
  • 北大阪急行南北線(直流750ボルト・第三軌条方式)

中小私鉄ではJRや大手私鉄との直通運転を考慮やJRや大手私鉄から譲渡された車両を用ることで直流1500ボルトで電化された路線もあるが、経費削減のため直流600ボルトや直流750ボルトなどの低圧を用いる路線も多い。路面電車は基本的に直流600ボルトである。

地下鉄では地上を走る郊外電車と直通運転を行う路線は基本的に直流1500ボルトで電化され、第三軌条方式を使用する路線は直流600ボルトまたは直流750ボルトの低圧を使用する。

交流電化線[編集]

JR在来線(交流2万5千ボルト50ヘルツ)[編集]

JR北海道

路線 範囲 備考
海峡線 新中小国信号場木古内駅 定期旅客列車の設定なし。JR貨物の貨物列車のみ電気運転。
新中小国信号場の青森方に2万ボルト区間と2万5千ボルト区間とのセクションがある。

JR在来線(交流2万ボルト50ヘルツ)[編集]

JR東海(新幹線を除く)とJR四国には交流電化路線はない

JR北海道

路線 範囲 備考
函館本線 函館駅新函館北斗駅
小樽駅旭川駅
宗谷本線 旭川駅〜旭川運転所 旭川運転所は北旭川貨物駅に隣接
千歳線 全線 支線(空港線)を含む
室蘭本線 室蘭駅沼ノ端駅
海峡線 中小国駅新中小国信号場
札沼線 桑園駅北海道医療大学駅

JR東日本

路線 範囲 備考
津軽線 青森駅〜新中小国信号場
東北本線 黒磯駅盛岡駅 黒磯駅構内で直流との地上切替を行う
田沢湖線 全線
奥羽本線 全線
羽越本線 間島駅秋田駅 村上駅〜間島駅に直流区間とのデッドセクションがある
仙山線 全線
磐越西線 郡山駅喜多方駅
常磐線 藤代駅岩沼駅 取手駅〜藤代駅に直流区間とのデッドセクションがある
水戸線 小山駅友部駅 小山駅〜小田林駅に直流区間とのデッドセクションがある

JR在来線(交流2万ボルト60ヘルツ)[編集]

JR西日本

北陸本線敦賀駅金沢駅

※敦賀駅を出て北陸トンネル入口手前にデッドセクションがある

JR九州

鹿児島本線(全線)

山陽本線が合流する門司駅構内に直流区間とのデッドセクションがある

筑豊本線折尾駅桂川駅

篠栗線(全線)

長崎本線(旧線(長与経由)を除く全線)

佐世保線(全線)

大村線早岐駅ハウステンボス駅

豊肥本線熊本駅肥後大津駅

日豊本線(全線)

日南線南宮崎駅田吉駅

宮崎空港線(全線)

JR貨物(第一種鉄道事業区間)

鹿児島本線博多臨港線(貨物支線)(香椎駅福岡貨物ターミナル駅

JR新幹線(交流2万5千ボルト)[編集]

北海道新幹線(全線)

東北新幹線(全線)

上越新幹線(全線)

北陸新幹線(全線)

東海道新幹線(全線)

山陽新幹線(全線)

九州新幹線(全線)

※東北・上越・北海道新幹線は50ヘルツ、東海道・山陽・九州新幹線は60ヘルツ。北陸新幹線は軽井沢駅(50ヘルツ)〜佐久平駅(60ヘルツ)で切り替えを行う

※新在直通の秋田新幹線は東北新幹線盛岡駅、山形新幹線は東北新幹線福島駅より在来線に分岐する連絡線上に交流2万5千ボルトと交流2万ボルトのデッドセクションがある

私鉄・第三セクター[編集]

2万5千ボルト50ヘルツの路線

道南いさりび鉄道(木古内駅付近)

2万ボルト50ヘルツの路線

道南いさりび鉄道(木古内駅付近を除く全線)

※木古内駅の五稜郭方に2万ボルト区間と2万5千ボルト区間とのセクションがある

※旅客列車はすべてディーゼルカー。JR貨物の貨物列車のみ電気運転

青い森鉄道(全線)

IGRいわて銀河鉄道(全線)

仙台空港鉄道(全線)

阿武隈急行(全線)

首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスみらい平駅つくば駅

守谷駅〜みらい平駅に直流区間とのデッドセクションがある。(デッドセクション以南は直流1500ボルト)

2万ボルト60ヘルツの路線

IRいしかわ鉄道(全線)

あいの風とやま鉄道(全線)

えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン市振駅糸魚川駅

※糸魚川駅〜梶屋敷駅に直流区間とのデッドセクションがある

※旅客列車はすべてディーゼルカー。JR貨物の貨物列車およびJR東日本・あいの風とやま鉄道の旅客列車は電気運転

肥薩おれんじ鉄道(全線)

※旅客列車はすべてディーゼルカー。JR貨物の貨物列車のみ電気運転

直流電化から交流電化に変更された例[編集]

門司駅構内

※1962(昭和37)年。前年の門司港駅久留米駅の交流電化で直流と交流が並存していたが同駅と関門トンネル九州側との間のデッドセクションで構内は交流化(下り貨物線のみ構内小倉寄りにデッドセクションがある)

仙山線(作並駅羽前千歳駅

奥羽本線(福島駅〜米沢駅山形駅〜羽前千歳駅)

※いずれも1968(昭和43)年

交流電化から直流電化に変更された例[編集]

北陸本線(田村駅長浜駅

※1991(平成3)年。坂田駅〜田村駅にあったデッドセクションは長浜駅〜虎姫駅に移設

北陸本線(長浜駅〜敦賀駅)

※2006(平成18)年。北陸トンネル敦賀側にデッドセクションを移設

湖西線永原駅近江塩津駅

※2006(平成18)年。同区間にあったデッドセクションは廃止

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 同支線はJR東日本第一種鉄道事業者であり、JR貨物が第一種鉄道事業者ではない。
  2. ^ 2016年3月現在、『2016貨物時刻表』公益社団法人鉄道貨物協会、2016年3月、213頁

関連項目[編集]