オオエタツヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オオエ タツヤ
別名 キャプテン・ファンク
Captain Funk
Dark Model
OE(オーイー)
生誕 1969年
出身地 日本の旗 日本 広島県
学歴 東京大学卒業
ジャンル エレクトロニカ
テクノ
ハウス
エピック
サウンドトラック
職業 音楽プロデューサー作曲家DJ
担当楽器 シンセサイザーギターベースボーカルキーボード
レーベル Model Electronic
事務所 モデル・エレクトロニック
公式サイト Tatsuya Oe Official Website
テンプレートを表示

オオエ タツヤTatsuya Oe1969年 - )は、米国在住の日本人音楽家作曲家編曲家音楽プロデューサーDJ。オオエはエレクトロニックミュージックから、ダンスミュージック、ロック、ポップ、サウンドトラックまでも手掛け、その卓越した音楽制作能力と単一の音楽ジャンルにとどまらない多様性が高く評価されている。大半の作品において作曲から演奏、ミキシング、マスタリングまでをこなす。Captain Funk、(Tatsuya) OE、Dark Modelといったアーティスト名義でのリリース活動に加えて、オオエの手掛けた作品はアメリカ、ヨーロッパ、アジア市場においてテレビ番組、映画、ハリウッド作品の予告編、テレビゲーム、アニメーション、そして企業広告で頻繁に採用、またライセンス使用されている。

ジェームス・ブラウン, ダイアナ・ロス, シック (バンド), サイモン・ル・ボン, ロン・セクスミス, セルジュ・ゲンスブールなど、数多くのアーティスト作品のリミックスやコラボレーション、プロデュースをこなし、「Remix Wizard(リミックスの魔術師)」とも呼ばれている[1]

2007年に楽曲提供したPanasonicグローバル・ブランディング映像『Experience Color』[2]はニューヨーク・フェスティバルにてファイナリスト・アワード、ウェビー賞で2部門のOfficial Honoree、東京インタラクティブ・アド・アワードにてシルバー・アワードを受賞した。2013年、米国永住権(EB-1) を取得後、9月よりニューヨークに移住、活動の拠点を米国に移した。渡米後リリースした新プロジェクトDark Modelのアルバムは第14回インディペンデント・ミュージック・アワード (The IMAs、2015年「ダンス/エレクトロニカ・アルバム」部門にノミネートされている。

経歴[編集]

生い立ちと初期のキャリア[編集]

1969年広島県に生まれる。12歳の時ロック (音楽)ポップ、そしてエレクトロニック・ミュージックに興味を示し、14歳の時に最初のエレクトリック・ギターシンセサイザーミュージックシーケンサーを購入。中学・高校時代にはロック、シンセポップニュー・ウェーヴ (音楽)ヘヴィメタルプログレッシブ・ロックなどを演奏するバンドを幾つか結成した。ファンクミュージックとの出会いは高校時代で、ジェイムズ・ブラウンプリンスに代表されるファンクサウンドに触れたことがきっかけとなる[3]。その後10 代後半にDJとしてオーディエンスの前で演奏する楽しさに出会い、ファンク、レア・グルーヴディスコハウスヒップホップなどのダンス・ミュージックにさらに魅了され積極的に活動を続ける[4] [5]


Captain Funkの誕生と初期活動[編集]

東京大学経済学部を卒業後、大手広告代理店の電通在籍中にコンピューターを使った作曲・音楽制作を本格的に開始する。1990年代半ばの日本においてエレクトロニックミュージックへの理解は薄く、またマーケットとしても十分には成熟していなかった。そのためオオエは当時、昼間は会社勤め、夜はDJ活動という生活を続けている[6]

1997年、ヨーロッパの幾つかのレーベルからのオファーを受けつつも、イタリアのダンス・レーベルACVよりTATSUYA OE名義『Dazzilin’』 [7]をリリースする。 1998年 には、ソロ・プロジェクトであるCAPTAIN FUNKの名義でファースト・アルバム『Encounter with…』をリリース。黒人音楽からパンクロックまで幅広いルーツを背景にコンピューター、鍵盤、ギターまで様々な楽器を操り、エレクトロニック・ミュージックの中でも日本人離れしたグルーヴと高揚感を持ったテイストで当時のクラブシーン新風を吹き込んだと言われている[8]

1999年には、Captain Funkの知名度は特に欧米のクラブシーンにおいて急激に高まりを見せる。イギリス大手ダンス・レーベルであるミニストリー・オブ・サウンドは、彼らの雑誌で「Captain Funk will make you believe!(キャプテン・ファンクは信用できる!)」と評している。またタイムアウト誌は彼の音楽を「Vibrant delight!(震えが起こるほどの感動!)」と描写。 ノーマン・クック(ファットボーイ・スリム)はオオエの音楽を「何という狂ったレコードなんだ!!(What a f***ing insane record)。とても気に入ったよ。忘れずにプレイするからもう2枚レコードを送ってくれないか?」とコメントし、所属レーベルに直筆ファックスが送られてきたというエピソードがよく知られている[9]

デビューから1年後、オオエの知名度が高まるにつれて、オオエの楽曲を自らのDJに使用するアーティストも増加する。ファットボーイ・スリムのみならず、コールドカットNinja Tune、サイベグ、フレディ・フレッシュ、ケン・イシイ、カール・コックス(Captain Funk 「O.Y.M」を自らのDJ Mix CD「Carl Cox Non Stop 98/01」に収録)ら世界中のDJ・メディアから認知され評価を受けるようになり、ファースト・アルバムである『Encounter With...』やシングル『Bustin' Loose EP』に収録されている楽曲が、数多くの海外コンピレーションに二次使用されるようになる。

同1999年は楽曲制作活動も活発であり、『Bustin’ Loose EP』、『Dancing in the Street'』、 DJミックスCD『Style』をリリースする。 2000年にリリースされた、Captain Funk名義でのフルアルバム『Songs of the Siren』[10]は米 ビルボード誌アジア部門の「THE YEAR IN MUSIC 」に選出された[11][12]

認知度の高まりと比例し活発になる楽曲制作活動の傍ら、オオエはパーティー、イベントにおいても精力的にDJ及びライブ活動も行う。フジロック・フェスティバル1999年2000年2007年参加)[13]ROCK IN JAPAN FESTIVAL (2006年参加)のような日本での大型音楽イベントに加え、国外においてもイギリスの「Turnmills(ターンミルズ)」「Heaven (nightclub)(ヘヴン)」、フランス(「Global Tekno」、「Festival de Saint-Nolff」)、ドイツ、香港、シンガポール(「Zouk」)、韓国などのパーティー、イベントで活躍した。

フランスドイツにおいてもCaptain Funkの名を知る人は多く、1998年デビュー直後には既に同時期にデビューしたボブ・サンクラーや、エイフェックス・ツインダフト・パンクの出演したフランス初の大規模エレクトロニック・ミュージックフェスティバル「Global Tekno」に唯一の日本人アーティストとして招待されライブ出演している[14]

OE(オー・イー)名義での活動の開始[編集]

2002年 、『Here and You』のリリースを契機に、オオエは自身の苗字から名付けたもう一つのアーティスト名義OE(オー・イー)を開始した。オオエはOEにおける活動について、「Captain Funk はメインのソロプロジェクトで、OEはより革新的で内省的な分身だ」と述べている。[15]Metropolis誌も『Here and You』のレビューとして、「彼の過去のリリースSongs of the Sirenに精通したリスナー達は、このアルバムを過去2年に日本からリリースされたもっともオリジナルで音楽的に革新的なものの一つにしている多くの要素に気づくことだろう」と説明しているとおり、OE名義の活動ではCaptain Funkとは趣向の異なる楽曲制作をしていることが特徴だ[16]。OE名義においても、バンドとしてのライブ活動も積極的に行う。2014年に出演したNHK-FM放送、 「Live beat」のライブレポートは、そのサウンドの描写としてTodd Rundgrenアラン・パーソンズ・プロジェクトなどを引き合いに出しつつ、「その構築度と完成度と緊張感は恐るべきものだが、決して難解なものではなく、洗練されたポップな手触りを感じさせてくれる」と評した[17][18]

