因明入正理論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

因明入正理論(いんみょうにっしょうりろん、: Nyāyapraveśa[1][2])は、インドの仏教論理学者である商羯羅主(: Śaṅkarasvāmin)が著わした仏教論理学(因明)の入門書である。
この論書は、玄奘によって中国にもたらされ、貞観21年(647年)8月6日、弘福寺で漢訳された。

本論は、陳那因明正理門論を基礎としつつ、論理的誤謬をとりあげて「三十三過」として、詳しい説明が簡明になされている。

この論が翻訳されて後、中国においてによって『因明入正理論疏』(俗称:因明大疏)が出てから、大変多くの註釈が著わされた。その後、法相宗が日本に伝わると、本論および因明大疏も伝わり、さらに多くの註釈が加えられた。

さらに時代が下り、日本においては、講会論式及び論義に際する論理的誤謬を指摘するために、本論で取り上げられた「三十三過」に注目が集まり、『因明三十三過本作法』という簡明な論書が出され、それに対する註釈、さらにその中の「四相違」に対する註釈が多く研究された。

テキスト[編集]

  • 因明入正理論 大正大蔵経 vol.32 No.1630
  • 『因明入正理論』 国訳一切経 論集部一 林彦明訳

註疏[編集]

ほか

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]