北朝鮮における2019年コロナウイルス感染症の流行状況

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北朝鮮における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行状況
疾病 新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)
ウイルス株 2019新型コロナウイルス (SARS-CoV-2)
最初の発生 中華人民共和国の旗 中華人民共和国湖北省武漢市
場所 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)
出現した日付 情報なし

北朝鮮における2019年コロナウイルス感染症の流行状況では、北朝鮮における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行状況について述べる。

背景[編集]

北朝鮮は貧弱な国であり、医療インフラが脆弱であり、制裁の対象となっているため、大規模な感染症の流行時に脆弱になる可能性がある[1][2]。広範囲にわたる栄養失調がCOVID-19の蔓延を悪化させる恐れがある[3]。外交上および経済上孤立したそれはパンデミックの起点である中国と国境を接し[3]、北朝鮮の最も近い同盟国であり、観光客の源でもある。NKニュースによると、2019年に中国から北朝鮮に入る観光バスの数は増加し、中国政府は制限をより厳格に施行するように促した[2]

北朝鮮政府は秘密主義であり、メディアは厳しく管理されているため、国内で実際に何が起こっているのかを外部の者が判断することは困難である[3]

歴史的に北朝鮮は海外での流行に直面した際、たとえば2014年のエボラ出血熱の流行中は旅行を遮断している[2]。さらに過去にも伝染病の根絶に成功しており、2018年には麻疹を撲滅したと伝えられる[4][3]。北朝鮮政府は非常に権威主義的であり、国に対する強力な統制を維持している。専門家は社会的距離などが疾病管理措置の実施に役立つと予想している[3][5]

対応[編集]

2020年1月20日より中国人観光客、22日より全ての外国人観光客入国禁止とした[6]。また、31日までに北京やロシア極東ウラジオストクと平壌を結ぶ高麗航空の航空便の運航を停止した。また、開城に設置されている韓国との共同連絡事務所については南北連絡代表による協議の結果、1月30日をもって連絡事務所の運営を暫定的に中止することを決定。共同連絡事務所に駐在していた韓国側の全職員は早期に引き上げ、閉鎖期間中の南北間連絡手段として、ソウル・平壌間の直通電話とファックスを開設し、南北間の連絡チャンネルは維持するとしている[7][8]

北朝鮮は、COVID-19により国境を閉鎖した最初の国の1つであった[9]。政府は広範囲の旅行制限を実施しており[10]、1月下旬に国外からの観光客の入国を禁止し、その後フライトを一時停止し、国内および国外への旅行を禁止している[2][9]

2020年2月初旬、北朝鮮政府はコロナウイルスの蔓延を阻止するために厳しい措置をとったと報告された。朝鮮労働党機関紙・労働新聞は、南浦港の税関職員が輸入品の検疫を含む消毒活動を行っていたと報告した[11]。学校は国中で閉鎖された。国内の他の場所からの平壌の大学生は寮に監禁された[12][13]

人々はウイルスの蔓延を防ぐために隔離された[14]。3月に外交官および他の外国人がウラジオストクに避難した[10][15]

2月1日、北朝鮮の最高指導者である金正恩党委員長朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長)は中国共産党習近平総書記に慰問の書簡と義援金を送ったと朝鮮中央通信が報じた[16]

2月7日、平安北道新義州市義州郡の病院で5人の感染者が死亡したとデイリーNKが報道した[17]。また、平壌市でも感染者が出たという報道もある[18]

2月29日発朝鮮中央通信報道によると、金正恩党委員長は朝鮮労働党政治局拡大会議で「この伝染病がわが国に流入した場合、もたらされる結果は深刻だ」と発言し、対策の強化を指示したことが判明した[19][20][21]

北朝鮮軍は2020年3月初旬に2回に渡って5つのミサイルを発射したが、これは「ウイルスの発生中、国が他の国の議題に留まるようにするための取り組み」である可能性がある[3]。3月下旬にはさらにミサイルのテストが行われ、4月初旬に最高人民会議が開かれるとの発表があった。外国のオブザーバーは、政府はウイルスの取り扱いに自信を示していると語った[22]

3月13日には在韓米軍司令官のロバート・B・エイブラムス英語版大将が新型コロナウイルスが朝鮮人民軍の活動に影響していることを明らかにしたほか[23]、金正恩党委員長が新型コロナウイルスを警戒して平壌を離れ、東部の元山周辺に滞在している模様であることが判明した[24]

