塚本舞 (グラビアアイドル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
つかもと まい
塚本 舞
塚本舞.jpg
プロフィール
愛称 まいぷに まいまい
生年月日 1990年9月6日
現年齢 28歳
出身地 日本の旗 日本神奈川県
血液型 A型
公称サイズ(2018年[2]時点)
身長 / 体重 163 cm / kg
スリーサイズ 93 - 60 - 90 cm
カップサイズ H[3]
活動
ジャンル グラビア
活動期間 子役デビュー -
他の活動 タレント女優コラムニスト作詞家
事務所 プロダクションノータイトル2013年 - 2018年)、現在はフリーランス
公式サイト 塚本舞 Official Site
アイドル: テンプレート - カテゴリ

塚本 舞(つかもと まい、1990年9月6日 - )は、日本グラビアアイドル歌手タレント女優である。愛称は「まいぷに」。聖心女子大学文学部哲学科卒[4]神奈川県出身[5]。身長163cm。血液型A型[4]。現在はフリーランスで活動している。

略歴[編集]

大学時代は芸能活動を一時休止[8]
芸能活動を本格的に再開。

人物[編集]

  • チャームポイントは、目とプニプニほっぺ、プニプニボディー[15]、ぷにかわボディ[4]
  • ハロー!プロジェクトおよびモーニング娘。の大ファン[16]。 ※後述
  • 大学の哲学科哲学を専攻。考察や分析、文章を書くことが好き。それが高じてライターの仕事やコラムの連載も多数執筆[17]
  • インドア派。
  • 4歳上の兄がいる[18]
  • 関西出身ではないが、たまに関西弁が出る(両親の影響)。
  • よく寝るタイプ。どこでも寝られる[19]
  • 大切な場面での衣装は、ニット・ブランド「rurumu:/縷縷夢兎(るるむう)」を愛用。
  • ファンの呼び名は「まいぷにすと」「ぷにすと」。
  • 女性からの人気も高く、イベント現場やアイドル撮影会に通う「まいぷにすと女子」も[20]

趣味[編集]

特技[編集]

ハロプロオタク[編集]

  • ハロー!プロジェクトの熱烈なファン。グラビアアイドル界きっての生粋のハロヲタ
  • モーニング娘。デビュー曲『愛の種』が発売される前からのファンで、ファン歴20年以上[16]。ハロプロと共に育ち、人生の大半をハロプロと過ごす[27]
  • ハロー!プロジェクトに関する知識量の多さは「気持ち悪い」と言われる程で、「ハロプロ研究家」としても活動[28]。「ハロプロ評論家」としてイベント等にも出演している[29]
  • HELLO! PROJECT公認コラム「HELLO! Navi - ハロナビ - 」でコラムを担当[17]。アルバムのレビューやコンサートDVD・コンサートのレポート等の記事を連載。
  • 大学の卒業論文のテーマが『アイドルマーケティングの歴史的変還―モーニング娘。を例にして―』[30][注 2]
  • 2ndDVD『まいぷに。』のタイトルにある「。」は「モーニング娘。」から取られている。
  • ハロプロメンバーが着ている衣装と同種の服を入手し、自ら着た姿の写真をSNSに投稿[32][33]
  • 年末には、その年の「個人的ハロプロ楽曲大賞」を決めている。
  • 作曲家編曲家をチェックするタイプ[34]
  • つんく♂の歌詞が好き[35]

グラドル自画撮り部[編集]

  • 「グラドル自画撮り部」は、本人と倉持由香とのTwitter上での会話から生まれた部活動[36]。立ち上げメンバー。
  • 書記を担当。部長は倉持由香、副部長は吉田早希[37]
  • グラビアアイドルが自らのTwitterアカウントで、セクシーな自撮り写真にハッシュタグ「#グラドル自画撮り部」を付けて投稿し[37]PRすることが話題となり、海外のメディアでも取り上げられる[38]
  • 紹介記事を書いたり[39]、ツイート数やPV数、どこのニュースサイトにまとめられたかをデータに起こす作業をする等、実際に書記的な役割をしている[38]
  • 雑誌『BUBKA』にて、「塚本舞の #グラドル自画撮り部 通信」を連載。

夏の魔物[編集]

  • メインボーカル担当[40]。「愛と正義のハイトーンボイス」。ピンク色・セクシー担当。
  • 2014年9月の「大森靖子コピバン祭」でのパフォーマンスが目に留まり、誘いを受けて参加[41]
  • 2015年8月26日、「夏の魔物」としてポニーキャニオンよりメジャーデビュー[42][43]
  • 2016年1月20日発売のシングル『東京妄想フォーエバーヤング』が、フジテレビ系『めちゃ×2イケてるッ!』の2016年の年間エンディングテーマに起用される[44]
  • 2017年3月17日、東京・新宿MARZにて卒業公演「ALL MY LOVE FOR YOU ~塚本舞卒業記念スペシャル~」。客席は真っピンクに。

作品[編集]

DVD[編集]

楽曲[編集]

  • ALL MY LOVE FOR YOU(2007年、ウェブカムプロモーション)


