大野木宣幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大野木 宣幸(おおのぎ のぶゆき、1956年1月27日 - 2019年[1])は、日本の作曲家ゲームミュージックを主体としていた)。

静岡県出身。千葉大学工学部中退。

来歴[編集]

株式会社ナムコ(現・株式会社バンダイナムコエンターテインメント)の『キューティーQ』を見てゲーム制作に興味を持ち[2]、1980年同社に入社。当初はプログラムデザイナーとしての入社だったが、シンセサイザーで作った曲が『ラリーX[3]のハイスコアBGMに採用された。その後はサウンド担当として、『ギャラガ』や『マッピー』などの音楽を手掛ける。

1985年にナムコを退社し、遠藤雅伸ゲームスタジオ設立に参加。翌1986年、デジタル・エンターテイメント(のちにサイトロン・アンド・アートに社名変更)設立に参加し、代表取締役に就任[2]G.M.O.〜初期サイトロンレーベルゲームミュージックアルバムプロデュースし、オリジナルバージョン収録の際のエディットやアレンジも多数手がけている。

その後サイトロンを退社し、ゲーム業界から離れ、実家の味噌屋を継いでいた[4]

2019年2月、コロンバスサークル社からリリースされたMD/MD互換機[注釈 1]リズムゲームソフト『16ビットリズムランド』に楽曲を提供した[5]

同年死去。63歳没[1]

人物[編集]

  • ナムコ入社は1980年だが、学籍を残したまま入社したようで、千葉大学は翌1981年に中途退学している[2]
  • 遠藤雅伸とは出身大学および学部が同じ。その遠藤は、大野木の楽曲を「二度平行五度が多いのが大野木さんの味[6]」「不協和音の使い方がとてもうまい[7]」と評している。
  • ギャラガ』のチャレンジングステージでパーフェクト以外のリザルトBGMは、ディレイのような効果が得られているが、バグによる偶然の産物である。当人曰く、「単音3つがバグでずれて鳴ってしまった」とのこと[6]
  • ゲーム音楽作曲の先駆者として、小倉久佳[1]Hiro師匠[8]小沢純子[6]といった後進に多大な影響を与えた。

携わった作品[編集]

作曲[編集]

ナムコ在籍時[編集]

ナムコ退社以降[編集]

アルバム制作[編集]

自身の楽曲のサウンドトラックは除く。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ セガは登録商標である「メガドライブ」の使用許諾を、互換性を有するゲーム機(互換機)およびソフトを発売するメーカーに与えていないため、「MD」と英略称で記載する事が一般的となっている。詳細はメガドライブ#メガドライブが与えた影響とその後を参照。
  2. ^ ナムコット・ゲーム・ア・ラ・モード』において、BGMのみファミコン音源で仮想移植されている。
  3. ^ 後にゲーム『ケルナグール』に流用されている。
  4. ^ 後にゲーム『ホッピングマッピー』に流用されている。

出典[編集]

  1. ^ a b c 早苗月ハンバーグ食べ男 (2020年1月22日). “小倉久佳氏による“俯瞰”シリーズ第2弾「BeEple」の先行リリースイベントをレポート。“雑音”を盛り込んだ楽曲で描かれる,AIの未来とは”. 4Gamer.net. 2020年2月23日閲覧。
  2. ^ a b c 「特集1・ゲーム界サクセスストーリー」『Beep』、日本ソフトバンク、1989年3月、 46頁。
  3. ^ a b GMのツボ 第四十二回”. サイトロンウェブシティ. 2004年1月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年8月26日閲覧。
  4. ^ 月刊コンプティーク1993年7月号、1993年7月1日発行、角川書店
  5. ^ 16ビットリズムランド(MD/MD互換機用) 商品情報ページ”. コロンバスサークル. 2019年4月15日閲覧。
  6. ^ a b c 「「ビデオ・ゲーム・ミュージック」三部作復刻記念 大野木宣幸×小沢純子×遠藤雅伸 80'Sクロニクル座談会」『月刊アルカディア』、エンターブレイン、2002年1月、 120 - 123頁。
  7. ^ 「特集1・遠藤雅伸さんと作ったBEEP」『Beep』、日本ソフトバンク、1986年8月、 38頁。
  8. ^ 早苗月ハンバーグ食べ男 (2020年12月3日). “「アストロシティミニ」発売目前! Hiro師匠&光吉猛修氏に聞く,FM音源に彩られた1980〜1990年代セガ・サウンドの裏側”. 4Gamer.net. 2020年12月3日閲覧。
  9. ^ 『16ビットリズムランド』初回限定特典サウンドトラックCDより

関連項目[編集]

外部リンク[編集]