旧石器時代の遺跡一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

旧石器時代の遺跡一覧(きゅうせっきじだいのいせきいちらん)は日本の旧石器時代の代表的な遺跡を一覧形式でまとめたものである。

目次

北海道・東北地方
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県

関東地方
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県

中部地方
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県

近畿地方
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県

中国地方
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県

四国地方
徳島県 香川県 愛媛県 高知県

九州・沖縄地方
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県


凡例[編集]

  • この一覧はすべての旧石器遺跡を網羅する物ではない。

北海道・東北地方[編集]

北海道[編集]

北海道の旧石器遺跡

  1. 北海道に人はいつ頃から住んでいたのだろうか。
    サハリン(樺太)と北海道が陸地で繋がっていた氷河時代があった。人はマンモスなどの大型動物を追ってシベリアから北海道に来たといわれている。北海道でマンモスが棲息していたのは約6万年~3万年前であることが明らかになっている。北海道に人が住んでいた痕跡は石器の年代測定から3万年前頃すなわち、後期旧石器時代からと考えられている。
    ※旧石器時代とは人類が誕生から土器を使うようになった縄文時代までの数百万年間をいう。
  2. 北海道の旧石器遺跡発掘の歴史。
    昭和25年、北見市相内で本道最初の旧石器時代の遺跡発掘が行われた。遠軽町白滝では遠間栄治が昭和2年(1927)頃から収集していた遺物がその後旧石器時代のものと確認された。このほか、黒松内町樽岸、余市郡赤井川村、蘭越町立川、興部町札滑などで発掘が行われ、旧石器文化の存在が明らかになった。現在、北海道で旧石器遺跡は500ヶ所ほど確認されている。
  3. 北海道の旧石器遺跡(代表的な遺跡を紹介)
    1. 網走支庁遠軽町(旧白滝村)白滝遺跡群
      北海道の旧石器遺跡を語る上で、何といっても一番目に取り上げなければならないのが旧白滝村の黒曜石採石場跡である。町内、赤石山(1172m)の山頂付近(800m)から無尽蔵(推定60億トンともいわれる)ともいえる黒曜石を採取し、山の上から、粗砕き(700m)を行い、分業で、簡易加工(500m)して各地に運ばれている。採石場の活用は6千年間に及ぶといわれている。白滝の黒曜石は、北海道内はもとよりサハリンやシベリア、縄文時代の青森県三内丸山遺跡にまで及んでいる。白滝遺跡群は90ヶ所以上ある。
    2. 渡島支庁今金町美利河(ピリカ)遺跡
      二番目に挙げるとすれば、今金町のピリカ遺跡であろう。昭和58年(1983年)ころ、ダム建設予定地を調査したところ、1585㎡から11万点にものぼる旧石器時代の石器類が出てきた。
      ピリカ遺跡の場からは石器類の材料は発見されておらずどこからか運ばれてきたと思われる。頁岩(けつがん)は近くで採石されているが、黒曜石は遠く旧白滝村や十勝三股、余市町赤井川村や置戸町から集められていることを考えれば、幅広いネットワークの存在が浮かび上がってくる。ピリカ遺跡は1万年に渡って石器の加工場であったといわれている。交流は広く、北海道内の様々な石器と共にサハリン産のビーズが発掘されている。
    3. 十勝支庁上士幌町嶋木遺跡(旧石器時代の遺跡は、十勝でおよそ100ヵ所見つかっている)
      恵庭岳が約1万8千年前に噴火したとき飛んできた火山灰よりも下の地層から見つかっている上士幌町嶋木遺跡は約1万9千年前と考えられている。石刃などの打製石器が発見されている。
    4. 十勝支庁帯広市、新帯広空港建設で発見された遺跡
      黒曜石はこの地方では十勝石といわれ、 石刃、尖頭器、石錐、細石刃などの打製石器が発見されている。地層から約2万3千年前と考えられている。
    5. 十勝支庁帯広市、暁(あかつき)遺跡
      およそ1万6千年前、暁遺跡周辺では、旧石器時代人が細石刃をはじめとする、いろいろな石器を作っていた作業場だったようだ。
    6. 網走支庁(旧女満別町)大空町豊里石刃鏃遺跡
      大陸とのつながりといえば、豊里遺跡から昭和32年に発見された石刃鏃(せきじんぞく)が日本考古学会でも画期的な発見だった。これまでユーラシア大陸北部で広く認められていた石刃鏃は、日本列島では発見されていなかったが、女満別ではじめて発見され、これによって大陸と日本列島の石刃鏃文化が繋がった。
    7. 北見市常呂遺跡
      オホーツク海沿岸に沿って展開する遺跡、旧石器文化から縄文文化(早期・前期・中期・後期・晩期)、続縄文文化、オホーツク文化、擦文文化、アイヌ文化まで幅広い年代・多期にわたっていることも大きな特長である。
    8. 岐阜第二遺跡(約2万年前)
      サロマ湖東岸に近い標高約10~15mの台地上にある。小沢の両側には擦文時代を中心に縄文・続縄文時代の住居跡がある。常呂地域の旧石器時代の遺跡は今のところ岐阜第二遺跡だけだが、北海道内でも最古に位置づけられる遺跡として知られている。
    9. 千歳市祝梅三角山遺跡
      2万年近く前と考えられている。この頃の人々は剥片石器を使用していた。石刃などの打製石器が発見されている。多くの文献に北海道最古と紹介されているが果してそうであろうか?祝梅三角山遺跡より遥かに古い遺跡が発掘されていると見られるからである。
    10. 函館市桔梗2遺跡他
      約2万年前(洪積世)ウルム氷期に、アイヌの祖先は、今の北シベリアから来たと考えられる。もっとも古い遺跡(函館市桔梗2遺跡他)は、約2万数千年前のものである。
    11. 二海郡八雲町上八雲大関遺跡群
      昭和34年(1959年)大関小中学校グラウンド整地の際、40数点の石器と石片が採取され、旧石器であることが確認された。その後、次々と遺跡が発見された。
    12. 上磯郡知内町湯の里遺跡
      湯の里遺跡は旧石器時代から続縄文時代(弥生時代)にまでおよぶ遺跡であることが判明した。旧石器時代に所属する土擴から発見された墓様のものは、現在、日本最古の墓と考えられている。
    13. 寿都郡黒松内町中ノ川樽岸の遺物 
      北海道における旧石器時代の調査は最初の方である。1954年調査、出土の遺物は、全て石器類で、硬質頁岩の一種マールを材料としている。およそ1万年以前のものと推定されている。
      (順不同)
  4. 北海道の旧石器遺跡は、各地に人間が生活していた痕跡が窺える。北海道の2万年前ころの海岸線は現代より200メートルほど低かったといわれている。サハリンから陸路を渡った場合、宗谷(現稚内)付近に上陸したと考えられるが、宗谷方面から遺跡が発見されていないのは何故か。
    また、火の発見と使用はいつごろからか。石を焼いたり、かまど跡など火を使用した跡は旧石器遺跡から確認されている。
    旧石器人がどれほど漁労をしていたかわからないが、海岸近くに居住した旧石器人の遺跡は、現在の海岸からはるか沖の海底に眠っている可能性がある。北海道にはすでに発見された以外、まだまだ遺跡が埋もれている可能性があると考えられる。