3月17日、金正恩は朝鮮労働党創立75周年記念事業として平壌総合病院の建設開始を命じる一方[25]、COVID-19の北朝鮮国内での発症を否定し続けた。

金正恩は韓国での大発生の中での支援の表れとして、韓国大統領文在寅に書簡を送った[26]

3月21日、北朝鮮はドナルド・トランプ米国大統領が金正恩に書簡を送り、COVID-19への対処について喜んで協力すると表明したと述べた[27]

2020年5月8日、金正恩委員長は中国によるCOVID-19への対処を称賛する口頭親書を習近平総書記に送り[28]、翌9日に習近平総書記は金正恩委員長にCOVID-19への対処で支援すると返信した[29]

2020年7月26日、朝鮮中央通信は3年前に韓国へ脱出後、7月19日、違法に軍事境界線を越えて北朝鮮南西部の開城に戻った人物(脱北者)が新型コロナウイルスに感染した疑いがあることが判明し、開城を7月24日午後から完全封鎖(ロックダウン、都市封鎖)する措置を取ったと報じた[30][31]

これを受けて、金正恩臨席の下、朝鮮労働党中央委員会政治局非常拡大会議が開催され、「国家非常防疫システムを最大非常体制に移行させることに関する党中央委員会政治局の決定書」を全員一致で採択したことなどが発表された。

影響[編集]

韓国のメディアは、北朝鮮へのCOVID-19流行の広がりを示唆するニュースを共有したが、WHOはそのような主張の真実性を否定した。2020年2月18日、労働新聞は「これまでに確認された新しいコロナウイルスの症例は確認されていなかった」と公衆衛生局が引用した。WHOは北朝鮮への援助を優先した[32]

3月初旬、北朝鮮政府はCOVID-19の症例があったことを否定し続けた[33]

2月と3月に、米国当局は北朝鮮での軍事活動の減少が見られたことを発表した。これは、国内でCOVID-19事件が発生している兆候であると考えられている[3]。ロバート・B・エイブラムスは、北朝鮮軍が「約30日間封鎖された」こと、「24日間飛行機を操縦しなかった」ことに気づいた[3]

北朝鮮では新型コロナウイルスと経済制裁による財政難を受け、4月11日の朝鮮労働党政治局会議2003年以来17年ぶりとなる公債発行[34]を決定した。

4月27日、中国外務省の耿爽報道官は、必要になった場合の備えであると前置きして北朝鮮に新型コロナウイルスの検査キットを提供したと述べ、中国が北朝鮮に人民解放軍総医院(301病院)から専門家を派遣したとする報道についても否定しなかった[35]

脱北者が北朝鮮を脱出するのを支援する地下ネットワークは、ウイルスを阻止するために実施された厳格な統制の中でほとんど機能することができず、脱北の試みは中断された[36]。北朝鮮の金正恩と中国の習近平の政権下での治安の向上が原因で、不良率はすでに低下していた[36]

タイムライン[編集]

  • 2020年1月23日から、北朝鮮は外国人観光客を禁止した。[37]また、新義州市で疑わしい症例が確認され、検疫された[38]
  • 1月30日、北朝鮮の報道機関である朝鮮中央通信(KCNA)は緊急事態を宣言し、全国に流行防止本部を設置すると報告した[39]
  • 2月2日、KCNAは、1月13日以降に入国したすべての人々が「医療監督下」に置かれたと報告した[39]
  • 2月7日、韓国のメディアアウトレット、デイリーNKは、新義州市在住の5人の北朝鮮人が死亡したと主張した[40]。同日、コリアタイムスは首都平壌に住む北朝鮮人女性が感染したと報告した[41]。主張に関する北朝鮮当局による確認がないにもかかわらず、国はウイルスの蔓延と戦うためのより厳しい措置を実施した[42][43]
  • 2月20日から学校は閉鎖された[13]
  • 2月29日、金正恩は COVID-19が北朝鮮に広がるのを防ぐために取られるべきより強力な対策を要求した[44]
  • 3月14日、北朝鮮の国営メディアは、その領土で確認された症例はなかったと報告した[45]
  • 3月18日、金正恩は北朝鮮での新しい病院の建設を命じると同時に、北朝鮮でのCOVID-19の症例を否定し続けた。北朝鮮の国営メディアはまた、3月17日火曜日の前日に新しい病院の画期的な動きがあったと報じた。金正恩氏は、韓国の与党労働者党に関連する新聞にCOVID-19に言及することはなく、国民の医療制度の全般的な改善のために新しい病院の建設が行われていると伝えた[46]
  • 3月20日、北朝鮮のメディアは、2,590人以上が平壌北部と平壌南部で検疫から解放されたと述べた。隔離された3人を除くすべての外国人が解放された[14]