グループ活動時に収録に参加した作品

リリース日 形 態 グループ名 タイトル レーベル 規格品番 備 考
2015年1月14日 シングル DPG VS ブラックDPG 新生プロレス研究会 虎の穴レコード / SPACE SHOWER MUSIC DQC-1417 DPG盤
DQC-1418 ブラックDPG盤
DQC-1419 VS盤
2015年8月26日 シングル 夏の魔物 恋愛至上主義サマーエブリデイ/どきめきライブ・ラリ ポニーキャニオン PCCA-04265 イラストジャケットVer.
PCCA-04266 夏の魔物Ver.
PCCA-04267 ブラックDPG Ver.
2016年1月20日 シングル 夏の魔物 東京妄想フォーエバーヤング/ダーリン no cry!!! ポニーキャニオン PCCA-04334 イラストジャケットVer.
PCCA-04335 夏の魔物Ver.
PCCA-04336 ブラックDPG Ver.
2016年6月22日 シングル 夏の魔物 魔物、BOM-BA-YE ~魂ノ覚醒編~/バイバイトレイン ポニーキャニオン PCCA-04389 イラストジャケットVer.
PCCA-04390 夏の魔物Ver.
PCCA-04391 ブラックDPG Ver.
2016年9月7日 アルバム 夏の魔物 夏の魔物 ポニーキャニオン PCCA-04414 初回限定盤A(CD+DVD)
PCCA-04415 初回限定盤B(2CD)
PCCA-04416 通常盤(CD only)
2017年3月15日 シングル THE 夏の魔物 僕と君のロックンロール MAMONO RECORDS NNMM-0001 出会い盤
NNMM-0002 別れ盤


書籍[編集]

写真集[編集]

電子書籍[編集]

  • Black & White Bikinies 塚本舞 デジタル写真集(2009年、アスペクトデジタルメディア)
  • GIRLS TRAIN 動画付写真集 No.045 塚本舞[CD-R](2009年4月20日、シーズファクトリー)
  • 僕らの胸ぼくろ 塚本舞1 [sabra net e-Book](2015年1月30日、小学館
  • 僕らの胸ぼくろ 塚本舞2 [sabra net e-Book](2015年1月30日、小学館)
  • 僕らの胸ぼくろ 塚本舞DX [sabra net e-Book](2015年1月30日、小学館) ※『僕らの胸ぼくろ 塚本舞1、2』と同一
  • ふたりきりの教室(2016年2月26日、サークルチェンジ(解禁グラビア写真集)、撮影:野澤亘伸
  • 白衣の中身はなんじゃろな?(2016年4月8日、サークルチェンジ(解禁グラビア写真集)、撮影:野澤亘伸)
  • まいぷに先生との約束(2016年5月13日、サークルチェンジ(解禁グラビア写真集)、撮影:野澤亘伸)
  • まいぷに。就職する(2016年6月17日、サークルチェンジ(解禁グラビア写真集)、撮影:野澤亘伸)
  • 競泳水着のまいぷにセンパイ(2016年7月8日、サークルチェンジ(解禁グラビア写真集)、撮影:野澤亘伸)
  • 塚本舞全巻セット215枚収録!!(2016年7月29日、サークルチェンジ(解禁グラビア写真集)、撮影:野澤亘伸)

雑誌[編集]

ムック[編集]

連載・WEB連載・その他[編集]

  • アイドル横丁新聞(2014年7月 - 2015年4月)
  • BUBKA(2015年4月 - 2016年5月、白夜書房
  • 月刊エンタメ(徳間書店
  • ENTAME next - アイドル情報総合ニュースサイト(2014年6月 - 2015年6月)
  • 楽天×HELLO!PROJECT公認コラム「HELLO! Navi - ハロナビ - 」(2014年7月 - 2017年4月)
  • goo いまトピ「グラドル自画撮り部」コラム(2014年8月 - 2016年2月)
  • 日刊SPA!「グラドル自画撮り部・書記が選んだオススメ部員10人」[39]
  • R25 インタビュー掲載
  • 読売新聞(2014年11月6日大阪夕刊)社会面記事「重機に恋して 動画再生300万回超 解説本・アイドルも」コメント掲載

出演[編集]

テレビバラエティ・情報番組[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台・ミュージカル[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • ~がんばれ僕らの~グラドルヒロイン 時空警察官ミーティア(2007年10月12日、ZENピクチャーズ) - タニア姫/時田まゆ 役
  • 実録!!恐怖の心霊スポット 佐藤さくら&塚本舞(2014年、グラッソ)

ミュージックビデオ[編集]

ネット配信番組[編集]

  • チャレンジステーション[54](2008年12月8日[55]、15日[56]あっ!とおどろく放送局
  • GIRLS TRAIN(2009年、あっ!とおどろく放送局)
  • よしログ(2013年5月 - 2018年12月、GyaO!) - アシスタントMCレギュラー
  • ミスFLASHチャンネル(2013年10月24日、マイスマTV)
  • eBook TV 第23回 - 第25回(2014年6月27日、7月25日、8月29日、ITmedia eBook USER)
  • 塚本舞のアイなま!~アイドルのアイドルによるアイドルのためのニコ生。~(2014年6月 - 2015年11月、ニコニコ生放送
  • エッグ矢沢のオールナイトニッポンw #52(2016年1月28日、ニッポン放送吉本興業
  • メシテロ嬢 #92 塚本舞×鈴木ふみ奈×ステーキ(2016年5月26日、AbemaTV
  • 美女ランチ #165 - #169(2016年11月28日 - 12月2日、AbemaTV)
  • お願い!ランキング〜お願い!超選挙~ #204(2017年5月25日、AbemaTV)
  • お願い!ランキング〜お願い!超選挙〜 #236(2017年8月10日、AbemaTV)
  • セガNET麻雀MJ「ファミ通Presents グラドルCUP」(2018年1月26日、ニコニコ生放送)
  • 麻雀最強戦2018 全国アマチュア最強位決定戦「勝てばキンマ表紙ゲット!まりちゅうに挑戦!」(2018年11月10日、AbemaTV(麻雀チャンネル))