OE名義での活動中、彼は菊地成孔のプロジェクト、 dCprG やスパンク・ハッピーへの制作協力、クラフトワークホルガー・シューカイらの日本公演サポート、またGroove Syndicate名義で松井常松岸利至と共にデヴィッド・ボウイの「A Reality Tour」武道館公演のオープニングアクトを務めた[19]。さらに、大友良英ニュー・ジャズ・クインテットとのコラボレーション・アルバム『ONJQ+OE』を制作したのち、『Physical Fiction』、『Director’s Cut'』の2枚のアルバムをリリースするなどしている。

自社レーベル設立と円熟期Captain Funkの活動[編集]

2006年、オオエは自社レーベル「Model Electronic (モデル・エレクトロニック)」を設立する。OE名義での一連の活動、他アーティストのプロデュースワーク、Space Cowboy (musician)(スペース・カウボーイ)などとのツアーを経て、リスナーのみならず、広告、テレビ、映画、ゲーム業界などに国際的に音楽を提供するための音楽制作や音楽出版を促進することが目的であった[20]。 翌年2007年、レーベル第一弾リリースとして、CAPTAIN FUNK名義での7年ぶりのアルバム『Heavy Metal』『Heavy Mellow』を2枚同時に発表、した。この2枚のアルバムで彼は、初期のCaptain Funkの躍動感と、OE名義での活動を通して得られたソングライティングのスキルを融合させ披露している[21]。『Heavy Mellow』に収録されている『Hey Boy, Hey Girl』はクリス・ヴァン・アッシュ(ディオール・オム)などファッションピープルの集まるパリのパーティー「Club Sandwich」でヘビー・ローテーションされ[22]、"Hey Boy, Hey Girl" がCaptain Funk myspaceページで1万回を試聴達成。 レーベル設立後の活動は、音楽制作・出版のみにとどまらない。同2007年、デンマークのバンドDúné(デュネ)、2008年にはドイツの人気バンドRadiopilotからのリミックスオファーも受けた。同年鈴木亜美のアルバム『Dolce』に楽曲提供も行っている。2007年、3度目のフジロックフェスティバル出演、Atomic Hooliganとのツアーなど、ライブ、DJなどの現場活動も積極的にこなしている。

2008年秋、レーベル音源配信サイトとして「Club Model Electronic」を開始、完全二ヶ国語による世界に向けたMP3・WAV媒体での配信サービスを行っている。オオエは自身のレーベルウェブページにおいて「(我々のレーベルにおいては)ただ音楽を売るだけではなく、独自のストーリーやまるでクラブにいるかのような音楽の体験を届けたい。」と述べている[23]。またこのサービスでは、容易に彼の音楽を購入したり、パーティに行けないようなリスナーとの関わりを持つことを強く意識していることが知られ、米国音楽サイトJ-Pop World[24] やスウェーデンのアート系ウェブサイトDavid Reportとのインタビュー[25]の中で、「リスナー、特に我々の商品を購入することが難しい地域に住むリスナーに対して、我々のサウンドとこのサービス限定の情報を届ける、会員制に基づいたリスナーとのコミュニケーションができる「ダイレクト」なショップ」と説明している。

2009年 8月には、Captain Funk名義でのアルバム『Sunshine』リリースし、収録曲『Weekend (kissing, touching, tasting, loving)』がFM COCOLOの「Hits40」で5位を記録するなど、各FMラジオ局のチャートにランクインした。[26][27] また、このアルバムは雑誌「STUDIO VOICE」2009年9月号の「ゼロ年代の100枚」に選出されている[28]。 

2010年秋、同アルバムの収録曲『Piece of You (feat. Meri Neeser)』は、米国アパレルメーカー FOREVER 21の現地ウェブサイト『FOREVER 21 TV』の映像で使用、米西海岸の映画館や全米400以上の店舗でも上映され、自社レーベル設立後のオオエの知名度をさらに引き上げることとなる [29] [30]

2010年5月、韓国で『Heavy Metal』『Heavy Mellow』『Sunshine』からの楽曲を抜粋・収録したアルバム『Captain Funk Korea Platinum Edition』がリリースされ、先行シングルとして配信された『Weekend (kissing, touching, tasting, loving)』は、韓国最大のSNSであるサイワールドの「Shibuya Chart」で1位となった。同年、ソウルにてリリースイベントを行った[31] [32]

2011年7月には『Versions 2011』をリリース、国内AmazonのMP3アルバムチャートでは「ダンス・エレクトロニカ」部門で1位、「ポップス」部門で2位を獲得[33]。 2013年7月に、2007年以降のCaptain Funk名義での作品98トラックを収録した集大成的なアルバム『Chronicles 2007-2013, Vol. 1 & 2』をリリースした。

Dark Model発足と渡米後の活動[編集]

2012年6月、オオエは新プロジェクトであるDark Model を立ち上げる。Dark Model はCaptain Funk、 OE(オー・イー)が作り出してきた楽曲とは異なり、壮大でドラマティックな、オーケストラサウンドを取り入れたインストゥルメンタルエレクトロニック・ミュージックに特化していることが特徴だ。 Dark Model発足後は、特に北米を中心にメディア・広告への楽曲提供とライセンス使用が大幅に増加する。2012年から2015年の3年間にDark Modelを含むオオエの楽曲のライセンス使用は軽く100本を超えた。また、使用される媒体の幅も映画、ドラマ、テレビコマーシャルなど多岐にわたる。このことからもDark Model が作り出す楽曲の多様性と、メディアとの親和性の良さがうかがえる。 2012年以降ライセンス使用された例では、映画(ニール・ブロムカンプ監督・脚本による2013年米国SF映画エリジウム』(Elysium)の初公開映像に収録されたことをはじめ[34]2012年の[米国]]スリラー映画 『ペーパーボーイ 真夏の引力』(出演マシュー・マコノヒーザック・エフロンジョン・キューザックニコール・キッドマン)の予告編コマーシャル、レクサスオークリーXboxForza Motorsport 5」、ウイルソン・スポーティング・グッズなどが挙げられる。また、2012年12月、Dark Modelの『Oath(ダブステップリミックス)』は米国の加入者数第一位の携帯電話事業者ベライゾン・ワイヤレスのテレビCM 『Droid DNA -Extra Sensory』にそのアートワークと共にフィーチャーされ、全米で放送された[35]

Dark Model発足後のオオエの活動で特筆すべきは、ライセンス使用の増加だけではない。 2013年9月、オオエはアメリカ、ニューヨークに活動拠点を移すことを決断し渡米[36]。その後、2014年5月、Dark Model名義でのファースト・アルバム『Dark Model』をリリース、複数の米国音楽サイトから5つ星の評価を受けた。米有力レビュー誌Under the Gun Reviewはこのアルバムを、「最近記憶する中でもっとも優れたエレクトロニック・ミュージック作品の一つであり、また2014年の中で最も壮大で記憶に残る音楽の一つにたやすく入る。」と評し[37]Indiemutiny誌は「私はリスナーのみなさんが今までDark Modelのような音楽を絶対聴いたことがないって言いきれますよ (中略)…このレコードは抜群の仕上がりで、たった一人の人間が作ったとは到底信じがたい。」と評した。[38]2015年3月、このアルバムは第14回インディペンデント・ミュージック・アワード (The IMAs)の「ダンス/エレクトロニカ・アルバム」部門にノミネートされている[39]

人物[編集]