国内外のメディアによる報道[編集]

北朝鮮では、公には感染者は0と報道しているが、対策支援を韓国などの他国に求めている[47]。国外のメディアは北朝鮮の発表に疑義を挟む報道を行っており、例えば韓国のデイリーNKは、北朝鮮の新義州市にて2020年1月下旬に5人がCOVID-19が原因と思われる謎の高熱で死亡したが当局が箝口令を敷き隠蔽していると2月上旬に報じたことを皮切りに[48]、3月には朝鮮人民軍内で180人がCOVID-19により死亡し、3,700人が隔離されたことを軍の医局が最高司令部に報告したと報道している[49]ほか、現代朝鮮研究者で麗澤大学客員教授西岡力は、COVID-19による北朝鮮国内の死者が1万人を超えたという内部情報を3月下旬に得たとしている[50]

北朝鮮国内の報道としては、3月27日に北朝鮮の国営メディアが感染予防措置として約2,280人を医学的監視対象者として隔離が行われていると報道した[51]。連日北朝鮮では、世界各国の新型コロナウイルスの流行のニュースを報道している。海外出張から帰国した者と接触者、感染が疑われる症例がある者は30日間隔離し医学的観察を行っていると述べており、国内の感染者はいないことを繰り返し報道している。

デイリーNK発4月18日報道などによると、北朝鮮当局者が一般国民を対象にした講演で、平壌市と黄海南道、咸鏡北道で新型コロナウイルス感染者が発生したことを認めたことがわかった[52]

脚注[編集]