WEB[編集]

  • Bejean on line[57]
  • どるばこ美女 File No.149
  • クルマニヨンTV(トヨタWebTV)
  • 日本ツインテール協会[58]
  • 密着!アイドル*Sweet Room[59]
  • ダ・ヴィンチニュース「リアル“そに子ボディ”」[60]
  • ドカント.com「早耳!エンタメ・インタビュー‼」[61]
  • sabra net[62][63][64]

ラジオ番組[編集]

CM[編集]

  • G'sTOYOTA)「G's Baseball Party」
  • デアゴスティーニ「週刊マイ3Dプリンター」
  • セイシン・コンピタンス・サポート(2014年10月9日 - ) - 九州地方にてOA

その他[編集]

  • クリアストーン コスプレ衣装シリーズ パッケージモデル(2015年[65]、2017年[66]
  • グリーンハウス 総合カタログ 表紙モデル(2017年)
  • ゲームアプリ『CLASH OF KINGS』4周年特別企画! 激カワタレントとキングスをやろう!(2018年9月14日 - 10月12日)[67] - 4周年アンバサダー

イベント・ライブ[編集]

大森靖子とのツイン・ボーカルで、「ハロプロバンド」のメンバーとして参加。
  • ハロショ・デラックス 第四回「塚本舞 大いにハロプロを語る」(2015年4月5日、ハロー!プロジェクトオフィシャルショップ東京秋葉原店)
  • 『#コスプレ自画撮り部 フォト・バイブル』発売記念 ツーショット&囲み 自画撮り会(2015年6月6日、ドン・キホーテ秋葉原店 5階コスプレ館)[70]
  • 『#コスプレ自画撮り部 フォト・バイブル』発売記念 ツーショット&囲み 自画チェキ会(2015年6月13日、紀伊國屋書店新宿南店 5階特設会場)
  • G-tune:Garage オープンイベント(2015年6月19日)[71]
  • YATSUI FESTIVAL! 2015(2015年6月20日)
  • アイドル横丁夏まつり!!〜2015〜「グラドル横丁」(2015年7月5日、新木場STUDIO COAST)[72]
  • Windows10夏祭り(2015年7月31日、東京・ツクモex.パソコン館
  • 『My Girl vol.4』『My Girl vol.5』販売記念スペシャルイベント(2015年8月22日、タワーレコード秋葉原店)
  • AKIBA TOKYO COLLECTION(2015年08月24日、東京・ベルサール秋葉原)
  • AOMORI ROCK FESTIVAL ’15~夏の魔物~(2015年9月12日、青森・夜越山スキー場
  • 大森靖子メジャーデビュー1周年&生誕祭!(2015年9月18日、新宿LOFT)[73]
  • 東京ゲームショウ2015「セガNET麻雀 MJ グラドル麻雀決定戦!」(2015年9月20日、幕張メッセ・OPENREC by CyberZブース)
  • 塚本舞ハロプロカバーライブ!~ファーストデート~(2015年11月21日、タワーレコード渋谷店8F「SpaceHACHIKAI」)
  • 塚本舞の大忘年会'15(2015年12月29日(火)13時、新宿ロフトプラスワン
  • smooth-tokyo 振袖 団体撮影会(2016年1月11日、東京・青海南ふ頭公園、Galleryル・パレ)
  • IOSYS presents ハイパー電波フェスティバル(2016年5月5日、渋谷・clubasia)
  • アイドル横丁夏まつり!!〜2016〜「グラドル横丁」(2016年7月2日、3日、横浜赤レンガ倉庫[74]
  • TOKYO GRAVURE IDOL FESTIVAL 2016(2016年8月6日、7日、TOKYO IDOL FESTIVAL 2016 GRAND MARKET(東京・青海臨時駐車場))[75][76]
  • ヴィレッジヴァンガード「30th VILLAGE VANGURD presents V.V Rosks~MIX JUICE~」(2016年8月27日、なんばHatch
  • アーバンギャルドpresents「鬱フェス2016」(2016年9月18日、TSUTAYA O-EAST
  • TOKYO CALLING 2016(2016年9月19日、渋谷TAKE OFF 7
  • メ~テレ秋まつり2016(2016年9月24日、名古屋・久屋大通公園
  • @JAM×ナタリーEXPO 2016(2016年9月25日、幕張メッセ国際展示場・ピーチステージ)
  • AOMORI ROCK FESTIVAL ’16~夏の魔物~(2016年10月1日、青森・夜越山スキー場)
  • MINAMI WHEEL 2016(2016年10月10日、大阪・OSAKA MUSE)
  • 大森靖子全国ツアー「TOKYO BLACK HOLE TOUR」最終公演(2016年11月18日、Zepp Tokyo) - 『絶対彼女』のソロパート担当としてゲスト出演[77]
※ ライブ公演での歌唱・ダンス・トークの模様が、大森靖子のアルバム「kitixxxgaia(ドグマ盤)」Blu-rayに収録[外部リンク]
  • smooth-tokyo 振袖 撮影会(2017年1月14日、東京・青海南ふ頭公園)
  • THE 夏の魔物登場!!!TOUR特別編 ALL MY LOVE FOR YOU 〜塚本舞卒業記念スペシャル~(2017年3月17日、新宿MARZ)

2017年(グループ卒業後)[編集]

