家電批評

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
家電批評
ジャンル ホンモノがわかる家電情報誌
刊行頻度 月刊(3日)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 680円
出版社 晋遊舎
編集部名 家電批評編集部
発行人 沢井竜太
編集人 武田義尊
雑誌名コード 12345
刊行期間 2008年12月(Vol.1)- 2009年10月(Vol.8)
2009年11月(2009年12月号) -
テンプレートを表示

家電批評』(かでんひひょう)は、晋遊舎から発売されている家電機器に関する情報誌。「家電批評monoqlo」からMONOQLOと分裂する形で「100%ムックシリーズ」として発刊され、2009年11月2日に月刊誌として創刊した。初代編集長[1]は、同社代表取締役社長[2]の西尾崇彦。

概要[編集]

「TEST,REVIEW and BUY」をキャッチフレーズに電化製品、携帯電話、カメラ、パソコンに関する記事を中心としている。識者の意見を交えながら実際に製品をユーザー目線で検証する企画が多い。 広告をほぼ掲載しない方針をとっており、[3]広告主に遠慮しない記事執筆を標榜している。これは同社が発行するMONOQLOLDKにも共通する特徴である。

検証に用いる製品はメーカーから借りる場合が多いが、前述の方針のため貸し出しを受けられない場合もあり、その場合は編集部で製品を購入し検証している[3][4]

編集部員が家電選びのプロとしてテレビ番組に出演することもある[5]

沿革[編集]

  • 2007年7月 前身である『家電批評monoqlo』発売。
  • 2008年12月 『MONOQLO』と『家電批評』に分かれる。『家電批評 Vol.1』発売。以後月刊化までに、Vol.8まで刊行。
  • 2009年11月 月刊誌として創刊。
  • 2014年7月 『家電批評2014年8月号』よりB5版からA4版に変更。
  • 2016年2月 『家電批評2016年3月号』より再びB5版に変更。

主なコーナー[編集]

特集コーナー[編集]

  • ベストバイ・ワーストバイ
ジャンルごとに、最も買いである製品を紹介する。次点の製品としてネクストバイや、買うべきでない製品としてワーストバイが紹介されることもある。
  • 神機
突出した機能や特徴を持つ製品を紹介する。初代ウォークマンのような往年の名機だけでなく、現在発売中の製品も取り上げられる。
  • 高い理由×安い理由
1つのジャンルの製品について、機能の違いなどを基に、価格差の生まれる要因を解説する。

連載コーナー[編集]

  • 家電新品FLASH
  • 型落ち家電カタログ
  • 北村森のヒット家電虎の穴
  • 週間家電批評
  • 金村修の写真批評
  • 家電業界批評(著:小寺信良
  • デジタルあまのJACK(著:石川温
  • スマホ維新塾(著:美崎栄一郎
  • 家電黙示録マナブ(著:中川学
  • 家電売れ筋ランキング
  • 家電クロスワード
  • 可憐企業
  • サポセン

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

  • MONOQLO - 同社が発行するテストするモノ批評誌
  • LDK - 同社が発行するテストする女性誌

外部リンク[編集]