  1. ^ “South Korea says detected North Korea missile fire 'inapproriate' amid coronavirus” (英語). CNBC. (2020年3月21日). https://www.cnbc.com/2020/03/21/north-korea-fired-suspected-short-range-missiles-south-korea-says.html 2020年3月21日閲覧。 
  2. ^ a b c d “North Korea Bars Foreign Tourists Amid Virus Threat, Groups Say” (英語). Bloomberg.com. (2020年1月22日). https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-01-22/north-korea-bars-foreign-tourists-amid-virus-threat-groups-say 2020年3月21日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h Who Knows How Many Virus Cases North Korea Has. It Says Zero”. Bloomberg.com (2020年3月17日). 2020年3月20日閲覧。
  4. ^ Patel, Minal K. (2019年). “Progress Toward Regional Measles Elimination — Worldwide, 2000–2018” (英語). MMWR. Morbidity and Mortality Weekly Report. doi:10.15585/mmwr.mm6848a1. https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/68/wr/mm6848a1.htm 2020年3月21日閲覧。 
  5. ^ “Why North Korea's healthcare sector is better equipped than many believe”. NK News - North Korea News. (2020年3月20日). https://www.nknews.org/2020/03/why-north-koreas-healthcare-sector-is-better-equipped-than-many-believe/ 2020年3月21日閲覧。 
  6. ^ 详讯:朝鲜暂禁外国游客入境防控新型冠状病毒肺炎 韩联社(韩国联合通讯社), 2020-01-22.
  7. ^ 北朝鮮、中韓ロと交流遮断 新型肺炎に危機感強く 日本経済新聞, 2020-02-02.
  8. ^ 開城・南北連絡事務所の運営休止 新型肺炎終息まで=韓国当局 聯合ニュース
  9. ^ a b “Pandemics and Preparation the North Korean Way” (英語). 38 North. (2020年2月20日). https://www.38north.org/2020/02/eimaabrahamian022020/ 2020年3月21日閲覧。 
  10. ^ a b Shinkman, Paul D.. “North Korea Opens Borders to Aid Amid Coronavirus Threat”. https://www.usnews.com/news/world-report/articles/2020-03-13/north-korea-opens-borders-to-aid-amid-coronavirus-threat 2020年3月21日閲覧。 
  11. ^ ko:검사검역을 사소한 빈틈도 없게” (朝鮮語) (2020年3月9日). 2020年3月15日閲覧。
  12. ^ Joo, Jeong Tae (2020年3月18日). “Sources: N. Korea extends school closures until April 15”. Daily NK. https://www.dailynk.com/english/sources-north-korea-extends-school-closures-until-april-15/ 2020年3月21日閲覧。 
  13. ^ a b Joo, Jeong Tae (2020年2月21日). “N. Korea closes schools throughout the country for one month”. Daily NK. https://www.dailynk.com/english/north-korea-closes-schools-throughout-country-one-month/ 2020年3月21日閲覧。 
  14. ^ a b “COVID-19: North Korea releases quarantined people”. www.aa.com.tr. https://www.aa.com.tr/en/asia-pacific/covid-19-north-korea-releases-quarantined-people/1773332 2020年3月21日閲覧。 
  15. ^ “Russia Delivers Coronavirus Test Kits to North Korea”. (2020年3月12日). https://www.usnews.com/news/world-report/articles/2020-03-12/russia-delivers-coronavirus-test-kits-to-north-korea 2020年3月21日閲覧。 
  16. ^ 北朝鮮が支援金「痛みと試練、分かち合いたい」 新型肺炎 朝日新聞, 2020-02-02.
  17. ^ Sources: Five N. Koreans died from coronavirus infections Daily NK, 2020-02-07.
  18. ^ Coronavirus spreads to North Korea, woman infected The Standard, 2020/02/07.
  19. ^ 朝鮮労働党中央委政治局拡大会議 – 朝鮮中央通信、2020年2月29日配信。
  20. ^ “北朝鮮 キム委員長が新型ウイルスに強い警戒感”. NHK. (2019-2-29). オリジナルの2019-2-29時点におけるアーカイブ。. http://archive.ph/NkhQQ 2020年2月29日閲覧。 
  21. ^ “「流入なら深刻」金正恩氏、新型コロナに言及…不正で高官解任”. デイリーNKジャパン. (2019-2-29). https://dailynk.jp/archives/129839 2020年3月12日閲覧。 
  22. ^ “Missile tests and meetings: North Korea signals confidence in face of coronavirus” (英語). Reuters. (2020年3月23日). https://www.reuters.com/article/us-health-coronavirus-northkorea-analysi/missile-tests-and-meetings-north-korea-signals-confidence-in-face-of-coronavirus-idUSKBN21A0O7 2020年3月23日閲覧。 
  23. ^ ““新型ウイルス 北朝鮮軍の活動に影響” 駐韓米軍司令官”. NHK. (2019年3月14日). オリジナルの2019年3月14日時点におけるアーカイブ。. http://archive.ph/xVe6i 2019年3月14日閲覧。 
  24. ^ “新型ウイルス警戒か 北朝鮮キム委員長 首都離れ東部滞在の情報”. NHK. (2019年3月13日). オリジナルの2019年3月14日時点におけるアーカイブ。. http://archive.ph/7duc9 2019年3月14日閲覧。 
  25. ^ “金正恩氏が平壌総合病院の着工式で行った演説全文”. デイリーNKジャパン. (2019年3月19日). https://dailynk.jp/archives/130290 2020年3月30日閲覧。 