オオエは数々のインタビュー や自身のブログを通して「カテゴライズせずに、心を開く」ことについて語る。自分自身の楽曲についても、「(ルーツはファンクを含む黒人音楽だが)自分でも自分のジャンルがわからない。」という。また2014年、Brian Lionとのインタビューにおいては「ぼくには、音楽業界という言葉は僕には興味のないモノ。‘音楽’ビジネスには20年来携わってきたけれど、何か特定の‘業界’に属しているつもりは全くない。」[40]と述べるなど、「カテゴライズ」や、「帰属意識」とは相容れぬ、彼の楽曲に通ずる柔軟な思想をもつ。

オオエは「僕を含めて多くの日本人は、海外や海外音楽の影響を受けていて、アイデンティティを失ったと感じた時もあった。だから、ぼくはいつも日本に生まれて日本に生きているって考える。それで、より多くの別の音楽に触れることで、自分自身を見つけようとしている(中略)。たぶん死ぬまでそれを続けて、死ぬまで葛藤しているんだと思う。」と語るように、音楽の中に彼自身のアイデンティティを見出す姿が垣間見える[41]

また、自身の日本語版ブログにおいてはインディペンデントに海外進出を目指す日本若手音楽制作者を意識してか、プライベートな内容よりも、詳細な音楽制作秘話や手法、音楽ビジネス及び海外におけるビジネス一般、また音楽制作者の日米比較などについての記事を書くことが多い[42][43][44][45]。さらに、ハリウッドで開かれるライセンス・ビジネスのためのカンファレンスSync Summitにパネリストとして招待されるなど、グローバルに活動するインディペンデント・ミュージシャンの立場からアドバイス、意見を求められる機会が増えている[46][47][48]

受賞歴[編集]

  • Panasonicウェブサイト『Experience Color』への楽曲提供として

ディスコグラフィー[編集]

オリジナル作品[編集]

Captain Funk名義[編集]

シングル[編集]
リリース年 タイトル 名義 形式 レーベル(発売国) 詳細
1996年 Dazzlin' Tatsuya Oe 12インチ・レコード Chicago Style/ACV
(イタリア)
「Dazzlin' 」を含む4曲収録
1997年 Copa Feelin' Tatsuya Oe 12インチ・レコード Chicago Style/ACV
(イタリア)
「Copa Feelin'」を含む4曲収録
1998年 Roller Coaster 1st EP Captain Funk 12インチ・レコード Reel Musiq/Sublime Records
(日本)
Captain Funk名義初リリース/「O.Y.M.」を含む2曲
1998年 O.Y.M. Remixes Captain Funk 12インチ・レコード
シングルCD
Reel Musiq/Sublime Records
(日本)
オリジナル、Christopher Just Remix等を含む4曲収録
1998年 Bustin' Loose EP Captain Funk 12インチ・レコード
シングルCD
Sublime Records
(日本)
「Bustin' Loose」「Kung-Fu Ska」「Twist & Shout」を含む4曲収録
1999年 Dancing in the Street (CD) Captain Funk マキシ・シングルCD Machinegun
(日本)
「Home Sweet Home」「Rock on the Floor」「Carribean Kickin'」リミックス等7曲収録
1999年 Dancing in the Street EP Captain Funk 12インチ・レコード Machinegun
(日本)
「Home Sweet Home」「Rock on the Floor」含む3曲収録
1999年 Home Sweet Home EP Captain Funk 12インチ・レコード Machinegun
(日本)
「Dancing in the Street」「Twist & Shout (Krafty Kuts Mix)」含む3曲
2000年 Who Got Your Mojo Workin' EP Captain Funk Tシャツ付きマキシ・シングルCD Machinegun
(日本)
FINAL HOMEとのコラボレーションによるTシャツ付CD
2000年 Tracks of the Siren Pt.1 "Planet Kharma" Captain Funk 12インチ・レコード Machinegun
(日本)
「Planet Kharma Original Extended Mix」含む2曲
2000年 Losin' My Way CD Captain Funk マキシ・シングルCD Machinegun
(日本)
「Losin' My Way」オリジナル、リミックス含む全6曲
2001年 Tracks of the Siren Pt.2 "Losin' My Way" Captain Funk 12インチ・レコード Machinegun
(日本)
「Losin' My Way」オリジナル、リミックス含む全4曲
2011年 Versions 2011 Captain Funk 配信 Model Electronic
(日本)
「Piece of You (Bestrack Remix)」含む全4曲
Amazon.co.jp MP3チャート「ダンス・エレクトロニカ」部門1位、「ポップス」部門2位
アルバム[編集]
発売日 タイトル 形式 レーベル(発売国) 詳細
1998年
4月22日
Encounter With... Captain Funk CD
アナログ・レコード2枚組
Reel Musiq/Sublime Records
(日本)
Captain Funkファーストアルバム
ヨーロッパはEFA(ドイツ)からの発売 [52]
2000年
11月29日
Songs of the Siren CD
配信
Sublime Records
(日本)
ビルボード」誌アジア部門"YEAR OF MUSIC 2001"選定
ロン・セクススミスブラック・ボトム・ブラス・バンドら参加
2007年
5月9日
Heavy Metal CD
配信
Model Electronic
(日本)
6年振りのCaptain Funk名義でのリリース
「Heavy Mellow」と2枚同時発売
「Sony Ericsson携帯W44S」CMソング「Boogie Electricland」収録
2007年
5月9日
Heavy Mellow CD
配信
Model Electronic
(日本)
「Hey Boy, Hey Girl」「Call on Me」他、12曲収録
2009年
8月19日
Sunshine CD
配信
Model Electronic
(日本)
「Weekend (kissing, touching, tasting, loving)」(FM COCOLO5位記録)、「Piece of You」等16曲収録
2010年
5月7日
Korea Platinum Edition CD
配信
JMC Entertainment
(韓国)
韓国での紹介盤的なアルバム。「Weekend (kissing, touching, tasting, loving)」がサイワールドShibuyaチャート1位。[53]
2013年
7月9日
Chronicles 2007-2013, Vol. 1 配信 Model Electronic
(米国)
2007年から2013年までにCaptain Funk名義で制作された楽曲の集大成(「Heavy Metal」「Heavy Mellow」「Sunshine」「Versions 2011」収録曲とそのリミックス、インストバージョン、新曲を含む98曲)。
2013年
7月19日
Chronicles 2007-2013, Vol. 2 配信 Model Electronic
(米国)

OE名義[編集]

発売日 タイトル 形式 レーベル(発売国) 詳細
2002年6月26日 Here and You CDアルバム Music Mine Inc. OEとしてのファースト・アルバム
「The Glow」「Time Has Told Me」他11曲収録
2003年5月25日 Physical Fiction CDアルバム ブルース・インターアクションズ 「276EC2」他12曲。ミュージック・コンクレート的な実験作。
2004年1月23日 Director's Cut CDアルバム ブルース・インターアクションズ 「Tessera」「The Grid」他10曲収録
2006年8月24日 Into the Echo シングル配信 Syn Records(ライセンス発売) インタラクティブマンガ「Shinzou.jp」のテーマ曲としてiTunesにて期間限定配信[54]

Dark Model 名義[編集]

発売日 タイトル 形式 レーベル(発売国) 詳細
2013年1月29日 Oath (Dubstep Remix) 着うた配信 Model Electronic
(米国)
米国携帯会社ベライゾン・ワイヤレスのキャンペーンとして期間限定配信。 [55]
2013年5月4日 FateJudgment DayPrayer for the NightBionic WarriorRequiem for an AngelOath (Original Mix)Revenge Seeker (Complete Version) シングル配信 Model Electronic
(米国)
米国音楽販売サービスBandcampにて配信。[56][57]
2014年5月16日 Dark Model CDアルバム
配信
Model Electronic
(米国)
Dark Modelとしてのファースト・フル・アルバム。第14回インディペンデント・ミュージック・アワード 「ダンス/エレクトロニカ・アルバム」部門ノミネート。[58]
2015年7月28日 Rage and Redemption (First Version) シングル配信 Model Electronic
(米国)
米国音楽販売サービスBandcampにて配信。[59]