太字は自主開催イベント。
  • smooth-tokyo 袴 撮影会(2017年3月20日)
  • Riot Grrrly Lab vol.3(2017年4月2日、渋谷・LOFT9 Shibuya
  • ファンミーティングイベント「まいぷにすとの集い vol.0」(2017年4月22日(土)19時、池袋・BROOKLYN MILLS)
  • 大森靖子の夏休み2017(2017年5月27日、八丈島・Pot Hall)
  • おしえて!まいぷに教室 ~アイシングクッキー編~ (2017年6月18日(日)11時)
  • 週プレ酒BAR 一日ママ(2017年6月28日、新宿・週プレ酒場
  • アイドル横丁夏まつり!!〜2017〜「グラドル横丁」(2017年7月8日、9日、横浜赤レンガパーク)[78]
  • まいぷにすとの集い vol.1(2017年7月17日(月・祝)13時、新宿・Naked Loft
  • TOKYO GRAVURE IDOL FESTIVAL 2017(2017年8月4日、5日、TOKYO IDOL FESTIVAL 2017 GRAND MARKET(東京・青海臨時駐車場))[79]
  • おしえて!まいぷに教室 ~女子力向上編~(2017年8月12日(土)14時、神保町某所) ※ 女性限定イベント
  • smooth-tokyo 団体撮影会&BBQオフ会(2017年8月27日、東京・STUDIO STNADARD 玉堤Ast)
  • まいぷにすとの集いSP~プレミアムお誕生会~(2017年9月6日(水)19時、六本木某所)
  • まいぷにバースデーパラダイス!2017(2017年9月18日(月・祝)12時、下北沢SHELTER[80][81] ※ 生誕ライブ
8曲+アンコール2曲。バンド編成でのワンマンライブ。
Manipulator キヨンセ(東京ヒップホップ/トッピングクラブ)、
Syn. 岡本伸明Gt. 武田将幸Ba. 壱(ゆーの)Drs. 西浦謙助
  • まいぷにすとの集い vol.2(2017年10月8日(日)19時、新宿・Naked Loft)
  • まいぷにすとの集い~名古屋めしたべちゃおうSP~(2017年11月5日(日)11時30分、名古屋某所)
  • W.W.J 10th !mpact 三周年!!!(2017年11月5日、名古屋・club JB’S) - 「DJまいぷに」として参加
  • 週プレ酒BAR 一日ママ(2017年11月21日、新宿・週プレ酒場)
  • 塚本舞×鈴木ふみ奈の「ぷににゃんカフェ」(2017年11月25日(土)13時、新宿ロフトプラスワン)[82]
鈴木ふみ奈との合同イベント。
  • 来店イベント(2017年12月10日、札幌・プレイランドハッピー西町店、栄町店)
  • smooth-tokyo クリスマス撮影会(2017年12月17日)
  • まいぷにすとの集い~クリスマスSP~(2017年12月24日(日)13時、六本木某所)

2018年[編集]

  • まいぷにすとの集い~新年女子会~(2018年1月13日(土)13時30分、新宿某所) ※ 女性限定イベント
  • smooth-tokyo 振袖 団体撮影会 (2018年1月14日、東京・青海南ふ頭公園(陸側)・studio itto 1、2F)
  • 来店イベント(2018年1月20日、札幌・プレイランドハッピー手稲前田店、南6条店)
  • まいぷにすとの集い vol.3(2018年2月10日(土)13時、新宿・Naked Loft)
  • 週プレ酒BAR 一日ママ(2018年3月7日、新宿・週プレ酒場)
  • 来店イベント(2018年3月10日、札幌・プレイランドハッピー手稲前田店、八軒店)
  • まいぷにすとの集い~春の歌っちゃうぞSP~(2018年4月30日(月・休)13時、東京・港区某所)
  • 週プレ酒BAR 一日ママ(2018年6月24日、新宿・週プレ酒場)
  • アイドル横丁夏まつり!!〜2018〜「グラドル横丁」(2018年7月7日、8日、横浜赤レンガパーク)[83]
  • smooth-tokyo 浴衣 団体撮影会(2018年7月28日、東京・STUDIO STNADARD 玉堤Bst)
  • TOKYO GRAVURE IDOL FESTIVAL 2018(2018年8月3日、5日、TOKYO IDOL FESTIVAL 2018 GRAND MARKET(東京・青海臨時駐車場)) [84]
  • ファースト写真集『My Puni』発売記念イベント(特典会)(2018年8月18日、ヴィレッジヴァンガードお茶の水店)[85][86]
  • 近代麻雀水着祭。REVENGE(2018年9月8日、埼玉・しらこばと水上公園[87]
  • まいぷに Re:Birth Party!!(2018年9月29日(土)12時、東京・青山 月見ル君想フ) ※ 生誕ライブ
10曲+アンコール3曲。
ゲスト:カメダタクピアノ伴奏)、泉茉里Vo.[88]
  • まいぷにすとの集い~ハロウィン女子会~(2018年10月27日(土)14時、都内スタジオ(新宿近辺)) ※ 女性限定イベント
  • 二丁目の魁カミングアウト 2マンライブ「VS GAY - FREE GAY 2MAN LIVE -」(2018年11月12日、新宿・AiSOTOPELOUNGE)
  • 塚本舞1st写真集『My Puni』発売イベントinハロショ(2018年11月18日、ハロー!プロジェクトオフィシャルショップ東京秋葉原店)
  • Switched on!「松永天馬 feat.塚本舞」(2018年11月24日、東京・吉祥寺Warp)
  • まいぷにすとの集い~クリスマス会~(2018年12月22日(土)13時)

2019年[編集]

