義州郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
義州郡
位置
DPRK Pyongbuk-Uiju.PNG
各種表記
ハングル 의주군
漢字 義州郡
発音 ウィジュ=グン
日本語読み: ぎしゅうぐん
ローマ字転写 Ŭiju kun
テンプレートを表示

義州郡(의주군、ウィジュぐん)は、朝鮮民主主義人民共和国北西部の鴨緑江に面した行政区画。平安北道に属する。

地理[編集]

平安北道の北西部、鴨緑江沿いに位置する。北東に朔州郡、東に天摩郡、南に、西南に新義州市と隣接する。鴨緑江の対岸は中国九連城(現在は遼寧省丹東市振安区の一部)である。

行政区域[編集]

1邑・2労働者区・17里を管轄する。

  • 義州邑(ウィジュウプ)
  • 徳龍労働者区(トンリョンロドンジャグ)
  • 徳峴労働者区(トキョンロドンジャグ)
  • 金光里(クムグァンリ)
  • 大門里(テムンリ)
  • 台山里(テサンリ)
  • 大花里(テファリ)
  • 龍渓里(リョンゲリ)
  • 龍雲里(リョンウンリ)
  • 美松里(ミソンリ)
  • 三下里(サマリ)
  • 西湖里(ソホリ)
  • 水鎮里(スジンリ)
  • 於赤里(オジョンリ)
  • 燕武里(ヨンムリ)
  • 雲川里(ウンチョンリ)
  • 中端里(チュンダンリ)
  • 楸里(チュリ)
  • 春山里(チュンサンリ)
  • 弘南里(ホンナムリ)

歴史[編集]

日露戦争鴨緑江会戦当時の鴨緑江下流、義州周辺。新義州はまだできていない

現在の義州郡は1952年に成立したもので、それまでは現在の朔州郡天摩郡枇峴郡を含んでいた。歴史的には新義州も義州郡の一部であった。

古来より朝鮮半島の西北の関門であり、明代清代の朝鮮王朝の使節は義州と九連城の間で鴨緑江を渡渉していた。平安道の中心の一つであり、1895年には現在の平安北道一帯を管轄する義州府が置かれ、また1907年からの一時期に平安北道の道庁も置かれた。1905年京義線が開通し、1911年に鴨緑江に鴨緑江鉄橋が架かると、鉄道駅前に発達した新義州に地域の中心都市としての地位を譲った。

2002年4月には、鴨緑江の中洲に位置する西湖面など郡の一部が新義州特別行政区に指定された。

年表[編集]

この節の出典[1]

  • 1117年 - 義州防禦使が置かれる。
  • 1221年 - 咸新の名で呼ばれる。のち、義州となる。
  • 1269年 - の東寧府に属する。
  • 1366年 - 義州牧に昇格。
  • 1592年 - 義州府に昇格。
  • 1895年 - 二十三府制による義州府が設置される。
  • 1896年 - 平安北道義州郡となる(十三道制)。
    • 一部(光化面・楊上面・楊下面・楊西面・弥羅面)が龍川郡に編入。
  • 1905年 - 京義線が開通。
  • 1907年 - 平安北道観察使が寧辺から義州に移る。
  • 1914年4月1日 - 郡面併合により、平安北道義州府の中心地域(光城面の一部)が新義州府として分離、義州府の残りの部分が義州郡に改編。義州郡に以下の面が成立。(16面)
    • 州内面・義州面・古館面・松長面・水鎮面・古城面・古津面・古寧朔面・玉尚面・加山面・光城面・枇峴面・月化面・威遠面・広坪面・威化面
  • 1921年 - 平安北道庁が新義州府に移る。
  • 1929年4月1日 - 光城面・古城面の各一部が新義州府に編入。(16面)
  • 1931年4月1日 - 義州面が義州邑に昇格。(1邑15面)
  • 1941年4月1日 (1邑13面)
    • 光城面および古津面・古城面の各一部が新義州府に編入。
    • 古津面の残部が龍川郡楊光面に編入。
  • 1943年10月1日 (1邑12面)
    • 州内面が義州邑に編入。
    • 龍川郡楊光面の一部が枇峴面に編入。
  • 1944年5月10日 - 広坪面の一部が朔州郡九曲面の一部と合併し、朔州郡青水邑となる。(1邑12面)
  • 1945年(光復直後) - 義州邑が義州面に降格。(13面)
  • 1952年12月 - 郡面里統廃合により、平安北道義州郡義州面・古城面・松長面・水鎮面・威化面および古館面の一部、新義州市の一部地域をもって、義州郡を設置。義州郡に以下の邑・里が成立。(1邑20里)
    • 義州邑・台山里・正門里・煙下里・燕武里・大門里・金光里・雲川里・下端里・上端里・西湖里・龍雲里・弘南里・徳龍里・龍渓里・水鎮里・大花里・美松里・春山里・中端里・仙上里
  • 1954年 (1邑18里)
    • 仙上里および正門里の一部が新設の光城郡に編入。
    • 正門里の残部が下端里に編入。
  • 1961年 - 上端里・下端里が新義州市に編入。(1邑16里)
  • 1963年 - 徳龍里が徳峴労働者区に昇格。(1邑1労働者区15里)
  • 1972年 (1邑2労働者区15里)
    • 煙下里が煙下労働者区に昇格。
    • 龍雲里の一部が分立し、於赤里が発足。
  • 1974年 - 清城郡楸里・三下里を編入。(1邑2労働者区17里)
  • 1989年 (1邑2労働者区17里)
    • 煙下労働者区および弘南里の一部が合併し、新義州市光明区域煙下洞となる。
    • 西湖里の一部が分立し、新義州市光明区域多智里となる。
    • 徳峴労働者区の一部が分立し、徳龍労働者区が発足。
  • 1990年 - 水鎮里の一部が徳龍労働者区に編入。(1邑2労働者区17里)
  • 1992年 (1邑2労働者区17里)
    • 弘南里の一部が義州邑に編入。
    • 西湖里の一部が弘南里に編入。
  • 2002年9月12日 - 郡域の一部が新義州特別行政区に指定される。(1邑2労働者区17里)
    • 指定される地域は西湖里および弘南里・台山里の各一部である。

文化・観光[編集]

  • 白馬山城
  • 金剛寺

交通[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 평안북도 의주군 역사