コンピレーション・アルバム/ミックス・アルバム[編集]

発売日 タイトル 収録作品の名義  形式 レーベル(発売国) 詳細
1996年 Thai - Spirituality and technology for the Manga consciousness Tatsuya Oe コンピレーションCD Zone Records/ACV
(イタリア)
「Seeker」収録
Robert Armani, Sven Vath,Stefano Noferiniら参加[60]
1997年 Pacific State Tatsuya Oe コンピレーションCD(2枚組)
アナログ・レコード(6枚組)
Deviant Records
(イギリス)
Sony Music Associated Records
(日本)
「Warning」収録。ケンイシイBoom Boom SatellitesDJ Krushら日本のエレクトロニック・ミュージックを紹介。[61]
1998年 DJ's Works Vol. 1 - Ultimate DJ's Tokyo Underground Tatsuya Oe コンピレーションCD
アナログ・レコード
Music Mine Inc.
(日本)
「Rolla Costa!」収録。DJ Shufflemaster、Co-Fusionら日本のテクノアーティストが参加。[62]
1998年 Japanese Homegrown Beats Captain Funk コンピレーションCD Tower Records Japan Inc.
(日本)
「O.Y.M」収録
Sugizo, Nobukazu Takemuraら日本人アーティストが参加したコンピレーションアルバム[63]
1998年 CTI Classics featuring Captain Funk -Urban Funk Showcase- Captain Funk コンピレーションCD King Records
(日本)
CAPTAIN FUNKによるCTIレコードからの楽曲を選曲したコンピレーションアルバム。シーウィンド他収録
1998年 Sublime the RMXs Captain Funk Sublime the RMXs Sublime Records リミックス・コンピレーションCD/「O.Y.M」収録。流、Sugizo, Nobukazu Takemuraら参加。[64]
1998年 Born To Ill - Vol. 3 Captain Funk コンピレーションCD Music Mine Inc.
(日本)
「Captain Will Rock」収録
他にアフリカ・バンバータ、プリンス・ポールら参加
1998年 Carl Cox Non Stop 98/01 Captain Funk ミックスCD(2枚組) FFRR Records
(イギリス)
イギリスのトップDJ Carl Cox(カール・コックス)によるDJミックスCD
「UKのトップDJ Carl Cox(カール・コックス)によるDJミックスCD。「O.Y.M (Christopher Just Mix)」収録。[65]
1999年 Style Stage 8 - Bustin' Out 74 Minutes Mix Captain Funk ミックスCD 東芝EMI
(日本)
Captain FunkのDJミックスによるCD
自身の「Bustin' Loose」「Twist & Shout」をはじめ、Chemical Brothers, Mantronik、DJ Hell、Wiseguys、Pizzicato Fiveなど収録 [66]
1999年 Burning Big Beats Captain Funk コンピレーションCD(2枚組) SPV Recordings
(ドイツ)
「Party Up」収録
他にHerbaliser, アウトキャスト, アーサー・ベイカー, Howie Bなど参加[67]
1999年 Bomb Boutique Captain Funk コンピレーションCD Zoomshot Media Entertainment
‎(ドイツ)
「Twist&Shout」収録。他にアンダーワールド、Rinocerose,グルーヴ・アルマダ, Todd Terryなど収録。[68]
1999年 Skank You Too! Captain Funk コンピレーションCD Urban Essentials
(オランダ)
「Kung Fu Ska」収録
他にFatboy Slim, ジャングル・ブラザーズ, Freestylersなど収録[69]
1999年 Avenue A Presents Something Else Vol.2 Captain Funk コンピレーションCD(2枚組)
アナログ・レコード(3枚組)
R&Sレコーズ
(ベルギー)
Meat KatieによるDJミックスCD。「Funk Encounter」収録。他にSir Drew, アフリカ・バンバータ など収録。[70]
1999年 All Mixed Up Captain Funk ミックスCD Sm:)e Communications
(イギリス)
アメリカ人DJ Freddy FreshによるDJミックスCD
「Twist&Shout」収録
他に Masters At Work, Pepe Deluxé, Jacknife Leeなど収録。[71]
1999年 Future Electronica Captain Funk コンピレーションCD Sony Music Associated Records
(日本)
「Home Sweet Home」収録
他にベースメント・ジャックス, ジェフ・ミルズスクエアプッシャーなど収録[72]
1999年 Krafty Kuts presents Slam the Breaks on Captain Funk コンピレーションCD(2枚組)
アナログ・レコード(3枚組)
Lacerba
(イギリス)
Krafty KutsによるDJミックスCD
「Twist&Shout」,De La Soul, ミント・ロワイヤル, Fatboy Slim, Freddy Freshなど収録。[73]
1999年 ダンスマニア・ウィンターズ~ロック・グルーヴ Captain Funk コンピレーションCD 東芝EMI
(日本)
「Home Sweet Home」収録
他にRed Hot Chili Peppers, Chemical Brothers, Underworld, Prodigy, Duran Duran等収録 [74]
1999年 ダンスマニア・ウィンターズ2 Captain Funk コンピレーションCD 東芝EMI
(日本)
「Bustin' Loose」収録
PropellerheadsChemical Brothers, Prodigy等収録[75]
2000年 MONDAY サウンドトラック Captain Funk サウンドトラックCD モンスーンレコード
(日本)
SABU監督の映画「Monday」サウンドトラック 「Twist&Shout」「Rock on the Floor」など収録[76]
2001年 N Captain Funk コンピレーションCD(2枚組) Camel Company
(日本)
「New Day」収録
他にAudio Active, 童子-T,Eye,Ken Ishii等参加 [77]
2002年 Let There Be Pop -Christopher Just Remixes From 1995 To 2003- (2003年)(Giant Wheel) Captain Funk コンピレーションCD Giant Wheel
(ドイツ)
オーストリアのアーティストChristopher Justによるリミックス集
「O.Y.M"(Christopher Just Remix)」収録[78]
2002年 WKM -Tribute to Walkman- Tatsuya Oe コンピレーションCD Gate Records
(日本)
Sony Walkman へのトリビュート作品集
他にCornelius, Ken Ishii他参加 [79]
2005年 Tokyo Sound System 2 Tatsuya Oe コンピレーションCD
アナログ・レコード(2枚組)
New Smell
(日本)
「Let the music take control」収録[80]
2011年 Kibou (Hope) Tatsuya Oe コンピレーションCD
配信
Elektrax Music
(豪州)
震災復興支援のためのチャリティアルバム
「Let the music take control (Instrumental Mix)」収録[81]

主なプロデュース/コラボレーション作品[編集]