  • スナックしろくま 一日店長(2019年1月27日、新宿・スナックしろくま)
  • 松永天馬 1stTOUR 「NARCIST」 東京公演(2019年2月14日、渋谷WWW) - ゲストボーカルとして出演
  • まいぷにすとの集い Vol.4〜バレンタインスペシャル〜(2019年2月17日(日)13時、新宿・Naked Loft)
ゲスト:プー・ルイ、顔川ルイ。
  • ハロショトーク30 卒コン目前!クロストークで梁川奈々美特集(2019年2月24日、ハロー!プロジェクトオフィシャルショップ東京秋葉原店)
  • 空野青空5thシングル発売記念 #まいねーむいずあおにゃん 仲間を集めてトークしよ~っ!(2019年2月25日、渋谷・LOFT9 Shibuya) - ゲスト出演
  • 第一回スナックしろくまのど自慢大会(2019年3月15日、新宿LOFT)
  • 週プレ酒BAR 一日ママ(2019年3月22日、新宿・週プレ酒場)
  • smooth-tokyo 団体撮影会 (2019年4月6日、東京・STUDIO STNADARD 玉堤Bst)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ジョジョの奇妙な冒険』のファン[21]
  2. ^ 没になった『Berryz工房の楽曲における少女像の分析』という論文も存在[31]

出典[編集]

