プレイステーション クラシック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
PlayStation > プレイステーション クラシック
プレイステーション クラシック
メーカー ソニー・インタラクティブエンタテインメント
発売日 世界の旗 2018年12月3日
対応メディア ゲーム20本内蔵
対応ストレージ セーブ機能搭載
コントローラ入力 専用コントローラー
テンプレートを表示
プレイステーション クラシック

プレイステーション クラシック」(PlayStation Classic)は1990年代に発売された家庭用ゲーム機プレイステーション」の復刻版で、ソニー・インタラクティブエンタテインメント (SIE) が2018年12月3日に世界同時発売した[1][2]

概要[編集]

1994年に発売された初代プレイステーションの復刻版で、同ゲーム機と外見はほぼ同じだが小型化されている。また、ソフトは元々20本が内蔵(日本版と国外版で収録タイトルは一部異なる)され、追加などはできない[3]

各国のレーティングCEROD(17才以上対象)[4][注 1]ESRBM (17歳以上)[5]

コントローラ端子を2つ備えており[6]、専用コントローラが2つ同梱される。コントローラは初期型(日本で当時販売されたものよりグリップが若干長い)でありアナログスティックおよび振動機能(DUALSHOCK)は無い。映像出力用にHDMI端子があり、HDMIケーブルも同梱される[3]。電源はマイクロBタイプのUSB端子から給電し、マイクロBタイプのUSBケーブルが同梱される、ただし、ACアダプターは付属されていないため、スマートフォンの急速充電などに使われる5V/1.0A/5W以上の出力ができるUSBのAコネクタに電源供給が可能なアダプターが必要となる[注 2]。なお前面にメモリーカードスロット、背面にパラレル入出力端子のカバーを模した突起があるが、これは初代モデルのデザインを再現したものであり実際にはスロットや端子はない。

エミュレーションにはオープンソースのエミュレータPCSXのReARMed branchが採用された[7]

出力解像度は720p/480pで、PlayStation 3でのPS1ソフト使用時と同程度のアップコンバートがかかる。ロード時間は実機と同程度[8]

ゲームのセーブデータは本体内にある仮想メモリーカードを使用する(各ゲーム毎に分かれているが、日本版に収録されている『アークザラッド』のみ『I』と『II』で共用)ほか、ゲーム毎に中断ポイントが1つ設定できる[8]

2019年7月にはBest BuyAmazon.comで24.99ドル(当初価格の約1/4)で投げ売りされるなど、同時期に発売された縮小復刻ゲーム機としては異例の不人気機種となった[9]

収録ソフト[編集]

