護法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

護法(ごほう、ダルマパーラ, dharmapāla、530-561)は、古代インド大乗仏教であり、唯識派の学僧。唯識十大論師の一人。

南インドパッラヴァ朝大臣の長男に生まれ、若くしてナーランダ寺の学長となったが、29歳で隠退し、ブッダガヤで亡くなった。

世親(vasubandhu)の『唯識三十頌』を護法が注釈した学説は、弟子のシーラバドラ(戒賢)から玄奘を通じてその弟子の慈恩大師の『成唯識論』によって後世に伝えられた。

参考文献[編集]

  • 『新版 インド仏教史』上・下(春秋社、2011年)