  1. ^ “アキバが熱気に包まれたDSP版Windows10の深夜販売(2)”. ASCII.jp(KADOKAWA). (2015年8月1日). http://ascii.jp/elem/000/001/035/1035086/index-2.html 2015年10月7日閲覧。 
  2. ^ Hカップの柔らかボディーが自慢の塚本舞”. 【365日グラドル日記(7)】. SANSPO.COM (2018年9月2日). 2018年9月24日閲覧。 “スリーサイズ 1メートル63、B93(Hカップ)W60H90”
  3. ^ “グラドル・塚本舞のバストがG→Hカップに成長!フォロワー5万2千人突破を祝して最新ビキニ姿を披露”. GREEニュース. Scoopie News. (2016年1月25日). http://jp.news.gree.net/news/entry/2068328 2019年3月30日閲覧. "「Hカップに成長したまいぷにも、どうぞよろしくお願いします」" 
  4. ^ a b c 公式ウェブサイト「塚本舞 Official Site」PROFILE
  5. ^ a b c d e 塚本舞(つかもとまい)のプロフィール・画像・出演スケジュール【スタスケ】MYスター☆スケジュール(ザテレビジョン)
  6. ^ “まいぷに”こと塚本舞!”. Rooftop (2019年4月3日). 2019年4月3日閲覧。 “「高校生までは、CMやファッション誌のお仕事をさせてもらっていたんです。」”
  7. ^ Goodbye HalcionDays”. 塚本舞オフィシャルブログ「maimaipace.」. Ameba (2009年2月18日). 2018年9月24日閲覧。 “「今日は、私が三年間通った堀越高等学校の卒業式でした。」”
  8. ^ “Gカップ塚本舞が紅白落選モー娘にエール”. 東京スポーツ. (2013年12月1日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/gravia/209728/ 2015年10月18日閲覧. "大学が厳しく、女子大生の間はグラビア活動を休止していたため、DVDのリリースは前作から6年ぶりとなる。" 
  9. ^ “旅立ちの春が来た”. 塚本舞オフィシャルブログ「maimaipace.」. (2013年3月20日). https://ameblo.jp/mai-tsukamoto/entry-11494120304.html 2017年5月11日閲覧。 
  10. ^ #グラドル自画撮り部まとめ(非公式) - 塚本 舞(まいぷに)の部屋
  11. ^ “DPG、グラドル塚本舞&17歳李星帆の“GI砲”参加で新時代へ~新曲OTOTOY先行配信も”. OTOTOY. (2014年12月15日). https://ototoy.jp/news/80741 2019年3月31日閲覧. "DPGにスペシャル・ゲスト・プレイヤーとして参加するのは、“グラドル自画撮り部書記”としての活動でも知られる、Gカップ・グラビアアイドル塚本舞。" 
  12. ^ “塚本舞「夏の魔物」卒業を発表 個人活動は継続”. ドワンゴジェイピーnews. (2017年1月5日). https://news.dwango.jp/music/19839-1701 2017年1月5日閲覧。 
  13. ^ “塚本舞ソロプロジェクト始動、ぼくりり楽曲手がけるケンカイヨシ参加”. 音楽ナタリー. (2019年2月18日). https://natalie.mu/music/news/320477 2019年3月31日閲覧。 
  14. ^ a b 塚本舞ソロプロジェクト『まいぷにミュージックビデオ大作戦!』”. CAMPFIRE (キャンプファイヤー) (2019年4月13日). 2019年4月13日閲覧。
  15. ^ Hカップの柔らかボディーが自慢の塚本舞”. 【365日グラドル日記(7)】. SANSPO.COM (2018年9月2日). 2018年9月24日閲覧。 “セールスポイントは「柔らかそうなぷにぷにボディー、まん丸バストです」”
  16. ^ a b Hカップの柔らかボディーが自慢の塚本舞”. 【365日グラドル日記(7)】. SANSPO.COM (2018年9月2日). 2018年9月24日閲覧。 “「ハロー!プロジェクトのアイドルさんが大好きで、休日はライブに足を運んだり、DVDで動画を見たりしています。20年間、ずっと応援しています」”
  17. ^ a b “HELLO! PROJECT公認コラム「HELLO! Navi ハロナビ」 HELLO!PROJECTのライブの魅力とは!?”. HELLO! PROJECT公認コラム「HELLO! Navi ハロナビ」. (2014年7月15日). https://books.rakuten.co.jp/event/column/helloproject/vol1/ 2019年3月30日閲覧。 
  18. ^ “ブラザーうよ”. 塚本舞オフィシャルブログ「maimaipace.」. (2008年9月23日). http://ameblo.jp/mai-tsukamoto/entry-10143042992.html 2015年10月17日閲覧。 
  19. ^ “人気グラドル塚本舞が廊下で巨乳谷間な寝姿公開”. ドワンゴジェイピーnews. (2016年7月28日). https://news.dwango.jp/gravure/17279-1607 2019年3月31日閲覧. "こんなところで普通寝るか?と思うのだが、塚本は度々「#今日の寝ぷに」というハッシュタグをつけられ夏の魔物のレコーディングやリハーサルで寝ている姿をアップロードされている。どこでも寝られる体質のようだ。" 
  20. ^ “塚本 舞 ファースト写真集『 My Puni 』クリアストーンの書籍レーベル"CLEARSTONE BOOKS"より発売決定”. クリアストーン. (2018年7月23日). https://www.clearstone.co.jp/news/20180723-5211/ 2018年8月20日閲覧. "グラビア、バラエティ、音楽活動とマルチな活動で、男性のみならず、「まいぷにすと女子」と呼ばれる女性ファンも急増中の”まいぷに” " 
  21. ^ DPG本隊に革命を起こす“GI砲”(GカップとIカップ)を本邦初公開!! ーー4thシングル『新生プロレス研究会』から2曲を1ヶ月先行配信スタート!!”. OTOTOY. 2018年9月24日閲覧。
  22. ^ 単語「チャーケニスト」. ニコニコ大百科."チャーケニストとは、「チャージマン研!」をはじめとするナックのアニメにはまってしまった結果、・・・"
  23. ^ 「チャージマン研!」の秘密基地”. 塚本舞オフィシャルブログ「maimaipace.」. Ameba (2016年7月24日). 2019年3月31日閲覧。
  24. ^ R25 (2014年12月19日). “塚本舞の「マシュマロみたいな体」”. Amebaニュース. https://news.ameba.jp/entry/20141220-161 2019年3月31日閲覧. "「重機が好きでして。埼玉の熊谷の方で業界向けの展示会があるんですけど、そこに一眼レフ片手に単身乗り込んで、写真を撮ったりしています。団地萌えやダム萌えみたいに、ひとつのジャンルとして定着しているんですよ。萌えで“燃え!”…みたいな」" 
  25. ^ 読売新聞 2014年11月6日(木)大阪夕刊11面記事「重機に恋して 動画再生300万回超 解説本・アイドルも」コメント"「夕暮れ時、工事現場にたたずむ重機が好き」"
  26. ^ “指原だけじゃない!グラドル今野杏南の愛猫も超カワイイ”. ドワンゴジェイピーnews. (2016年4月16日). https://news.dwango.jp/idol/15568-1604 2019年3月30日閲覧. "人気のグラドルである塚本舞も過去にツイッターへ猫の写真を連投。" 