  26. ^ “Top U.S. Commander ‘Fairly Certain’ North Korea Has Virus Cases” (英語). Bloomberg.com. (2020年3月14日). https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-03-14/top-u-s-commander-fairly-certain-north-korea-has-virus-cases 2020年3月21日閲覧。 
  27. ^ “金正恩氏はトランプ氏に最近書簡を送っていない-北朝鮮外務省が談話”. ブルームバーグ. (2020年4月20日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-04-19/Q91XJXT1UM1201 2020年5月11日閲覧。 
  28. ^ 金正恩氏が習主席に親書 コロナ対策を称賛” (日本語). 日本経済新聞 (2020年5月8日). 2020年5月11日閲覧。
  29. ^ 「力の及ぶ限り支援」 習近平氏、金正恩氏に返信” (日本語). 日本経済新聞 (2020年5月9日). 2020年5月11日閲覧。
  30. ^ “北朝鮮「コロナ流入」で都市封鎖”. 共同通信. (2020年7月26日). オリジナルの2020年7月26日時点におけるアーカイブ。. http://archive.ph/IGJaX 2020年7月26日閲覧。 
  31. ^ “北朝鮮でコロナ感染者発生か 開城市を完全封鎖”. 日本経済新聞. (2020年7月26日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO61924960W0A720C2I00000?s=3 2020年7月26日閲覧。 
  32. ^ World Health Organization says there are 'no indications' of coronavirus cases in North Korea”. CNBC (2020年2月19日). 2020年2月19日閲覧。
  33. ^ Coronavirus: nearly 200 North Korea soldiers 'die from outbreak government refuses to acknowledge'”. South China Morning Post. 2020年3月10日閲覧。
  34. ^ “「公債買わない」と公言した鉱山主を処刑…北朝鮮の秘密警察”. デイリーNKジャパン. (2020年5月16日). https://dailynk.jp/archives/131472 2020年5月17日閲覧。 
  35. ^ 中国政府 北朝鮮に新型コロナ検査キット提供” (日本語). テレビ朝日 (2020年4月27日). 2020年5月11日閲覧。
  36. ^ a b “Group of North Korean women and children escape coronavirus lockdown”. www.ft.com. (2020年3月14日). https://www.ft.com/content/253d5ff0-63e9-11ea-b3f3-fe4680ea68b5 2020年3月21日閲覧。 
  37. ^ hermesauto (2020年1月21日). “North Korea to temporarily ban tourists over Wuhan virus fears, says tour company”. The Straits Times. 2020年1月22日閲覧。
  38. ^ N. Korea quarantines suspected coronavirus cases in Sinuiju”. Daily NK (2020年1月28日). 2020年1月30日閲覧。
  39. ^ a b Berlinger, Joshua; Seo, Yoonjung (2020年2月7日). “All of its neighbors have it, so why hasn't North Korea reported any coronavirus cases?”. CNN. https://edition.cnn.com/2020/02/06/asia/north-korea-wuhan-coronavirus-infection-intl-hnk/index.html 2020年2月7日閲覧。 
  40. ^ Jang Seul Gi (2020年2月7日). “Sources: Five N. Koreans died from coronavirus infections”. Daily NK. 2020年2月8日閲覧。
  41. ^ Coronavirus spreads to North Korea, woman infected”. The Standard (2020年2月7日). 2020年2月8日閲覧。
  42. ^ Nation steps up fight against novel CoV”. The Pyongyang Times. 2020年2月8日閲覧。
  43. ^ Work to Curb the Inflow of Infectious Disease Pushed ahead with”. Rodong Sinmun. 2020年2月8日閲覧。
  44. ^ “Kim warns of 'serious consequences' if virus spreads to N Korea”. al Jazeera. https://www.aljazeera.com/news/2020/02/kim-warns-consequences-virus-spreads-korea-200229061648473.html 
  45. ^ Kim, Stella; Hagen, Isobel (2020年3月14日). “North Korea claims it has no coronavirus cases”. NBC News. https://www.nbcnews.com/health/health-news/live-blog/coronavirus-updates-live-house-approves-coronavirus-aid-bill-n1158821/ncrd1158881#liveBlogHeader 2020年3月14日閲覧。 
  46. ^ “Kim Jong Un orders workers to build new hospitals as North Korea continues to claim no coronavirus cases”. Fox News. (2020年3月18日). https://www.foxnews.com/world/kim-jong-un-north-korea-hospital-coronavirus 
  47. ^ 「感染者ゼロ」としているけれど…… 北朝鮮、密かに新型コロナウイルスの緊急支援を求める、BUSINESS INSIDER
  48. ^ “北朝鮮「謎の高熱」で5人死亡、新型肺炎か不明も当局は隠ぺい”. デイリーNK. (2020年2月8日). https://dailynk.jp/archives/129393 2020年4月2日閲覧。 
  49. ^ “「焼くには数が多すぎる」北朝鮮軍、新型コロナで180人死亡の衝撃”. デイリーNK. (2020年3月11日). https://dailynk.jp/archives/130018 2020年4月2日閲覧。 
  50. ^ 西岡力 (2020年3月30日). “【第667回・特別版】死者1万人超か、北朝鮮でコロナ蔓延”. 公益財団法人国家基本問題研究所. 2020年4月2日閲覧。
  51. ^ 「医学的監視対象者」2280人余り 北朝鮮、新型コロナで隔離措置、TBSNEWS.2020年4月1日閲覧。
  52. ^ “「北朝鮮、初めてコロナ感染者発生を認める」米メディア報道”. デイリーNKジャパン. (2020年4月18日). https://dailynk.jp/archives/131009 2020年4月19日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]