スプラッターハウス PARTII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スプラッターハウス PARTII
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 メガドライブ
開発元 ナウプロダクション
発売元 ナムコ
プロデューサー PAPAYA PAYAPAYA
ディレクター 100 TARO
プログラマー おおほりはるお
音楽 金田栄子
美術 A CHAN
GYOEE〜! MIYACHAN
ながやまたいじ
シリーズ スプラッターハウスシリーズ
人数 1人
メディア 8メガビットロムカセット[1]
発売日
  • 日本 1992年8月4日
  • アメリカ合衆国 1992年8月3日 (1992-08-03)
  • ヨーロッパ 1992年10月8日
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
ESRBM(17歳以上)
PEGI12
OFLC:M
コンテンツ
アイコン
暴力
その他 型式:
  • 日本 T-14143
  • アメリカ合衆国 T-14076
  • ヨーロッパ 1061
テンプレートを表示

スプラッターハウス PARTII』 (SPLATTER HOUSE PARTII) は、1992年にナムコ(後のバンダイナムコゲームス)からアーケードゲームスプラッターハウス』の家庭用オリジナル続編としてメガドライブで発売されたアクションゲームである。

なお、2008年7月1日よりWiiバーチャルコンソールで配信されている。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

前作と同じく横スクロールアクション。ライフ数はノーマル(標準難易度)で通常(最大)は5つ。ステージクリアするごとに2つだけ回復出来る。難易度設定により最大ライフ数、回復数は異なる。

残機数はゲームスタート時は3つから始まり、スコアにより最初は2万点で1UP、以降は5万点ごとに1UPでき、最大4つまで増やせる。制限コンティニュー制。なお、難易度によってゲームクリア後に表示されるプレイヤーへの賞賛メッセージが変化する。


操作方法[編集]

十字キー左右
リックの移動。
十字キー下
リックがしゃがんだり、下に落ちているアイテムを拾う。
十字キー上
壁にかけてあるアイテムを取る。今作では一回しか使う機会はない。
Bボタン
ジャンプ。
Aボタン(またはCボタン)
リックが何も持っていない時はパンチ。アイテムを持っている時はそれを使う。
十字キー下+Aボタン
キック。
Bボタン+Aボタン
ジャンプキック。
Bボタン+十字キー下+Aボタン
ジャンプ後、着地寸前に十字キー下(または斜め下)+Aボタンで攻撃力の高いスライディングキックが出来る(ただしジャンプ中の滞空時間が短いと出来ない)。また、着地した瞬間に左(向きが反対の場合は右)に十字キーを動かすと反対方向にスライディングキックを繰り出せる。

アイテム[編集]

鉄パイプ
デッドマンを壁に叩きつける。
巨大な骨。振り下ろしてデスノイドαを一撃で叩き潰せる。
ハサミ
投げつけて使用する。最初はイーヴィルヘッドに操られており、リックに襲い掛かってくるので、攻撃して叩き落さなければならない。
チェーンソー
振り下ろして敵を切り裂く。ハサミ同様、最初は襲ってくる。ブランデッドに有効。
オール
デッドマンを湖へ吹っ飛ばす。
ダムデッドの頭蓋骨
ダムデッドの頭だけが残ったもの。特定のダムデッドを倒せば入手出来る。投げつけて使用する。攻撃力は高くはないが、敵に当てると高いスコアが得られる。
ショットガン
装弾数は8発。唯一壁にかけてある武器で、今作では1丁のみ登場。デスノイドαに有効。
フラスコ
実験用の液体が入ったフラスコ。投げつけて使用する。敵に当たると燃え上がり、焼き尽くす。マッドデッドを倒すことが出来る唯一の武器。
毒針
ヘルテンタクルズが飛ばしてくる毒針。叩き落して、投げ返す事が出来る。

ステージ構成[編集]