アーティスト タイトル リリース年 収録されているパッケージ名 レーベル 詳細
岡村靖幸 マシュマロハネムーン feat.Captain Funk 2001年 OH!ベスト エピックレコードジャパン 楽曲プロデュース [82]
ズボンズ Jumbo 2001年 Jumbo EMI Music (豪州) 楽曲プロデュース [83]
Spank Happy 「Sweets」「Riot in Chocolate Lagos」 2002年 Computer House of Mode キングレコード 菊地成孔によるプロジェクト。楽曲アレンジ・制作協力。[84]
Spank Happy 「エレガントの怪物」「ヴィーナスからアントワネットまで」 2003年 VENDOME,LA SICK KAISEKI キングレコード 菊地成孔によるプロジェクト。楽曲アレンジ・制作協力。[85]
ONJQ+OE ( 大友良英ニュー・ジャズ・クインテット + タツヤオオエ) 「Double Density」「Spatial Density / Physical Density」 2003年 ONJQ+OE ブルース・インターアクションズ 大友良英ニュー・ジャズ・クインテットとのコラボレーション・アルバム。作曲、共同制作。[86]
ONJQ+OE ( 大友良英ニュー・ジャズ・クインテット + タツヤオオエ) Short Density 2003年 Short Density Vinylsoyuz 大友良英ニュー・ジャズ・クインテットとのコラボレーション作品。12インチ仕様。[87]
Groove Syndicate 「Turbo Decoder」「Cruel Sun」 2003年 Groove Syndicate 1 Project-T 松井常松岸利至、オオエの3人で構成されるプロジェクト。Amazon「Groove Syndicate 1」[88]
タナカノリユキ Tesserart 2005年 CD-ROM「ARTSTAR - Tesserart」 凸版印刷 iPod向けアートコンテンツ「『ART STAR』現代アートシリーズ」の一環として映像作品とのコラボレーション、楽曲提供。 [89]
布袋寅泰 「Identity」「Liberty Wings」他 2005年 MONSTER DRIVE 東芝EMI(日本) 楽曲アレンジ・制作協力
布袋寅泰 「Funky Punky」「Minimal Beauty」他 2005年 AMBIVALENT 東芝EMI(日本) 楽曲アレンジ
BLACK JAXX Galaxy Knight(CAPTAIN FUNK MIX) 2006年 Fanatic City Banyan Records プロデュース参加。DJ Dragon武田真治いしだ壱成から成るユニット。
オトノ葉Entertainment soccer MC’s feat.CAPTAIN FUNK 2006年 オトノ家 Starboze Records 共同作曲・楽曲アレンジ・制作 [90]
電撃チョモランマ隊 「Cast Off」「東京夜景」 2006年 DVD「DO THE SMILE~エガオノチカラ~KOOL編」 ビクターエンタテインメント 共同作曲・楽曲アレンジ・制作 [91]
電撃チョモランマ隊 ダンスノチカラ 2007年 DVD「ダンスノチカラ HAPPY編」 ビクターエンタテインメント 作曲・制作 [92]

主なリミックス作品[編集]

海外アーティスト[編集]

アーティスト タイトル リリース年 収録されているパッケージ名 レーベル(発売国) 詳細
Manta1000 Prenom Betty (Captain Funk Last Hustle in Paris Remix) 1999年 Prenom Betty Universal Barclay
(フランス)
フランスのロックバンド。他にDJ Qら参加。[93]
Gian Piero Reverberi Malizie Di Venere (Captain Funk Breakin' Mix) 2000年 Easy Tempo Experience - The Third Dimension Easy Tempo
(イタリア)
Piero Umiliani他イタリア映画音楽のリミックス集。The Cinematic Orchestra、DJ Vadim等参加。[94]
シック (バンド) Good Times (Captain Funk Remix) 2001年 rechic~CHIC remixes 2001~ イーストウエスト・ジャパン
(日本)
他にHIFANADJ HasebeFantastic Plastic Machineらが参加。
ジェームス・ブラウン Cold Sweat (Tatsuya Oe Dry Mix) 2002年 ジェームス・ブラウン アルティメット・リミキシーズ ユニバーサルJ
(日本)
他にピチカート・ファイヴMuroコーネリアスら参加。
サイモン・ル・ボンニック・ウッド 「Nobody Knows」(Captain Funk Remix) 2006年 Shinzou.jp シン・レコード
(日本)
インタラクティブ・マンガ「Shinzou.jp」挿入歌。[95]
Serge Gainsbourg (セルジュ・ゲンスブール Poupee de Cire, Poupee de Son夢見るシャンソン人形)feat. Norico 2006年 Monsieur Gainsbourg Revisited (セルジュ・ゲンスブールに捧ぐ) Universal Barclay
(フランス/日本)
他にフランツ・フェルディナンドジェーン・バーキンポーティスヘッドカーラ・ブルーニらが参加。[96]
Zombie Nation Kernkraft400 2006年 Ultras2006 アール・アンド・シー
(日本)
コンピレーション・アルバム用のカバー&リミックス。他にTaku Takahashi (m-flo)、Sugiurumnら参加。[97]
ジェームス・ブラウン Cold Sweat (Tatsuya Oe Dry Mix) 2007年 Dynamite X Couch Records
オーストリア
日本盤からの抜粋にDzihan & Kamien(ジハン&カミエン)らが新たに参加した再編集盤。 [98]
Diana Ross(ダイアナ・ロス) & ザ・シュープリームス 「Themes of Mahogany(マホガニーのテーマ)」(Captain Funk Punky-Nighty Mix) 2007年 Diana Ross & The Supremes Remixes ユニバーサルJ
(日本)
他に Fantastic Plastic MachineDJ Fumiyaピチカート・ファイヴらが参加。 [99]
Dúné (デュネ) John Wayne Vs. Mary Chain (Captain Funk Glitter Knight Club Mix) 2008年 Dúné - We Are In There You Are Out Here - The Remixes ソニーBMG
(ドイツ)
デンマークのエレクトロ・ロックバンド。他にハロルド・フォルターメイヤーAtomic Hooligan、ら参加。 [100]
Radiopilot 「Monster」(Captain Funk Tokyo Love Affair Mix)(Captain Funk Electric Rendezvous Mix)」 2008年 Monster ソニーBMG
(ドイツ)
ドイツのロックバンド。2リミックス収録。[101]
Demolition Disco Big Mama (Captain Funk Epic Suite Remix) 2011年 Big Mama EP Riot Riot Records
(ドイツ)
ドイツのエレクトロ・アーティスト/DJ。他にStereoHeroesら参加。[102]
Digikid84 You Got the Groove (Captain Funk Remix) 2012年 Timelapse Remix Session Folistar Records
(フランス)
フランスのエレクトロ・アーティスト/DJ。他にBestrack Remixら参加。[103]

国内アーティスト[編集]