  27. ^ 塚本舞の「普通、アイドル∞年推してらんないでしょ?」”. ENTAME next (2014年6月15日). 2015年10月18日閲覧。 “私の生活には、常にハロー!プロジェクトがそばにあり、人生の3分の2以上を”ハロヲタ”として歩んできました。”
  28. ^ 塚本舞の「普通、アイドル∞年推してらんないでしょ?」”. ENTAME next (2014年6月15日). 2015年10月18日閲覧。 “・・・に寄稿するなど、ハロプロ研究家として活動。”
  29. ^ R25 (2014年12月19日). “塚本舞の「マシュマロみたいな体」”. Amebaニュース. https://news.ameba.jp/entry/20141220-161 2019年3月31日閲覧. "今や「ハロプロ評論家」と称される舞ちゃんは、ハロプロのイベントに呼ばれたり、トークショーに出てみたりと引っ張りだこ!" 
  30. ^ R25 (2014年12月19日). “塚本舞の「マシュマロみたいな体」”. Amebaニュース. https://news.ameba.jp/entry/20141220-161 2019年3月31日閲覧. "「大学の卒業論文を『アイドルマーケティングの歴史的変還―モーニング娘。を例にして―』というテーマにしたくらいで。」" 
  31. ^ エンタメNEXT (2014年6月15日). “塚本舞の「普通、アイドル∞年推してらんないでしょ?」”. exciteニュース. https://www.excite.co.jp/news/article/Entamenext_653/ 2015年10月18日閲覧. "大学在学時には自らの偏執的な愛を書き連ねた「Berryz工房の楽曲における少女像の分析」なる卒論を提出し、担当教授に「学術的な論がない」と返され・・・" 
  32. ^ “人気グラドルの「ハロプロ愛」が凄すぎ、メンバーと同じ服も”. ドワンゴジェイピーnews. (2016年1月29日). https://news.dwango.jp/gravure/14184-1601 2019年3月31日閲覧。 
  33. ^ “塚本舞の「ハロプロ愛」が凄い Juice=Juice宮本佳林と同じTシャツ着る”. ドワンゴジェイピーNEWS. (2016年7月13日). https://news.dwango.jp/gravure/16995-1607 2018年9月24日閲覧。 
  34. ^ “まいぷに”こと塚本舞!”. Rooftop (2019年4月3日). 2019年4月3日閲覧。 “「私は、楽曲を聴いたらまず、作曲家さんや編曲家さんをチェックするタイプなんです。」”
  35. ^ “まいぷに”こと塚本舞!”. Rooftop (2019年4月3日). 2019年4月3日閲覧。 “「つんく♂さんの歌詞が好きなんです。そこに出てくる女の子は、みんな強くてハッピーで、そこから、人類愛や世界愛、平和を歌っていて。」”
  36. ^ 【グラドル自画撮り部のひみつ:第一回】塚本舞「腰肉のひみつ」”. いまトピ. goo (2014年8月13日). 2019年3月31日閲覧。 “グラドル自画撮り部とは、2014年1月17日に、後の部長である倉持由香ちゃんとのTwitter上での会話から生まれた「グラビアアイドルによる部活動」です。”
  37. ^ a b 【まとめ】グラドル自画撮り部(ぐらどるじがどりぶ)とは”. KAI-YOU.net. 2019年3月31日閲覧。
  38. ^ a b #グラドル自画撮り部 またまたYahoo!ニュースに職人”. 倉持由香オフィシャルブログ「まいにちくらもっち。」. Ameba (2014年2月1日). 2019年3月31日閲覧。 “書記の塚本舞ちゃんが『#グラドル自画撮り部』についての海外ニュースをまとめてくれました!有能有能アンド有能な書記!”
  39. ^ a b “グラドル自画撮り部・書記が選んだオススメ部員10人”. 日刊SPA!. (2014年6月28日). https://nikkan-spa.jp/669880 2019年3月30日閲覧。 
  40. ^ “「夏の魔物」グラドル・塚本舞が影響を受けたCDを発表!バラエティに富んでいると話題に「やっぱハロプロ好きだけある」”. AOLニュース. (2016年2月1日). https://news.aol.jp/2016/01/31/tsukamotomai/ 2019年3月31日閲覧. "メインボーカルをつとめるのは、グラビアアイドル・塚本舞" 
  41. ^ 塚本舞 人気沸騰ユニット2ndシングル発売!!”. 早耳!エンタメ・インタビュー!!360. ドカント.com (2016年1月16日). 2019年3月31日閲覧。 “「私が友人の大森(靖子)さんのライブで歌っている場に・・・」”
  42. ^ “夏の魔物、ポニーキャニオンからメジャーデビュー”. 音楽ナタリー. (2015年6月12日). https://natalie.mu/music/news/150466 2019年3月31日閲覧。 
  43. ^ “夏の魔物、メジャーデビューシングルに大森靖子が曲提供”. 音楽ナタリー. (2015年8月7日). https://natalie.mu/music/news/156368 2019年3月31日閲覧。 
  44. ^ “夏の魔物、新曲「東京妄想フォーエバーヤング」MV公開&めちゃイケのEDテーマに”. Musicman-net. (2016年1月13日). https://www.musicman-net.com/artist/48548 2019年3月31日閲覧。 
  45. ^ ねとらぼ (2017年8月3日). “菜乃花、青山ひかるら人気グラドルが集合! A~Kカップを網羅した『原寸大おっぱい図鑑』が完全に男子中学生の妄想”. ITmedia. http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1708/03/news113.html 2017年8月14日閲覧。 
  46. ^ “Hカップ”ぷにかわボディ”塚本舞、待望の1st写真集で妄想エロス”. ドワンゴジェイピーnews. (2018年7月23日). https://news.dwango.jp/gravure/30052-1807 2018年7月23日閲覧。 
  47. ^ “ドカント18年9月号先出し情報 192号 vol.4 塚本舞”. ドカント.COM. (2018年8月6日). https://mag.dokant.com/201808-7243 2018年8月20日閲覧。 
  48. ^ 家電批評2017年4月号. 晋遊舎ONLINE.
  49. ^ 「単純なエロでは伸びません」 グラドル塚本舞の“バズる”自撮りテク. the360.life.
  50. ^ 鯨井康雄写真館”. スカパー371ch[エンタ!371]. Wayback Machine. 2008年9月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年3月31日閲覧。
  51. ^ “片山萌美・天木じゅん・塚本舞、美バストのぞくビキニ姿でドラマ出演”. モデルプレス. (2017年6月16日). https://mdpr.jp/news/detail/1694057 2017年6月16日閲覧。 
  52. ^ “水着だらけのハレンチ舞台を照れずに凝視せよ!「熱いぞ!猫ヶ谷!!」開幕”. コミックナタリー. (2016年3月16日). https://natalie.mu/comic/news/179940 2019年3月31日閲覧。 
  53. ^ “上目遣い、唇、谷間に夢中! 元BiSコショージ&塚本舞出演、大森靖子新MV公開”. マイナビニュース. (2015年7月16日). https://news.mynavi.jp/article/20150716-a738/ 2019年3月30日閲覧. "グラビアアイドルの塚本舞がゲスト出演している。" 