全8ステージ。

STAGE1  焼け跡
三ヶ月前の業火により廃墟と化した旧ウエスト館。再びこの地を訪れたリックに、生き残りのデッドマンやボディイーター達が襲い掛かる。
STAGE2  エレベーター、地下道
“隠された館”への唯一の道である地下道。しかし、そこは新種の実験体デスノイドの巣窟と化していた。
STAGE3  川、スローターハウス
腐臭の漂う川のほとり。そこではデスノイドをも餌食にする鬼魚フライングファングがリックに襲い掛かる。
STAGE4  橋、島
亡霊やゾンビが徘徊する島。館入り口では、ウエスト博士の恐るべき研究の産物、メタモールがリックの前に立ちはだかる。
STAGE5  新ウエスト館(廊下、図書室、培養室、下水道、研究室)
“隠された館”は、あらゆる物に生命を持たせた魔性窟と化していた。研究室ではおぞましき実験体たちの創造主、ウエスト博士がついに姿を現す。
STAGE6  祭壇
ついに祭壇へとたどり着き、“復活の秘儀”の呪文を唱えるリック。しかし・・・。
STAGE7  死の世界
亡者たちに再び死の世界へ引き戻されたジェニファーを追うために、リック自らも死の世界へ飛び込む。
STAGE8  崩壊する館(エレベーター)、湖、最後の戦い
無事ジェニファーを救出し、死の世界から脱出したリック。しかし、封印の解けた空間の歪みは、館を崩壊させはじめた。

日本国外版[編集]

日本国外では「SPLATTER HOUSE 2」の題で出されており、以下の変更点が存在する。

  • リックのヘルマスクが日本歌舞伎役者が被るようなデザインから頭蓋骨を漠したものに変更されている。それに合わせてステージ間のデザインも変更された。マニュアル内の一部のゲーム画面説明やリックのイラストは何故か日本国内のものを流用している。
  • ステージ間のアイキャッチで出る状況の説明文の英語が日本語版とフォントが違っている。更に文字サイズも若干大きい。
  • ライフ数が最大で4つになっている。難易度変更時のライフ最大数も日本版とは異なる他、ステージクリア時は全快するようになっている。
  • パスワードコンティニュー制になっている。パスワードはゲームオーバー時に表示される。
  • BGMの音色が国内版と異なっている。

ストーリー[編集]

あの惨劇から三ヶ月。リックは恋人ジェニファーを救えなかったばかりに、悪夢に悩まされ続けていた。そんな彼の目の前に、あの忌まわしいヘルマスクが再び姿を現した。

ヘルマスク…。それは不滅の魂を宿し、過去あまたのものに力を与えし仮面。あの悪夢の引き金ともいえる呪われた仮面である。

「ジェニファーは死んではいない。彼女を助けたければ、あの呪われし場所を再び訪れるのだ。そして “隠された館” を探すのだ。館にたどり着けば、すべての魂を解放する “復活の秘儀” を見つけられるだろう。さあ、再び私が力を貸そう。お前がそれを望むならな。」

リックの脳裏をすべての過去が通り抜けた。もはやリックにはジェニファーを救い出すことしか見えていなかった。そして、その古代の仮面をゆっくりと自分の額へ押し当てた。

キャラクター[編集]

リック・テイラー (Rick Taylor)
主人公。ヘルマスクの力を再び借り、記憶の奥底に永遠に封じ込めるはずだった、呪われし地へ再び足を踏み入れる。恋人ジェニファーを救う唯一なる手段である『復活の秘儀』をこの手にするために。
ジェニファー・ウィルス (Jennifer Willis)
リックの恋人。前作の戦いで怪物と化し、死亡したと思われていたが…。
ヘルマスク (Hell Mask)
呪われた仮面の精霊。再びリックに力を与える。

敵キャラクター[編集]

雑魚モンスター[編集]

