基 (僧)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
632年 - 682年
Jion Daishi.jpg
絹本著色慈恩大師像 薬師寺蔵 国宝
尊称 慈恩大師
生地 京兆府長安
宗派 法相宗
寺院 大慈恩寺
玄奘
弟子 慧沼
著作 『成唯識論述記』
『成唯識論枢要』

(き、拼音: jī (ji1)632年 - 682年)は、中国代の仏教家であり、法相宗を起した。窺基(きき)と通称されるが、窺の字を付けない「基」が正しい名前である[1]

生涯[編集]

姓は尉遅氏で、字は洪道、大慈恩寺に住したので、慈恩大師と尊称される。京兆府長安陝西省西安市)の出身である。

17歳で出家し、玄奘三蔵に師事して、彼の訳場に列して中国語の点検をした。また、顕慶4年(659年)に訳した『成唯識論』を注釈して『成唯識論述記』『成唯識論掌中枢要』を著し、『唯識三十頌釈』中の護法の釈論を中心に据えて、真諦(しんだい)訳を中心としたそれまでの唯識説を批判し、新唯識説を打ち立てた。

龍朔元年(661年)の『弁中辺論』『唯識二十論』と、翌年の『異部宗輪論』、翌々年の『界具足論』の漢訳では、筆受をつとめた。

また、五台山に遊方した経験があり、道宣との交際もあった。多くの著書を持ち「百本の疏主、百本の論師」と称された。その著書中の『法苑義林章』と『成唯識論述記』から法相宗の宗義が形成され、基を宗祖とするに至った。そこから、法相宗を慈恩宗とも称した。

三車法師[編集]

出家するにあたって、師の玄奘に、女色と酒肉を断たないことを条件として要求し、僧となってからは酒、女、そして経典をのせる三つの車を率いたという逸話から、三車法師というあだ名がつけられたという[2][注釈 1]。しかし、「宋高僧伝」における玄奘と基とのエピソードは学術的には信頼性に欠けるものとされ[3]、この逸話を記載する「宋高僧伝」自身も、基自らが「自序」において語る来歴との齟齬から、もし基が事実を述べているとするなら、誹謗中傷の説であると述べている[注釈 2]

主な著書[編集]

  • 『瑜伽論略纂』
  • 『百法論疏』
  • 『因明大疏』
  • 『法華玄賛』
  • 『無垢称経疏』
  • 『大乗法苑義林章』

伝記資料[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『宋高僧傳』卷4 - 唐京兆大慈恩寺窺基傳 :「奘師……遂造北門將軍,微諷之出家。……基亦強拒。激勉再三。拜以從命。奮然抗聲曰。聽我三事,方誓出家。不斷情慾、葷血,過中食也。奘先以欲勾牽。後令入佛智。佯而肯焉。行駕累載前之所欲,故關輔語曰三車和尚。」
  2. ^ 『宋高僧傳』卷4 - 唐京兆大慈恩寺窺基傳 :「一基自序云:『九歲丁艱,漸疏浮俗。』若然者,三車之說。乃厚誣也。」

出典[編集]