レイマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

レイマンRayman)はユービーアイソフトのゲームのキャラクターであり、同社のマスコットである。

概要[編集]

1992年にグラフィックデザイナーのMichel Ancelによって生み出された。海外では一定の認知度を得ており、コンスタントにシリーズ作品が作られている。

日本では1995年から2001年にかけてレイマンシリーズのタイトルがリリースされたが、伝統的に海外製ゲームが受け入れられ難い市場であることもあり知名度は得られず、結果レイマンシリーズの日本市場におけるリリースは中止される事となる。その後2006年に日本にけるソフトラインナップに久しぶりのレイマンの新作が発表されたが、日本版タイトルには「レイマン」の名は付けられず『ラビッツ・パーティー』に変更された。

2012年、発売元のユービーアイソフトの創業25周年記念作品として、日本においても再び「レイマン」の名を冠する作品『レイマン オリジン』が発売された。

メインシリーズ作品[編集]

レイマンPSSS、PC)
プレイステーション1995年9月22日発売, 5,800円(税別)
セガサターン1995年11月17日発売, 5,800円(税別)
PSP / PS3 / PS Vitaゲームアーカイブス / 2012年4月11日配信 617円(税込)
開発元:Ubisoft Montpellier 、Digital Eclipse
アメリカ版タイトル "Rayman"
海外ではWindows、GBCGBADSアタリ ジャガー向けにも発売。
レイマン海賊船からの脱出 (DC)
2000年3月23日発売, 6,090円(税込)
開発元:Ubisoft
アメリカ版タイトル " Rayman 2: The Great Escape"
海外ではNintendo 64、Windows、DS、ニンテンドー3DS向けにも発売 ※セガサターン版は発売中止
※Nintendo 64版は日本でもリリース予定があったが、発売中止になっている。
iOSではGameloftが配信。(現在は配信停止)
レイマン ミスター・ダークの罠(GBC
2000年3月24日発売, 4,800円 (税別)
ニンテンドー3DSバーチャルコンソール / 2012年7月25日配信 617円(税込)
開発元:Ubisoft Montpellier 、 Ubisoft Paris、Gameloft
アメリカ版タイトル " Rayman 2: The Great Escape"
レイマン レボリューション(PS2
2001年5月31日発売, 6,800円(税別)
開発元:Ubisoft
アメリカ版タイトル " Rayman Revolution"
レイマン海賊船からの脱出をリメイクしたもの。
レイマン オリジン(PS3PS Vita3DS
(PS3版、PS Vita版 2012年4月12日発売, 2,500円(税別)
3DS版 2012年7月19日発売, 2,500円(税別)※一度発売日が変更されている。
開発元:Ubisoft Montpellier
アメリカ版タイトル " Rayman Origins"
海外ではWii、Xbox 360向けにも発売。
PS3版、PS Vita版は体験版が配信中。
レイマン ジャングル ラン(iOSAndroidWindows RT
2012年7月19日発売, 250円
開発元:Ubisoft Montpelier、Pastagames
アメリカ版タイトル "Rayman Jungle Run"
レイマン レジェンドWii UPS3Xbox 360PS VitaWindows
2013年10月17日発売, 5,985円(税込)
販売:任天堂(Wii U版)
開発元:Ubisoft Montpelier、任天堂(Wii U版)
アメリカ版タイトル "Rayman Legends"
発表当初はWii U独占だったが、『ZombiU』の販売不振を受けて撤回し、PS3やXbox 360も含めたマルチ展開が発表されている。[1][2]
レイマン フィエスタ ラン(iOSAndroidWindows RT)
2013年11月7日発売, 360円
開発元:Ubisoft Montpelier
アメリカ版タイトル "Rayman Fiesta Run"
レイマン クラシック (iOSAndroid)
2015年10月19日発売, 600円(税込)
開発元:
アメリカ版タイトル "Rayman Classic"
レイマン生誕20周年記念として配信された作品。
一作目の移植。
レイマン アドベンチャー(iOSAndroid
2015年12月3日発売, 無料
開発元:Ubisoft Montpelier
アメリカ版タイトル "Rayman Adventures"
レイマン生誕20周年記念として配信された作品

ラビッツ作品[編集]

ラビッツ・パーティー(Wii)
2006年12月14日発売,
開発元:Ubisoft Montpelier
アメリカ版タイトル "Rayman Raving Rabbids"
ラビッツ・パーティー リターンズ(Wii)
2007年12月6日発売,
開発元:Ubisoft Montpelier
アメリカ版タイトル "Rayman Raving Rabbids 2"
ラビッツ・パーティーTVパーティー(Wii、DS)
2009年1月22日発売,
開発元:Ubisoft Montpelier
アメリカ版タイトル " Rayman Raving Rabbids: TV Party"
ラビッツ・ゴー・ホーム(Wii)
2009年11月26日発売,
開発元:Ubisoft Montpelier
アメリカ版タイトル " Rabbids Go Home'"
ラビッツ・パーティータイム・トラベル(Wii、3DS
2011年1月27日発売,
開発元:Ubisoft Montpelier
アメリカ版タイトル " Raving Rabbids: Travel in Time"
Rabbids Alive & Kicking(Xbox360)
日本未発売
開発元:Ubisoft Montpelier
アメリカ版タイトル " Raving Rabbids: Alive & Kicking"
Rabbids Rumble(3DS
日本未発売
開発元:Ubisoft Montpelier
アメリカ版タイトル " Rabbids Rumble"
ラビッツランド(Wii U)
2013年6月6日発売,
開発元:Ubisoft Montpelier
アメリカ版タイトル " Rabbids Land"

サブシリーズ作品[編集]

  • Rayman Rush(日本未発売、PS)
  • Rayman Brain Games(日本未発売、PS)
  • Rayman Junior(日本未発売、PS、PC)
  • Rayman 3: Hoodlum Havoc(日本未発売、GC、PS2)
  • Rayman 3 HD (PS3、Xbox 360)
  • Rayman Arena(日本未発売、PS2、GCXbox
  • Rayman Golf(携帯電話
  • レイマン(pocket PC

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Andy Robinson (2013年2月7日). “Rayman Legends announced for Xbox 360, PS3” (英語). ComputerAndVideoGames.com. 2013年4月30日閲覧。
  2. ^ Ubisoft CEO「『ZombiU』は収益化できなかった、続編は白紙」” (日本語). t011.org (2013年7月9日). 2014年12月3日閲覧。

外部リンク[編集]