デッドマン (Dead Man)
下級の実験体。三ヵ月前の業火により、全身は醜く焼け爛れている。まともに動けるのは数体のみで、ボディイーターに寄生されているものもいる。体色が赤と青の2種類が存在する。
ボディイーター (Body Eater)
前作にも登場した死肉をあさる巨大な。三ヶ月前の業火により全身は醜く焼け爛れている。デッドマンの身体を喰い破って飛びかかってきたり、天井から落ちてきて噛みついてくる。噛みつかれた場合は前作同様キックで反撃しないと連続でダメージを受ける。天井に潜んでいるものはリックの行動次第では襲ってこない。
デスノイド (Death Noid)
上級の部類に分けられる実験体。緑色で高いジャンプ力を持ち、奇声を発しながらリーチの長い爪で攻撃してくる。
デスノイドα (Death Noid α)
紫のデスノイド。耐久力があり、最も多く登場する。
デスノイドβ (Death Noid β)
クリーム色のデスノイド。培養カプセルを破壊して襲ってくる。最も耐久力が高い。
マッドデッド (Mad Dead)
ヘドロ状のモンスター。ゆっくりと前進してくる。通常の攻撃で一時的に行動不能には出来るが、特定のアイテムを使わなければ倒すことは出来ない。体色が緑と紫の2種類が存在し、紫のマッドデッドはヘドロを吐いて攻撃してくる上、復活するスピードが非常に早く、液状で素早く移動してくるなどかなり手強い。
ヘルヘッド (Hell Head)
死の世界の下級住人。空中を飛ぶ頭蓋骨の様な敵で、数で襲ってくる。
フライングファング (Flying Fang)
鋭い牙を持つトビウオの化け物。元は魚だったが、実験に使われた液体が川に流れ込み、獰猛な新種を創り上げたもの。水中から飛び出し喰らい付いてくる。喰い付かれた場合の対処はボディイーターと同じ。
ブランデッド (Bran Dead)
「スローターハウス」に捕らわれた哀れな実験体の末路。小屋の意思のままに吊り下げられ、束縛されている。天井の穴から出現し、毒液を吐いて攻撃してくる。
ダムデッド (Dam Dead)
彷徨う霊魂がゾンビの姿で実体を得たもの。集団で襲ってくるが、動きは鈍く、弱い。地下通路(ステージ4&5に設置されている穴に落ちた先)に登場するタイプはリビングデッド(Reving Dead)と呼ばれ、耐久力があり、動きもやや素早い。また、上半身だけで向かってくることもある他、通路内のトラップを操作している者もいる。
エクトプラズム (Ectoplasm)
浮遊する亡霊。触れてもダメージは無いが、取り憑かれてしまい一定時間リックの左右の操作が逆になってしまう。見た目とは裏腹に耐久力は雑魚敵の中で最も高く、大量に出現する。
ダークネール (Dark Neil)
前作に登場した手首のモンスター「ウッディ」が進化したもの。外見はあまり変化が無いが、鋭い爪が生えており、足元から襲ってくる。
ゴートヘッド (Goat's Head)
壁に架けられた山羊の剥製が意思を持ったもの。毒液を吐く。破壊不可能なオブジェクト扱い。

ボスモンスター[編集]

