中東呼吸器症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中東呼吸器症候群(ちゅうとうこきゅうきしょうこうぐん、英語: Middle East respiratory syndrome, MERS マーズ)とは、MERSコロナウイルスにより引き起こされる感染症2012年に、中東へ渡航歴のある症例から発見された新種のコロナウイルスによる感染症であり、ロンドンで発見された[1][2][3]2015年には韓国で感染例、および、感染の拡大が認められていることから世界保健機関(WHO)は「緊急の注意を喚起する警告」を発した[4][5]

概要[編集]

感染すると2〜15日の潜伏期を経たのち、重症の肺炎下痢腎障害などを引き起こす激病。また、この感染症の原因となるMERSコロナウイルスの感染源はラクダであると報道された[6]

日本では2014年7月16日政令により指定感染症に指定された[7]。2015年1月には(病原体がMERSコロナウイルスである場合)2類感染症に指定され、全ての医師に対して、全ての患者の発生について保健所に届出を行うことが義務付けられている[8]

流行事例[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]