小倉久佳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小倉 久佳
出生名 小倉 久佳
別名 OGR
生誕 1959年
出身地 日本の旗 日本 福岡県福岡市
学歴 日本大学文理学部哲学科
ジャンル ゲームミュージック
職業 作曲家編曲家
活動期間 1983年 -

小倉 久佳(おぐら ひさよし、1959年 - )はゲームミュージック作曲家。本名:同じ。福岡県福岡市出身。日本大学文理学部哲学科卒業。同社ゲーム作品内でのクレジット(スタッフロール)では、小倉の愛称である"OGR"の表記が多く使われた。

略歴[編集]

出版社の営業職時代にゲームセンターで日本物産の『クレイジー・クライマー』に出会いゲーム内で声を出していることに驚き、ゲーム音楽の仕事に興味を持つようになった。 その後、出版社を退職し1983年株式会社タイトーに入社[1]。サウンド制作部門(1987年より「ZUNTATA」を名乗る)に所属し、主にアーケードゲームの作曲・編曲業務に携わる。

1987年アルファレコードG.M.O.レーベルの『ダライアス―タイトー・ゲーム・ミュージック VOL.2』は、同レーベル初にして唯一の単一タイトルのみの収録。

アーケードゲーム専門誌「ゲーメスト」で毎年開催されていたゲーメスト大賞では、第1回のゲーメスト大賞に『ダライアス』が選出。以降、VGM(音楽)部門では第2回のベストVGM賞(1位)に『ニンジャウォーリアーズ』、第3回の第2位に『ダライアスII』、第6回の第6位に『ギャラクティックストーム』、第8回の第4位に『ダライアス外伝』と、多くの作品がランクインしていた。

ZUNTATA名義でのアルバム編曲、演奏陣は松前公高上野耕路棚橋UNA信仁上杉洋史鈴木Daichi秀行らで構成されていた。

2007年3月にタイトーを退社。フリーランス(「小倉久佳音画制作所」名義)にて、リミックスも含めた作曲・編曲活動を行っている。2015年2月1日には、自身初のトークイベント「VISIONNERZ〜幻視人〜VOL.0.5」を開催した。

作品[編集]

アーケードゲーム[編集]

その他プラットフォーム[編集]

楽曲・アレンジ提供[編集]

  • 伊藤美紀 (女優)哀愁ピュセル
    • 同シングルB面「小夜(リトルナイト)カーニバル」提供。クレジットはZUNTATA名義
    • ゲーム『奇々怪界 怒涛編』イメージソング
  • ダライアスバースト リミックス ワンダーワールド
    • 「リカイフノウ」(「Calm down」アレンジ)提供
  • COZMO 〜ZUNTATA 25th Anniversary〜
    • 「Negative Return」提供
  • ラグナロクオンライン エレメンタルチューンズ
    • 「Under the ground」アレンジ提供

アルバム[編集]

ゲーム音楽のサウンドトラックは除く。

  • ZUNTATA RARE SELECTION Vol.1 STOIC ROMANCE
  • GALLERY 〜オブジェ〜 the VERY BEST of OGR
  • 俯瞰した事実と客観的な虚構 このふたつで僕は世界をつくる MMXV-I
    • イベントにて販売[1]の後、通信販売を開始[4]、12月15日販売終了。
    1. Model K -scientist's delusion-
      完全オリジナル曲。
    2. Negative Return -Apollo11-
      『COZMO 〜ZUNTATA 25th Anniversary〜』提供の同名曲のリミックス。
    3. SiLent ErRors -Un-True-
      『ベクトロス』の同名曲のリミックス。後に『グルーヴコースター2』に収録。
  • Retro-Nitro-Girl UTA(SAMPLE)
    • 「Retro-Nitro-Girl」ボーカルバージョン収録。ボーカルはsay papa娘(小倉の実娘)。
    • テスト版としてコミックマーケット88限定販売。

備考[編集]

  • 妖精帝國のギタリスト・橘は、小倉から大きな影響を受けたことを公言している[5]

出典[編集]

  1. ^ Gpara.com クリエイターズ・ファイル:「自分の作品に自信を持つのが大切」タイトー小倉さん”. 2013年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年12月25日閲覧。
  2. ^ VECTROSスペシャルサイト | 直感3Dシューティング『VECTROS(ベクトロス)』2013.1.16配信開始 : Nenet
  3. ^ みんなでまもって騎士 姫のトキメキらぷそでぃ - ニンテンドー3DS
  4. ^ 小倉久佳音画制作所ツイッター
  5. ^ 妖精帝國|激ロック インタビュー”. 激ロック (2016年4月29日). 2016年6月7日閲覧。

外部リンク[編集]