オオエタツヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オオエ タツヤ
別名 キャプテン・ファンク
CAPTAIN FUNK
OE
出生 1969年
出身地 日本の旗 日本 広島県
学歴 東京大学卒業
ジャンル エレクトロ
テクノ
ハウス
職業 音楽プロデューサー作曲家DJ
活動期間 1997年 -
レーベル Model Electronic
事務所 モデル・エレクトロニック
公式サイト [1]

オオエ タツヤTatsuya Oe1969年 - )は、日本音楽家作曲編曲音楽プロデューサーDJ

略歴[編集]

1969年広島県に生まれる。東京大学経済学部卒。広告会社在籍中の1997年に、イタリアのダンスレーベルACVよりTATSUYA OE名義でリリース後、1998年からCAPTAIN FUNKの名で活動し、アルバムやマキシシングル、DJ MIX CD等をリリースする。

黒人音楽からパンクロックまで幅広いルーツを背景にコンピューター、鍵盤、ギターまで様々な楽器を操り、エレクトロニック・ミュージックの中でも日本人離れしたグルーヴと高揚感を持ったテイストで人気を博す。ファットボーイ・スリムから「メチャ狂ってる!!(F**kin' Insane)」と直筆ファックスが送られてきたというエピソードが有名。

1st『Encounter With...』やシングル『Bustin' Loose』は Freddie Fresh、カール・コックスら世界中のDJ・メディアから賞賛され、数多くの海外コンピレーションにその収録曲が二次使用された。

2000年リリースの2nd『Songs of the Siren』が米 ビルボード誌アジア部門の「THE YEAR IN MUSIC 」に選ばれるも、このアルバムを機にCAPTAIN FUNKとしての活動を一旦休止、2002年から OEという名義でより実験的な創作活動に入る。

クラフトワークのオープニングアクトや映像とのコラボレーションなどをこなしながら3枚のアルバムをリリースした後、2007年に自らの会社/レーベル「Model Electronic (モデル・エレクトロニック)」からのリリースとして、CAPTAIN FUNK名義でのアルバム『Heavy Metal』『Heavy Mellow』を2枚同時に発表、3度目のフジ・ロック・フェスティバル出演を果たすなど、ライブ、DJなどの現場活動も積極的にこなしている。

2008年秋、レーベル音源配信サイトとして「Club Model Electronic」を開始、完全二ヶ国語による世界に向けた配信サービスを行っている。

様々な楽器を操りエレクトロニック・ミュージックと融合させるという独自性で高く評価される。ジャンルを超えた共作も多く、SABU監督『MONDAY』をはじめとして映画や映像、CM等への楽曲提供や、国内外のミュージシャンのリミックス、プランニング、プロデュース等、幅広く活動している。

フランスドイツでもCAPTAIN FUNKの名前を知る人は多く、1998年デビュー直後には既に同時期にデビューしたボブ・サンクラーやダフト・パンクの出演するフェスティバル「Global Tekno」にライブ参加している。

2007年発表のアルバム『Heavy Mellow』に収録されている『Hey Boy, Hey Girl』はクリス・ヴァン・アッシュ(ディオール・オム)などファッション・ピープルの集まるパリのパーティー「Club Sandwich」でヘビー・ローテーションされ、2008年にはドイツの人気バンドRadiopilotからのリミックスオファーも受けた。

2007年に楽曲提供したPanasonicウェブサイト『Experience Color』はニューヨーク・フェスティバルにてファイナリスト・アワード、東京インタラクティブアドアワードにてシルバー・アワードを受賞。

2009年CAPTAIN FUNK名義でのアルバム『Sunshine』を8月にリリースし、収録曲『Weekend (kissing, touching, tasting, loving)』がFM COCOLOの「Hits40」で5位を記録するなど、各FMラジオ局のチャートにランクインし人気を博した。同アルバムの収録曲『Piece of You (feat. Meri Neeser)』は、2010年秋に米国アパレルメーカー FOREVER 21の現地ウェブサイト『FOREVER 21 TV』の映像で使用され、米西海岸の映画館や全米400以上の店舗でも上映された。

2010年5月、韓国で『Heavy Metal』『Heavy Mellow』『Sunshine』からの楽曲を抜粋・収録したアルバム「Captain Funk Korea Platinum Edition」がリリースされ、先行シングルとして配信された『Weekend (kissing, touching, tasting, loving)』は、韓国最大のSNSであるサイワールドの「Shibuya Chart」で1位となった。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • Dazzlin' (1997年)(Tatsuya Oe名義 Chicago Style/イタリア、12インチ)
  • Roller Coaster EP (1998年)(CAPTAIN FUNK名義 Reel Musiq、12インチ)
  • O.Y.M. Remixes (1998年)(CAPTAIN FUNK名義 Reel Musiq、12インチ)
  • Bustin' Loose EP (1999年)(Sublime Records、CD/12インチ)
  • Dancing In The Street EP (1999年)(Machinegun、CD/12インチ)
  • Home Sweet Home EP (1999年)(Machinegun、12インチ)
  • Who Got Your Mojo Workin' EP (2000年)(Machinegun、Tシャツ付CD)
FINAL HOMEとのコラボレーションによるTシャツ付CD
  • Tracks Of The Siren Pt. 1 "Planet Kharma" (2000年)(Machinegun / MG05)
  • Tracks Of The Siren Pt. 2 "Losin' My Way" (2001年)(Machinegun/Sublime Records、CD/12インチ)

