一水四見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一水四見(いっすいしけん)とは、唯識のものの見方。認識の主体が変われば認識の対象も変化することの例え。[1]

人間にとっての河(=水)は
天人にとっては歩くことができる水晶の床
魚にとっては己の住みか
餓鬼にとっては炎の燃え上がる膿の流れ

というように、見る者によって全く違ったものとして現れるという。似たようなものに次のような古歌がある。[2]

「手を打てば鳥は飛び立つ鯉は寄る 女中茶を持つ猿沢の池」
猿沢池のほとりの興福寺は唯識を研究する法相宗の本山でもある。

出典[編集]

  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「一水四見」
  2. ^ 日蓮宗メールマガジン6月号