アーティスト タイトル リリース年 収録されているパッケージ名 レーベル 詳細
Flare(ケンイシイ Dir.r (Tatsuya's Roller Coaster Mix) 1997年 Dir.r Remixes EP サブライムレコード/Reel Musiq "Backfunk 3000 (Si Begg) Remix"とのカップリング12インチ。 [104]
VA Jin Kazama (Ken Ishii vs Captain Funk Remix) Tiger Jackson (Captain Funk Remix) 1998年 鉄拳3 Seven Remixes ポニーキャニオン リミックス・コンピレーションCD。Ken Ishii他参加。[105]
電気グルーヴ あすなろサンシャイン(Captain Funk Electronic-Fever Mix) 1998年 Asunaro Sunshine (Takkyu Ishino Reconstruction) (12インチレコード) キューンソニー 「Takkyu Ishino Reconstruction」とのカップリング。[106]
電気グルーヴ あすなろサンシャイン(Captain Funk Electronic-Fever Mix) 1999年 Double A(2枚組CD) Sony Music Entertainment Inc(オーストリア) Thomas Schumacher、Mijk Van Dijkらが参加したベスト+リミックス集。[107]
Co-fusion Torn Open (Captain Funk Remix) 1998年 Sublime the RMXs Sublime Records リミックス・コンピレーションCD。「O.Y.M.(CHRISTOPHER JUST MIX)」など収録。[108]
ケンイシイ Actio Surrealismo (Captain Funk Rampage Remix) 1998年 Islands & Continents - 600 Mhz (CD+VHS) Sony Music Associated Records(日本) リミックス集と映像(VHS)、ブックレットによる企画盤。 Cari LekebuschKurtis Mantronik他参加。[109]
Museum of Plate Title Back(Captain Funk Remix) 1999年 Practical Symphony No.5 (Samurai Remixes) Crue-L Records リミックス・コンピレーションCD。竹村延和他参加 [110]
ORIGINAL LOVE 大車輪 (LIKE A MOJO MIX) 1999年 Honey Flesh (LPレコード) ポニーキャニオン Captain Funkリミックス含む6曲入り。 [111]
ALEX inc One Day (Captain Funk Muslim Mix) 1999年 One Day キューンソニー マキシシングル。他にAudio Active Remix収録。[112]
フィンガー5 恋のダイヤル6700(Captain Funk ハイスクール '99 Mix) 1999年 フィンガー天国 マーキュリー・ミュージックエンタテインメント リミックス・コンピレーションCD。小西康陽Akakageら参加。[113]
Fantastic Plastic Machine You Must Learn All Night Long (Captain Funk Crazy Flamingo Mix) 1999年 F International Standard 日本コロムビア CDシングル、12インチレコードとして発売。[114]
PUFFY 愛のしるし (Captain Funk Puffy de Samba Mix) 1999年 PRMX (Puffy Re-Mix Project Licensed To Skill) エピックレコードジャパント コンピレーションCD、12インチレコードとして発売。小西康陽マルコム・マクラーレン他参加。 [115]
スケボーキング Bingo(Captain Funk ‘89 School Mix) 2000年 Super Best ダブリューイーエー・ジャパン インディーズ時代の代表曲+キャプテン・ファンクらによるリミックスを収録。[116]
Wino The Action(From Dusk Till Dawn Mix) 2000年 The Action (All I really want to do) SPEEDSTAR RECORDS マキシシングル [117]
布袋寅泰 Vampire (Captain Funk Mix) 2000年 Vampire(CDシングル)/Vampire Remixes(アナログ) 東芝EMI CDシングル、12インチレコードとして発売。 [118]
Leyona Tone (Captain Funk Remix) 2001年 Tone エピックレコードジャパン マキシシングル [119]
Tommy february6(トミー・フェブラリー6) Everyday at the Bus Stop (Captain Funk "Daydream" Edition) 2001年 Everyday at the Bus Stop (CD+DVD) デフスターレコーズ Captain Funkリミックス含む4曲入り。[120]
Tiger Please(Captain Funk 'Night Flight' Mix) 2001年 Please アリスタジャパン マキシシングル [121]
Joujouka(ジョジョカ)feat. 浅野忠信 Don't Think, Feel!! (CAPTAIN FUNK "CF in darkness" Version) 2001年 New Asians EMIミュージック・ジャパン(日本) マキシシングル [122]
宇頭巻 Borderless(Captain Funk Time To Riot Mix) 2001年 Borderless キティMME マキシシングル [123]
Sugar Soul No No No (Captain Funk Unheralded Mix) 2002年 Soul Mix ワーナーミュージック・ジャパン リミックス・コンピレーションCD。ウィル・アイ・アム他参加。[124]
dCprG Catch44.1 (OE reconstruction) 2002年 DCPRG3/GRPCD2 ブルース・インターアクションズ CD2枚組。DJ Me DJ You、Rei Harakami他参加。[125]
南博 Go There!-OE's Fluid Reconstruction pt.1-3 2002年 MINIMA-GO THERE! remix イーストワークスエンタテインメント リミックス・コンピレーションCD。他に菊地成孔、内海イズルら参加。 [126]
土屋アンナ Somebody Help Me ('80 CBGB Bootleg Mix)('89 Remember Acid Mix) 2006年 Taste My xxxRemixxxxxxx!!!!!!!! Beat Life! エイベックス Captain Funk, Tatsuya Oeそれぞれの名義での2リミックス収録。Shinichi OsawaYukihiro Fukutomiら参加。[127]
the ARROWS ナイトコール (Captain Funk Glitter Knight Club Mix) 2006年 ナイトコール ポニーキャニオン マキシシングル [128]

メディア・広告への楽曲提供/ライセンス[編集]

米国その他海外[編集]

広告[編集]