  54. ^ チャレンジステーション”. あっ!とおどろく放送局. Wayback Machine. 2010年7月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年3月31日閲覧。
  55. ^ チャレンジステーション 2008年12月8日放送回”. あっ!とおどろく放送局. Wayback Machine. 2009年1月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年3月31日閲覧。
  56. ^ チャレンジステーション 2008年12月15日放送回”. あっ!とおどろく放送局. Wayback Machine. 2009年1月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年3月31日閲覧。
  57. ^ Bejean on line”. @nifty. 2016年8月1日閲覧。[リンク切れ]
  58. ^ キャンパスツインテール≪塚本 舞≫. 日本ツインテール協会.
  59. ^ 塚本 舞. 密着!アイドル*Sweet Room.
  60. ^ ダ・ヴィンチニュース (2014年3月26日). “バスト90cm! リアル“そに子ボディ”の「塚本舞」が爆乳サイクリング!”. ニコニコニュース. https://news.nicovideo.jp/watch/nw1004116 2019年3月31日閲覧。 
  61. ^ 塚本舞 人気沸騰ユニット2ndシングル発売!!”. 早耳!エンタメ・インタビュー!!360. ドカント.com (2016年1月16日). 2019年3月31日閲覧。
  62. ^ 塚本舞 ラブハンドル - sabra net BB -”. sabraオフィシャルサイト. 2019年3月31日閲覧。
  63. ^ ラブハンドル(塚本舞1) - sabra 1day ticket -”. sabraオフィシャルサイト. 2019年3月31日閲覧。
  64. ^ ラブハンドル(塚本舞2) - sabra 1day ticket -”. sabraオフィシャルサイト. 2019年3月31日閲覧。
  65. ^ “人気グラドル7人とのコラボ企画「#コスプレ自画撮り部」をスタート!”. クリアストーン. (2015年5月15日). https://www.clearstone.co.jp/news/20150515-5197/ 2019年3月31日閲覧。 
  66. ^ “【新商品】塚本舞が商品パッケージの「SHELLY’S CLOSET」が新発売!”. クリアストーン. (2017年8月29日). https://www.clearstone.co.jp/news/20170829-4697/ 2019年3月31日閲覧。 
  67. ^ “クラキン4周年企画“激カワタレントとキングスをやろう”がスタート”. 4Gamer.net. (2018年9月14日). https://www.4gamer.net/games/393/G039351/20180914186/ 2018年10月11日閲覧。 
  68. ^ アイドル横丁夏まつり!!〜2014〜. アイドル横丁.
  69. ^ “倉持由香主催「東京グラドルフェスティバルvol.0」が8月10日に開催!”. GirlsNews. (2014年7月31日). https://girlsnews.tv/event/170009 2018年3月31日閲覧。 
  70. ^ 「グラドル自画撮り部」7人が大胆なセクシーコスプレに挑戦”. 日刊SPA! (2015年6月12日). 2019年3月31日閲覧。
  71. ^ G-Tune:Garage 移転&フルリニューアルOPEN”. the比較 (2015年6月19日). 2019年3月31日閲覧。
  72. ^ アイドル横丁夏まつり!!〜2015〜. アイドル横丁.
  73. ^ “大森靖子が出産前最後に出演したライブ「生誕祭」の模様が到着”. SPICE(スパイス). (2015年9月20日). https://spice.eplus.jp/articles/14366 2019年3月31日閲覧。 
  74. ^ アイドル横丁夏まつり!!〜2016〜. アイドル横丁.
  75. ^ TOKYO GRAVURE IDOL FESTIVAL 2016. TOKYO IDOL PROJECT.
  76. ^ “塚本舞 白Tシャツに水鉄砲攻撃浴び「いやん!スケスケ!」”. ドワンゴジェイピーnews. (2016年8月6日). https://news.dwango.jp/2016/08/06/100161/gravure/ 2017年5月8日閲覧。 
  77. ^ “【ライヴ・レポート】大森靖子「あなたたち、ひとりひとりの人生が最高です!」 過去最高の"肯定力"をみせたツアー最終公演”. OTOTOY. (2016年12月15日). https://ototoy.jp/news/84825 2019年3月31日閲覧. "「絶対彼女」のサビで大森が「今日のソロ・パートを担当してくれるのは、まいぷにでーす!」と呼び込むと、ビキニ姿の塚本舞(夏の魔物)が登場" 
  78. ^ アイドル横丁夏まつり!!〜2017〜 - 7.8-9 横浜赤レンガパーク. アイドル横丁.
  79. ^ TOKYO GRAVURE IDOL FESTIVAL 2017. TOKYO IDOL PROJECT.
  80. ^ “塚本舞、生誕ワンマンライブに実力派バンドメンバー集結”. 音楽ナタリー. (2017年7月18日). https://natalie.mu/music/news/241304 2019年3月31日閲覧。 
  81. ^ 塚本舞 生誕ライブに岡本伸明(lovefilm)がバンドメンバーとして参加決定!”. lovefilm Official Website (2017年8月25日). 2019年3月31日閲覧。
  82. ^ “塚本舞×鈴木ふみ奈 ビスチェ&シルバービキニのH乳盛がセクシーすぎる”. ドワンゴジェイピーnews. (2017年11月22日). https://news.dwango.jp/gravure/25215-1711 2017年11月22日閲覧。 
  83. ^ アイドル横丁夏まつり!!〜2018〜-2018.7.7-8 in横浜赤レンガパーク. アイドル横丁.
  84. ^ TOKYO GRAVURE IDOL FESTIVAL 2018. TOKYO IDOL PROJECT.
  85. ^ “塚本舞 1st写真集、グラビアファンもオタクも女子も楽しめる”まいぷに”の集大成”. ドワンゴジェイピーnews. (2018年8月18日). https://news.dwango.jp/gravure/30680-1808 2018年8月20日閲覧。 
  86. ^ “まいぷに(塚本 舞)感動! 肉体のすべてを凝縮した1st写真集が完成”. ASCII.jp(KADOKAWA). (2018年8月20日). http://ascii.jp/elem/000/001/728/1728159/ 2018年8月24日閲覧。 
  87. ^ 9/8(土)近代麻雀水着祭。REVENGE(近代麻雀学院×牌姫グラビア!スピンオフ第2弾)”. StudioGarnet. Ameba (2018年7月31日). 2019年3月31日閲覧。
  88. ^ “塚本舞生誕ライブに泉茉里がゲスト出演「一緒に歌えるの、本当に幸せ」”. 音楽ナタリー. (2018年9月21日). https://natalie.mu/music/news/300683 2018年10月11日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]