青森県三内丸山遺跡[編集]

岩手県[編集]

宮城県[編集]

秋田県[編集]

山形県[編集]

福島県[編集]

関東地方[編集]

茨城県[編集]

栃木県[編集]

群馬県[編集]

埼玉県[編集]

千葉県[編集]

東京都[編集]

神奈川県[編集]

中部地方[編集]

新潟県[編集]

富山県[編集]

石川県[編集]

福井県[編集]

山梨県[編集]

長野県[編集]

  • 野尻湖遺跡群信濃町)野尻湖湖底及び湖西岸から南側にかけての丘陵地帯に点在する39ヶ所の遺跡の総称である。その中のひとつである中期旧石器時代の立が鼻遺跡では、約4.8万年前から約3.3万年前までの地層からナウマンゾウやヤベオオツノシカなどの化石と解体に使用したとみられる骨器や石器などの道具類が一緒に出土しており、旧石器時代で大型獣を解体した跡を残している遺跡は、世界的にも僅かな例であり貴重な資料とされている。
  • 茶臼山遺跡 - 諏訪市上諏訪、1952年(昭和27年)調査
  • 矢出川遺跡 - 南佐久郡南牧村、1954(昭和29年)(

静岡県登呂遺跡[編集]

近畿地方[編集]

滋賀県[編集]

京都府[編集]

大阪府[編集]

兵庫県[編集]

奈良県[編集]

和歌山県[編集]

中国地方[編集]

鳥取県[編集]

島根県[編集]

岡山県[編集]

広島県[編集]

山口県[編集]

四国地方[編集]

徳島県[編集]

香川県[編集]

愛媛県[編集]

高知県[編集]

九州・沖縄地方[編集]

福岡県[編集]

佐賀県[編集]

長崎県[編集]

熊本県[編集]

大分県[編集]

宮崎県[編集]

鹿児島県[編集]

沖縄県[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本と世界の発掘・出土品 写真特集”. 2017年1月22日閲覧。