雲田郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雲田郡
位置
DPRK Pyongbuk-Unjon.PNG
各種表記
チョソングル: 운전군
漢字: 雲田郡
片仮名転写: ウンジョン=グン
ローマ字転写 (MR): Unjŏn kun
統計
行政
国: 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
テンプレートを表示

雲田郡(ウンジョンぐん)は、朝鮮民主主義人民共和国平安北道の南部に位置する郡。

地理[編集]

清川江沖積平野である雲田平野に位置し、南は黄海に面する。東は博川郡、北に泰川郡、西に定州市と接する。

行政区画[編集]

1邑・25里を管轄する。

  • 雲田邑(ウンジョヌプ)
  • 嘉山里(カサンニ)
  • 観海里(クァネリ)
  • 九蓮里(クリョンニ)
  • 金鶏里(クムゲリ)
  • 大淵里(テヨンニ)
  • 大鰲里(テオリ)
  • 徳巌里(トガムニ)
  • 徳元里(トグォンニ)
  • 東三里(トンサムニ)
  • 東倉里(トンチャンニ)
  • 龍鳳里(リョンボンニ)
  • 宝石里(ポソンニ)
  • 鳳徳里(ポンドンニ)
  • 北一里(プギルリ)
  • 三光里(サムグァンニ)
  • 西三里(ソサムニ)
  • 松鶴里(ソンハンニ)
  • 新五里(シノリ)
  • 玉野里(オギャリ)
  • 雲田里(ウンジョンニ)
  • 雲河里(ウナリ)
  • 院西里(ウォンソリ)
  • 月峴里(ウォリョンニ)
  • 清亭里(チョンジョンニ)
  • 鶴山里(ハクサンニ)

歴史[編集]

かつては定州郡博川郡の一部。1952年12月の行政区画再編によって編成された。

年表[編集]

この節の出典[1]

  • 1952年12月 - 郡面里統廃合により、平安北道定州郡馬山面・大田面・古徳面・葛山面、博川郡龍渓面・西面および嘉山面・青龍面の各一部地域をもって、雲田郡を設置。雲田郡に以下の邑・里が成立。(1邑27里)
    • 雲田邑・五山里・黒麓里・光東里・逸海里・艾島里・細馬里・月峴里・徳元里・日新里・観海里・徳巌里・大鰲里・雲河里・院西里・清亭里・東倉里・新五里・玉野里・鶴山里・松鶴里・金鶏里・隠鳳里・五龍里・三光里・嘉山里・龍鳳里・北一里
  • 1953年 (1邑1労働者区25里)
    • 艾島里が艾島労働者区に昇格。
    • 北一里が博川郡に編入。
  • 1954年10月 (1邑29里)
    • 五山里・黒麓里・光東里・逸海里・細馬里・艾島労働者区および五龍里・隠鳳里・日新里の各一部が定州郡に編入。
    • 博川郡宝石里・九蓮里・嶺美里・西三里・鳳徳里・東三里・三峯里・青龍里・大淵里・三和里・北一里を編入。
    • 雲田邑が雲田里に降格。
    • 隠鳳里の残部が清亭里に編入。
    • 五龍里の残部が三光里に編入。
    • 松鶴里・金鶏里の各一部が鶴山里に編入。
    • 鶴山里の一部が松鶴里に編入。
    • 嶺美里および宝石里の一部が合併し、雲田邑が発足。
  • 1958年6月 (1邑25里)
    • 日新里が定州郡に編入。
    • 三和里・三峯里・青龍里が博川郡に編入。

交通[編集]

鉄道[編集]

脚注[編集]


外部リンク[編集]