アルバム[編集]

  • Encounter With... (1998年)(CAPTAIN FUNK名義 Sublime Records)
  • Style #08 (MIX CD) (1999年)(CAPTAIN FUNK名義 東芝EMI)
DJミックスによるCD。自身の「Bustin' Loose」「Twist & Shout」をはじめ、Chemical Brothers, Mantronik、DJ Hell、Wiseguys、Pizzicato Fiveなど収録。
ビルボード」誌アジア部門"YEAR OF MUSIC 2001"選定。ロン・セクススミス参加。
6年振りのCAPTAIN FUNK名義でのリリース、2枚同時発売。
  • Sunshine (2009年)(CAPTAIN FUNK名義 Model Electronic)

楽曲収録作品[編集]

  • Pacific State (1997年)(Tatsuya Oe名義 Sony)
「Warning」収録。
「ROLLA COSTA!」収録。
「 O.Y.M.」収録。
  • CTI Classics featuring Captain Funk -Urban Funk Showcase-(King Records
CAPTAIN FUNKによるCTIレコードの選曲CD。シーウィンド他収録。
  • Born to ILL 3 (1998年)(Music Mine)
「Captain Will Rock」収録。
  • Carl Cox Non Stop 98/01 (1998年)(FFRR)
Carl CoxによるDJミックスCD。「O.Y.M (Christopher Just Mix)」収録。
  • Burning Big Beats (1999年)(SPV Recordings)
「Party Up」収録。他にHerbaliser, Outcast, Mercury Rev, Howie Bなど収録。
  • Bomb Boutique (1999年) (Area Code 221)
「Twist&Shout」収録。他にRinocerose, Phats&Small, Groove Armada, Todd Terryなど収録。
  • Skank You Too! (1999年)(Essential Dance Music)
「Kung Fu Ska」収録。他にFatboy Slim, Jungle Brothers, Freestylersなど収録。
  • Avenue A Presents Something Else Vol.2 (1999年) (R&S Records)
Meat KatieによるDJミックスCD。「Funk Encounter」収録。他にSir Drew, Afrika Bambaataa, Thursday Clubなど収録。
  • All Mixed Up (1999年) (Sm:)e Communications)
Freddy FreshによるDJミックスCD。「Twist&Shout」収録。他にMasters At Work, Pepe Deluxe, Jacknife Leeなど収録。
「Home Sweet Home」収録。他にBasement Jaxx, Jimi Tenor, Boom Boom Satelites, Ken Ishiiなど収録。
  • Monday Soundtrack
SABU監督の映画「Monday」サウンドトラック。「Twist&Shout」「Rock on the Floor」など収録。
  • Krafty Kuts presents Slam the Breaks on (1999年)(Lacerba)
Krafty KutsによるDJミックスCD。「Twist&Shout」。De La Soul, Mint Royale, Fatboy Slim, Freddy Freshなど収録。
  • Dancemania Winters Rockgroove (1999年)(東芝EMI
「Home Sweet Home」収録。
  • Dancemania Winters2 (2000年)(東芝EMI
「Bustin' Loose」収録。
  • 「N」(2001年)
「New Day」収録。
  • Digital Juice DVD (2001年)(STUDIO4C)
「Losin' My Way」のPVを制作した小林治のアニメーション「Table&Fishman」へのサウンドトラック協力
  • Let There Be Pop -Christopher Just Remixes From 1995 To 2003- (2003年)(Giant Wheel)
Christopher Justによるリミックス集。「O.Y.M"(Christopher Just Remix)」収録。
  • Groove Syndicate (2003年)
松井常松、Tatsuya Oe、岸利至によるプロジェクト。「Turbo Decoder」「Cruel Sun」をプロデュース。
  • WKM -Tribute to Walkman-(2002年)「The March」
Sony Walkman へのトリビュート作品集。他にCornelius, Ken Ishii他参加。
大友良英ニュー・ジャズ・クインテットとのコラボレーション作品
  • Tokyo Sound System 2 (2006年)(New Smell)
「Let the music take control」収録。
  • 「First Lane DVD」(2007年)(Red eye's Film)
プロスノーボーダーによる映像DVD。「Call On Me」収録。

主なリミックス作品[編集]

主なプロデュース/コラボレーション作品[編集]

  • 鈴木亜美「The WeekeND」(アルバム『DOLCE』収録)
  • ズボンズ「Jumbo」
  • 岡村靖幸「マシュマロ・ハネムーン」
  • Spank Happy(菊地成孔によるプロジェクト)「Computer House of Mode」「Vendome,la sick KAISEKI」
  • Date Course Pentagon Royal Garden(菊地成孔によるプロジェクト)「Catch44.1」」
  • 電撃チョモランマ隊「Cast Off」「エガオノチカラ」

関連作品[編集]

  • mod's hair 「OE Sound & Visions」イベントプロデュース(2003年、青山スパイラル)
  • UNIQLO「Body Tech」TVCM 音楽制作(2005年)
  • 三菱自動車コルトプラス」TVCM 音楽制作(2005年)
  • Panasonic VIERA 「Experience Color」音楽制作(2006年)
グローバルブランディングサイト。ニューヨーク・フェスティバルにてファイナリスト・アワード、東京インタラクティブアドアワードにてシルバー・アワード受賞。

外部リンク[編集]