デッドマンファット (Dead Man Fat)
ステージ1ボス。食欲の権化と化したデッドマンの亜種。巨大で、毒液を吐いて攻撃してくる。
デーモンフェイス (Demon Face)
ステージ2ボス。巨大な顔の悪魔。ヘルヘッドを召喚したり、デーモンブレスと呼ばれる怨念の塊を吐き攻撃してくる。目が弱点。
イーヴィルヘッド (Evil Head)
ステージ3ボス。「スローターハウス」の中枢で、小屋内の全てのものを操る肉塊。強力な念動力でハサミ、チェーンソー、ブランデッド達を操り、リックに攻撃を仕掛けてくるが、イーヴィルヘッド自体は弱い。
メタモール (Meta Mall)
ステージ4ボス。第一の肉体が滅ぶと、ただちに第二の肉体へと瞬間的な細胞変化を行う生命体。最初は人型で、スライディングキックで攻撃してくるが、ある程度ダメージを与えると、クモの様な第二形態へと変身し、突進してきたり、跳びかかって攻撃してくる。
ウエスト博士 (Dr.West)
ステージ5ボス。前作で既に死亡していたと思われていたが、実は自らをゾンビ化させ、おぞましい研究を続けていた狂気の科学者。マッドデッドに護衛させ、自らは逃げながら爆炎を起こすフラスコと、マッドデッドが入ったフラスコの2種類を投げつけて攻撃してくる。だが追い詰められると何も出来ない。またフラスコはパンチやキック等で破壊できる。ゲームの説明書には紹介されておらず、「ドクター・ウエスト」と名前のみが記載されている。
名称不明 (Unknown)
ステージ6ボス。死の世界の入り口から現れる手首や生首の様な不気味な小型の化け物で、次々とリックに襲い掛かる。ウエスト博士同様、ゲームの説明書には紹介されていない。
デスクリスタル (Death Crystal)
ステージ7ボス。ジェニファーを捕らえている水晶。光の弾や雷で攻撃してくる。
邪神 (False god)
デスクリスタルを破壊した事により封印が解かれた忌まわしき神。リックとジェニファーを追ってくる。倒せない障害物扱い。
ヘルテンタクルズ (Hell Tentacluz)
巨大なタコの化け物。ステージ8のボスで、毒針を飛ばして攻撃してくる。弱点は目で、それ以外は何の攻撃も受けつけない。最初はステージ4前半に登場し、この時は毒針は飛ばしてこないが無敵で、橋を破壊しながらリックを追いかけてくる。
忌まわしき神々のしもべ (abominations of the gods)
最終ボス。死の世界から解き放たれた巨大な肉塊の様な化け物で、様々な生首を放ち攻撃してくる。ある程度ダメージを与えるとコウモリ型の本体が姿を現し、飛び回る。

他機種版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 スプラッターハウス PARTII
  • 日本 2008年7月1日 (2008-07-01)
  • アメリカ合衆国 2008年8月4日
  • ヨーロッパ 2008年8月8日
Wii
バーチャルコンソール
ナウプロダクション ナムコ ダウンロード - -

スタッフ[編集]

  • グラフィック・デザイナー:A CHAN、GYOEE〜! MIYACHAN、ONI TAIJI(ながやまたいじ)
  • 音楽:MILKY EIKO(金田栄子)
  • サウンド・プログラマー:SENKAN KIYOSHI(前川征克 )
  • サブ・プログラマー:BIG & BLACK
  • スペシャル・サンクス:KEN LOBB、JIM CURRY
  • マイン・プログラマー:PORI2 PORITAN!(おおほりはるお)
  • プロデューサー:PAPAYA PAYAPAYA
  • ディレクター:100 TARO

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 21/40点 (MD)[3]
IGN 5.5/10点 (VC)[2]
メガドライブFAN 19.81/30点 (MD)[1]
メガドライブ大全 肯定的 (MD)[4]
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では6・5・5・5の合計21点(満40点)になっている[3]
  • ゲーム誌『メガドライブFAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、19.81(満30点)点となっている[1]。また、同雑誌1993年7月号特別付録の「メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」では、「ゲームの難易度はかなり高め」と紹介されている[1]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.72 3.49 2.67 3.34 3.32 3.27 19.81
  • ゲーム本『メガドライブ大全』(2004年太田出版)では、「続編を謳っているが、敵も『死霊』より『エイリアン』に近く、グロくはあるが怖さは薄れた」、「前作で頼りになったスライディングが出にくく、全体の難しさはアップ」と評している[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」、『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店1993年7月15日、 17頁。
  2. ^ Lucas M. Thomas (2008年). “Splatterhouse 2 review at IGN”. 2009年12月4日閲覧。
  3. ^ a b スプラッターハウス PART2 まとめ [メガドライブ]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2016年2月21日閲覧。
  4. ^ a b 「Chapter 04 1991年」『メガドライブ大全(企画・編集:CONTINUE)』 太田出版2004年9月29日、131頁。ISBN 9784872338805

外部リンク[編集]