東林郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東林郡
位置
DPRK Pyongbuk-Dongrim.PNG
各種表記
ハングル 동림군
漢字 東林郡
発音 トンニム=グン
ローマ字転写 Dongrim-gun
テンプレートを表示

東林郡(トンニムぐん)は朝鮮民主主義人民共和国平安北道に属する郡。

地理[編集]

平安北道南部に位置し、南は黄海に面する。東に宣川郡、北に天摩郡、西に塩州郡鉄山郡と境を接する。

行政区画[編集]

1邑・2労働者区・20里を管轄する。

  • 東林邑(トンニムプ)
  • 新谷労働者区(シンゴンノドンジャグ)
  • 五峯労働者区(オボンノドンジャグ)
  • 古軍営里(コグニョンニ)
  • 南三里(ナムサムニ)
  • 龍山里(リョンサンニ)
  • 龍淵里(リョンヨンニ)
  • 磨星里(マソンニ)
  • 保聖里(ポソンニ)
  • 付皇里(プファンニ)
  • 山城里(サンソンニ)
  • 三成里(サムソンニ)
  • 上寿里(サンスリ)
  • 雁山里(アンサンニ)
  • 月谷里(ウォルコンニ)
  • 月安里(ウォランニ)
  • 殷峯里(ウンボンニ)
  • 仁豆里(インドゥリ)
  • 仁豊里(インプンニ)
  • 蚕峯里(チャムボンニ)
  • 清江里(チョンガンニ)
  • 青松里(チョンソンニ)
  • 豊川里(プンチョンニ)

歴史[編集]

1952年の北朝鮮の地方行政区画再編により、宣川郡鉄山郡の一部が分割されて東林郡(1邑24里)が編成された。

年表[編集]

この節の出典[1]

  • 1952年12月 - 郡面里統廃合により、平安北道宣川郡深川面・龍淵面および水清面・新府面の各一部、鉄山郡站面および余閑面の一部地域をもって、東林郡を設置。東林郡に以下の邑・里が成立。(1邑24里)
    • 東林邑・鶴峴里・牧使垈里・雁山里・山城里・清江里・月谷里・付皇里・仁豆里・磨星里・三成里・保鷹里・保聖里・仁豊里・龍淵里・上寿里・殷峯里・五峯里・東川里・柳亭里・月安里・蚕峯里・龍山里・新谷里・豊川里
  • 1953年 - 新谷里が新谷労働者区に昇格。(1邑1労働者区23里)
  • 1954年 (1邑1労働者区23里)
    • 東林邑が古軍営里に降格。
    • 東川里・柳亭里および龍山里・五峯里の各一部が合併し、東林邑が発足。
    • 枇峴郡南三里を編入。
  • 1958年 - 鶴峴里が牧使垈里に編入。(1邑1労働者区22里)
  • 1967年4月 - 新谷労働者区が豊川里、鉄山郡加峯労働者区に分割編入。(1邑22里)
  • 1967年10月 - 豊川里の一部が鉄山郡加峯労働者区の一部と合併し、新谷労働者区が発足。(1邑1労働者区22里)
  • 1972年 - 保鷹里が保聖里・上寿里・殷峯里・仁豊里に分割編入。(1邑1労働者区21里)
  • 1981年 - 牧使垈里が青松里に改称。(1邑1労働者区21里)
  • 1988年 - 五峯里が五峯労働者区に昇格。(1邑2労働者区20里)

交通[編集]

鉄道[編集]

文化・観光[編集]

  • 東林瀑布
関西八景の一つ。

脚注[編集]

外部リンク[編集]