企業・使用者名 キャンペーン/番組名、使用楽曲など
FOREVER 21 米国 2010年 「21 TV – Minnie Muse」(Captain Funk 「Piece of You」ライセンス使用)[129] [130]
ペプシコ 米国 2012年 「ペプシ・マックス」フィーチャリング・カイリー・アービング 「ペプシ・マックス」フィーチャリング・カイリー・アービング [131]
バーガーキング 米国 2012年 "Bacon & Cheddar BK Toppers" テレビCM [132]
Skechers(スケッチャーズ) 米国 2012年 作曲&楽曲提供 [133]
メイシーズ 米国 2012年 「MstyleLabテレビコマーシャル(Skechers commercial featuring Brooke Burke (2012 Spring)」。作曲&楽曲提供。 [134]
ベイン・アンド・カンパニー 米国 2012年 「Introducing the Great Repeatable Model」[135]
Team Type 1-Sanofi(チーム・タイプ・1) 米国 2012年 「This is Team Type1」(プロサイクリングチーム)
Coloplast(コロプラスト) デンマーク 2012年 企業キャンペーン・ビデオ [135]
Tennis Australia(テニス・オーストラリア) 豪州 2012年 全豪オープン・テニス2012 「Get on Tour」 [135]
ELLE ブラジル 2012年 2012年5月号テレビコマーシャル [136]
Thermopor Glas & Glas Porschen ドイツ 2012年 「Thermopor Glas Imagefilm」 [137]
FOREVER 21 米国 2012年 「Ashley Smith x Forever 21」(「Here She Comes Again (No Strings Mix)」使用) [138]
オークリー 米国 2012年 「Beyond Reason feat. Craig Alexander」(Dark Model "Requiem for an Angel"シンクライセンス使用)[139]
ケンタッキー・フライド・チキン 豪州 2012年 「KFC Krushers」[140]
ベライゾン・ワイヤレス 米国 2012年 「Droid DNA -Extra Sensory」テレビCM(Dark Model 「Oath (Dubstep Remix)」をアートワークと共にフィーチャー) [141]
ASUS(エイスース)+インテル 米国 2012年 「In Search of Incredible」(「From the Moment On」ライセンス使用)[142]
Time Inc./People 米国 2012年 「2012エミー賞授賞式」(Captain Funk "Piece of You (Bestrack Remix)"使用)[143]
FOREVER 21 米国 2013年 「Forever 21 DIY Files: EmBOSSed Cap」(4映像で「Bright Sun, Big Sky」使用)[144]
アメリカン・エキスプレス 米国 2013年 Synchronization Rights シンク・ライセンス使用 [145]
レクサス 米国 2013年
2014年
Travel + Leisure「Hot Spots of Columbia Road」[146]
スカイプ・テクノロジーズ 米国 2013年 「Skype in the Classroom」[147]
パタゴニア 米国 2013年 「Patagonia Waders」[148]
プロテスト・ボードウェア オランダ 2013年 「Protest TV -Jokers 2013-」他計4ライセンス。 
Bergdorf Goodman(バーグドルフ・グッドマン) 米国 2013年 「2013 Spring Collections」含む2キャンペーン[149]
ペプシコ 米国 2013年 マウンテン・デュー「The DEWeezy Project -The Documentary-」(Dark Model楽曲使用)[150]
グラクソ・スミスクライン 英国 2013年 ルコゼード「Lucozade vs Water – Endurance-」(Dark Model「Fate」使用。6ライセンス)[151]
FOREVER 21 米国 2013年 「Forever 21 Beauty」[152]
FOREVER 21 米国 2013年 「Model Docs: Sung Jin Park」(Captain Funk 「I'll Be There (Strings Instrumental Mix)」使用)[153]
ボーズ・コーポレーション 米国 2013年 「Bose 1 Hour Wow!」
Scholatic 米国 2013年 企業キャンペーン・ビデオ(教育出版)
インタッチ・ソリューションズ 米国 2013年 「Humira Innovation Island Trailer」(製薬系マーケティング)
Zagat Survey 米国 2013年 「How to :Tequila shots,Done Right」
グッド・ワールドワイド 米国 2013年 「Teaching for Tomorrow」(教育系キャンペーン)[154]
オークリー 米国 2013年 「Oakley Freeski Season」「Sets in Motion」他(Dark Model"Bionic Warrior"使用)[155]
デルタ航空 米国 2013年 「Ask the Pilot」
ウイルソン・スポーティング・グッズ 米国 2013年 「Inside the Wilson Innovation Center」(Dark Model "Requiem for an Angel"使用)[156]
ノードストローム 米国 2013年 Hautelook 「Welcome to HauteLook」(アパレル)[157]
バートン・スノーボード 米国 2013年 「Just On a String (no vox)」使用。Synchronization Rights シンク・ライセンス[158]
エクセル・ウェットスーツ 米国 2013年 「Xcel I TD3」(Dark Model "Requiem for an Angel"使用)[159]
コルゲート 米国 2013年 「Lady Speed Stick」[157]
シスコシステムズ 米国 2013年 「Global Sales Experience (GSX)」[160]
セント・ローレンス・カレッジ カナダ 2013年 Synchronization Rights シンク・ライセンス使用。
GQ Germany ドイツ 2013年 「Interactive Marketing Communications Program」[157]
Fox Head(フォックス・ヘッド) 米国 2013年 スポーツ・グッズ・ブランド。Dark Model 「Abandoned」他使用。Synchronization Rights シンク・ライセンス
アディダス・オリジナルズ + Vice Germany ドイツ 2013年 「Adidas Magazine Release Party」(Captain Funk "Just Wanna Get You Tonight (Instrumental)"使用)[161]
ファイザー/ Advil 米国 2013年 「FAA Need for Speed」(Captain Funk "Knight of Electricity (Instrumental)"使用)[161]
レゴ デンマーク 2013年 Legoウェブサイト用アニメーション[161]
パシフィック・ガス・アンド・エレクトリック・カンパニー 米国 2013年 「MBA Recruitment」[161]
TRESemme(トレセメ) 米国 2013年 「Style Studio」[161]
Wallpaper* 英国 2013年 「The Moving Edition」(Dark Model "Requiem for an Angel"使用)[162]
クイックシルバー 米国 2014年 「Bali's Big Eco Weekend: Uluwatu Challenge」(OE 「Hollow Stone (Remix)」使用)[163]
フィリップモリス/マールボロ 米国 2014年 「Curators」キャンペーン[164]
LinkedIn Corporation 米国 2014年 「Talent Connect」キャンペーン[164]
エナジャイザー 米国 2014年 Synchronization Rights シンク・ライセンス使用。[165]
Netsuite(ネットスイート) 米国 2014年 「Netsuite 2014」キャンペーン[164]
メイシーズ 米国 2014年 「Men's Blue」[164]
Fox Head(フォックス・ヘッド) 米国 2014年 「Rusty Malinoski We Live | The Extra Mile」(Dark Model 「Abandoned」使用)[166]
スペシャライズド 米国 2014年 「Annika Langvad: Double Life」(Captain Funk 「I'll Be There (Strings Instrumental Mix)」使用)[167]
Anon Optics(バートン) 米国 2015年 新商品「M3」告知キャンペーン(OE 「Hollow Stone (Instrumental Mix)」使用)[168]
Speedo 米国 2015年 「Bullet Head Snorkel」[169]
北米ホンダ 米国 2015年 「ホンダ・パイロット」キャンペーン[169] 
アウディ 韓国 2015年 Synchronization Rights シンク・ライセンス。 
Hands Motorsport 韓国 2015年 「Hands Motorsport」[169] 
ベライゾン・コミュニケーションズ 米国 2015年 「Verizon Fios」 TV Commercial[169]
トヨタ ロシア 2015年 ハイラックス 2015 トレイラー[170]
Blue Cross Blue Shield 米国 2015年 「Reality Is」 テレビCMシリーズ[171]
ホリスター・カンパニー 米国 2015年 「#SoCalStylist How-To」[172]
House of Marley 米国 2015年 プロモーション映像&店頭展開(Dark Model 「Bionic Warrior」使用)[173]
Sq1 米国 2015年 テレビCM(デジタルマーケティング)[170]
Casa Facile イタリア 2015年 テレビCM(インテリア雑誌)[170] 
Cox Enterprises 米国 2015年 企業PR映像(メディア・コングロマリット)[170] 
Five Insurance Company ベルギー 2015年 マーケティング・キャンペーン(保険)[170] 
Teletrak チリ 2015年 テレビCM(通信)[170]
Texas Fleet Outfitters 米国 2015年 ラジオCM(自動車用品)[170]
スペシャライズド 米国 2015年 「Links」[174]
デルタ航空 米国 2015年 Synchronization Rights シンク・ライセンス使用。[175]
Succubus Publishing 米国 2015年 Middara キックスターター・キャンペーン[176]
Brownsville Independent School District(テキサス州ブラウンズヴィル独立学区) 米国 2015年 「Defining Who You Are」地方テレビCM(Dark Model 「Abandoned」使用)[177]
Fox Head(フォックス・ヘッド) 米国 2015年 「Pura Vida Motocross」[178]
スペシャライズド 米国 2015年 「The New S-Works Venge」(Dark Model 「Abandoned (No Strings Mix)」使用)[179]

映画・映画予告編・アニメーション・テレビゲーム関連[編集]

企業・使用者名 作品タイトル、使用楽曲など
マイクロソフト Xbox 米国 2011年 クリスマス・キャンペーンCM「Kinnect Core Games」
PS3 米国 2011年 ダンス・バトルVS」(Hyperkin社)(Captain Funk 「Somebody Like You」「Diamonds」)[180]
ソニー/コロンビア・ピクチャーズ 米国 2012年 エリジウム(Elysium)』(監督ニール・ブロンカンプマット・デイモンジョディ・フォスター主演)。初公開映像にてDark Modelの楽曲をライセンス使用。[181]
Millennium Entertainment(ミレニアム・エンターテインメント) 米国 2012年 「ペーパーボーイ 真夏の引力」(出演マシュー・マコノヒーザック・エフロンジョン・キューザックニコール・キッドマン)(テレビCMでDark Model「Fire Back」ライセンス使用)[182]
ノーザン・バレエ・シアター 英国 2013年 『Brief Landing』(監督・振付:ダニエル・デ・アンドレード)(Dark Model『Fire Back』使用)[183]
ブリザード・エンターテイメント 米国 2013年 「Battle.net World Championship」
Lionsgate Entertainment(ライオンズゲート 米国 2013年 The Inevitable Defeat of Mister & Pete」(出演:ジェニファー・ハドソンジョーダン・スパークス等)[157]
Roebuck Media 米国 2013年 「Camp」[157]
マイクロソフト Xbox 米国 2014年 Forza Motorsport5」キャンペーン(Dark Model『Oath』ライセンス使用) [184]
ブリザード・エンターテイメント 米国 2015年 World of Warcraft 「Warlords of Draenor」キャンペーン [170]

テレビ番組および番組プロモーション[編集]