世界共通で収録されるタイトルと地域ごとに異なるタイトルが含まれる。以下日本版[10]および国外版[5]に収録されるタイトルを掲載する。

★は日本版に収録されているタイトルのうち、日本国内でゲームアーカイブス版が未配信のタイトル。

タイトル 日本国外版タイトル 日本発売日 日本発売元[注 3] 備考
アークザラッド Arc the Lad 1995年6月30日 ソニー・コンピュータエンタテインメント 国外版未収録
アークザラッドII Arc the Lad II 1996年11月1日 ソニー・コンピュータエンタテインメント 国外版未収録
ARMORED CORE Armored Core 1997年7月10日 フロム・ソフトウェア 国外版未収録
R4 RIDGE RACER TYPE 4 R4: Ridge Racer Type 4 1998年12月3日 ナムコ
I.Q Intelligent Qube Intelligent Qube 1997年1月31日 ソニー・コンピュータエンタテインメント
GRADIUS外伝 Gradius Gaiden 1997年8月28日 コナミ 国外版未収録
XI [sái] Devil Dice 1998年6月18日 ソニー・コンピュータエンタテインメント 国外版未収録
サガ フロンティア SaGa Frontier 1997年7月11日 スクウェア 国外版未収録
Gダライアス G-Darius 1998年4月9日 タイトー 国外版未収録
JumpingFlash! アロハ男爵ファンキー大作戦の巻 Jumping Flash! 1995年4月28日 ソニー・コンピュータエンタテインメント
スーパーパズルファイターIIX Super Puzzle Fighter II Turbo 1996年12月6日 カプコン
鉄拳3 Tekken 3 1998年3月26日 ナムコ
闘神伝 Battle Arena Toshinden 1995年1月1日 タカラ
バイオハザード ディレクターズカット Resident Evil: Director's Cut 1997年9月25日 カプコン
パラサイト・イヴ Parasite Eve 1998年3月29日 スクウェア 国外版未収録
ファイナルファンタジーVII インターナショナル Final Fantasy VII 1997年10月2日 スクウェア
ミスタードリラー Mr. Driller 2000年6月29日 ナムコ
女神異聞録ペルソナ Revelations: Persona 1996年9月20日 アトラス
METAL GEAR SOLID Metal Gear Solid 1998年9月3日 コナミ
ワイルドアームズ Wild Arms 1996年12月20日 ソニー・コンピュータエンタテインメント
クールボーダーズ2 Cool Boarders 2 ウエップシステム 日本版未収録
デストラクション・ダービー Destruction Derby ソニー・コンピュータエンタテインメント 日本版未収録
グランド・セフト・オート Grand Theft Auto シスコンエンタテイメント 日本版未収録
エイブ・ア・ゴーゴー Oddworld: Abe's Oddysee ゲームバンク 日本版未収録
レイマン Rayman ユービーアイソフト 日本版未収録
サイフォンフィルター Syphon Filter スパイク 日本版未収録
レインボーシックス Tom Clancy's Rainbow Six シスコンエンタテイメント 日本版未収録
ツイステッドメタル Twisted Metal ソニー・コンピュータエンタテインメント 日本版未収録

周辺機器[編集]

型番 名称 備考
SCPH-1000RJ PlayStation Classic 本体
専用コントローラー 本体に2つ同梱。
CUHJ-15002 HDMIケーブル PlayStation 3PlayStation Vita TVPlayStation 4と共用。本体に1つ同梱。
USBケーブル マイクロUSB規格。本体に1つ同梱。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ バイオハザード ディレクターズカット』のゲームアーカイブスにて追加されたレーティングが該当。
  2. ^ 正規の利用法ではないが、ニンテンドークラシックミニ用のACアダプターの定格は近値なので流用できる。
  3. ^ タイトル発売当時の名称。

出典[編集]

  1. ^ 【詳細情報追記】ミニPS登場! “プレイステーション クラシック”が12月3日発売決定! 『FFVII』『R4』などPSの名作20本を収録 ファミ通.com 2018年9月19日
  2. ^ 初代PSタイトル20作品収録!「プレイステーション クラシック」12月3日発売決定 Watch Impress 2018年9月19日
  3. ^ a b 小さくなった「プレイステーション」に懐かしの20作品内蔵。「プレイステーション クラシック」12月3日発売 PlayStation.com 2018年9月19日
  4. ^ 日本語版公式サイトより
  5. ^ a b PlayStation Classic”. SIE US. 2018年11月1日閲覧。
  6. ^ 先端の形状そのものはUSB 2.0規格を採用。
  7. ^ Open Source Software Used in PlayStation®Classic”. 2018年12月8日閲覧。
  8. ^ a b PSクラシック徹底レビュー! ディスク入れ替えやデータ引き継ぎ、メモカの仕様など気になる点を総チェック!”. ファミ通.com (2018年11月8日). 2018年11月9日閲覧。
  9. ^ 価格崩壊のプレイステーション クラシック、米Amazonで約2700円に下落。当初価格の75%引き”. Engadget 日本語版 (2019年7月4日). 2019年9月26日閲覧。
  10. ^ 「プレイステーション クラシック」11月3日(土)より一般予約開始 ~内蔵ソフトウェア全20本発表、10月30日(火)よりPlayStation®Plus加入者限定抽選先行予約の当選連絡開始~”. ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2018年10月29日). 2018年10月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]