企業・使用者名 キャンペーン/番組名
オプラ・ウィンフリー・ネットワーク 米国 2012年 Welcome to Sweetie Pie's」TV/ラジオプロモーション [185]
Syfy 米国 2012年 「HOT SET」(Captain Funk 『Superfoxy (Dirty Electro Inst Mix)』) [186]
Cutting Edge Group 米国 2012年 「エリート・モデル ランウェイ・ショー」
FOX TV 米国 2012年 ティーン・チョイス・アワード2012 [187]
NBC 米国 2012年~ 「ザ・ヴォイス」
MTV 米国 2012年~ 「Made」「Guy Code」「Jersey Shore After Hours」「Girl Code」 [157]
ディスカバリー・チャンネル 米国 2012年~ 「Auction Kings」「Turn & Burn」「Backyard Oil」「Buying Alaska」 [157]
VH1 米国 2012年~ Love & Hip Hop: Atlanta」「Best Week Ever」「Big Ang」
Bravo (U.S. TV network) 米国 2012年~ 「Married to Medicine」「Dukes of Melrose」「Start-Ups: Silicon Valley」「Flipping Out」「Interior Therapy with Jeff Lewis」 [157]
CMT 米国 2012年~ 「Dog and Beth on the Hunt」「My Big Redneck Vacation」「Redneck Island」 [157]
Telemundo(テレムンド 米国 2012年~ 「Un Nuevo Dia」「Marido En Alquiler」「Levantate」「El Rostro de la Venganza」 [157]
ナショナルジオグラフィックチャンネル 米国 2013年~ 「Abandoned」「Brain Games」「Lords of War」「Diggers: Treasure Hunters」「Diggers: Treasure Hunters(「宝の眠る街、チャールストン」)」「写真で見るナショジオ125周年」 [157]
ヒストリーチャンネル 米国 2013年~ 「How the states got their shapes」「American Pickers」「アメリカン・ビンテージ大修復!」「カウンティング・カーズ」 [164]
SundanceTV (サンダンスTV) 米国 2013年~ 「Ludo Bites America」「Dream School USA」 [157]
A&E Australia 豪州 2013年~ 「Aussie Pickers」「Modern Dads」 [164]
CTV カナダ 2013年~
A+E Networks 米国 2013年 「Barter Kings」「Aussie Pickers」 [157]
TLC 米国、カナダ 2013年~ 「What Not to Wear」 [164]
FOX TV 米国 2013年~ The Mindy Project(ザ・ミンディ・プロジェクト) 」TVプロモーション [157]
オプラ・ウィンフリー・ネットワーク 米国 2013年~ 「ザ・ネイト・バーカス・ショー」
FOX TV 米国 2013年~ 「Dish Nation」「The Jones and Moseley Show」
FOXスポーツ 米国 2013年~ 「NFL on Fox 」「College Football on Fox」 
City カナダ 2013年~ 「Canada's Got Talent」 [157]
Travel + Escape Channel 米国 2013年
2014年
「Boundless」 [164]
Style Network (スタイル・ネットワーク) 米国 2013年
2014年
「Built」 [164]
ABCファミリー 米国 2014年 スイッチ ~運命のいたずら~ 」シーズン3第5話 「Have You Really the Courage?」。Captain Funk「Endless Possibilities (feat. Raj Ramayya)」シンクライセンス使用。
Wigs 米国 2014年 「Blue (Season 3)」トレイラー(予告編)(Captain Funk「Somebody Like You (Electro Psyche Rock Mix) feat. MeriNeeser」)
ESPN 米国 2014年 「ESPN Films」 [164]
DirecTV 米国 2014年 「Big Knockout Boxing」 [164]
MMA Fighting 米国 2014年 「Countdown to UFC」 [164]
ディズニー・チャンネル 米国 2014年 ディズニー・クルーズ・ライン 「A Look Behind The Scenes」[169]
MuchMusic カナダ 2014年 「New Music Live」 [164]
CW 米国 2014年 「18th Annual Critics' Choice Awards」 [164]
Crackle 米国 2014年 「Comedians In Cars Getting Coffee by Jerry Seinfeld: Jimmy Fallon」 [188]
AHC (American Heroes Channel) 米国 2014年~ 「Bullet points」「Shadow Ops」 [169]
Travel Channel 米国、カナダ 2014年~  「BBQ Crawl」 [169]
ABCファミリー 米国 2015年 スイッチ ~運命のいたずら~ 」シーズン4第3話「I Lock the Door Upon Myself」(Captain Funk「I'm Ready To Go」)[189]
Fox Sports 米国 2015年 「MLB on Fox」 [170]
MTV 米国 2015年 「The Challenge: Rivals」 [170]
HGTV 米国 2015年 「Income Property」 [170]
Lifetime 米国 2015年 「Double Divas」 [170]
Spike 米国 2015年 「Ink Master」 [170] 
Centric 米国 2015年 「Being」 [170] 
Esquire 米国 2015年 「Boundless」 [170] 
Slice カナダ 2015年 「Lost and Sold」 [170]
E! online 米国 2015年 「Rich Kids of Bevery Hills」 [170]

日本とアジア・マーケット[編集]

広告[編集]

企業・使用者名 キャンペーン/番組名、使用楽曲など
ナムコ 2000年 『鉄拳』テレビCM(ライセンス提供)
コナミ 2002年 企業広告CM(音楽制作・楽曲提供)
ユニリーバ 2003年 『mod's hair Discover your style 2003 - OE Electronic Sound and Vision Collection-』(青山スパイラル・ホール)、イベント・プロデュース協力、出演、告知テレビCM音楽制作・楽曲提供 [190]
三菱自動車 2005年 コルトプラス』テレビCM(音楽制作・楽曲提供)
三菱自動車 2005年 『世界 ラリー 選手権キャンペーン』テレビCM(音楽制作・楽曲提供)
キャノン 2006年 『ピクサス』テレビCM(出演:長谷川京子)(音楽制作・楽曲提供)[191]
ユニクロ 2006年 『Body Tech(ボディテック)』テレビCM(音楽・サウンドデザイン)[192]
セガジョイポリス 2006年 テレビCM(出演:佐藤隆太)(音楽制作・楽曲提供)
パナソニック 2007年 VIERAグローバル・ブランディング映像『Experience Color』(ニューヨーク・フェスティバル、ウェビー賞、第5回 東京インタラクティブ・アド・アワード受賞作品) [193]
ユニクロ 2007年 「Premium Down(プレミアム・ダウン)」テレビCM(音楽制作・楽曲提供)
ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ
(現ソニーモバイルコミュニケーションズ
2007年 W44S』テレビCM(Captain Funk「Boogie Electricland」使用)[194]
ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ
(現ソニーモバイルコミュニケーションズ
2008年 SO703i』テレビCM(出演:押切もえ)(音楽制作・楽曲提供)[195]
ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ
(現ソニーモバイルコミュニケーションズ
2008年 『S905』テレビCM(音楽制作・楽曲提供)
東京都現代美術館 2008年 展示会『Space for Your Future』告知テレビCM[196]
資生堂 2009年 マキアージュ』テレビCM(出演:蛯原友里、香里奈)(音楽制作・楽曲提供)
ブライダルコスチューム・スエヒロ 2009年
2010年
2012年
テレビCM(出演:杏)(音楽制作・楽曲提供)
ポーラ化粧品 2010年 『B.A』商品発表イベント用楽曲提供
Zoff 2010年 『グラデーションメガネ』テレビCM(音楽制作・楽曲提供)
Zoff 2011年 『Zoff Black』テレビCM(音楽制作・楽曲提供)
資生堂 2011年 『AQUALABEL』テレビCM(出演:観月ありさ)(音楽制作・楽曲提供)
資生堂 2012年 『ホワイトルーセント』テレビCM(中国、台湾、香港、韓国、タイ、シンガポール、ベトナムなどアジア諸国で放映)[197]

その他映画・テレビ関連・アニメーションなど[編集]

企業・使用者名 作品タイトル 詳細
シネカノン 2000年 MONDAY(監督SABU、出演:堤真一、松雪泰子等) 主題歌『Twist & Shout 』・劇中歌「Home Sweet Home」「Rock on the Floor」楽曲提供、シンク・ライセンス
STUDIO 4℃ 2001年 Digital Juice DVD 「Table&Fishman」 「Losin' My Way」のPVを制作した小林治のアニメーション作品へのサウンドトラック制作・楽曲提供。[198]
Neo Plex 2003年 Tokyo Designers Block DVD Vol.1 2003 with 2000-2002 archives OE「Tessera」収録。シンクライセンス。品番IMBP-1001。[199]
日本テレビ 2003年 ドラマ「メッセージ~言葉が裏切っていく~」 OE「Grid Circuit(格子回路)」を挿入曲として楽曲提供。[200]
金沢21世紀美術館 2004年 館内展示映像 館内展示映像のための音楽制作・楽曲提供(ディレクター:タナカノリユキ
ヒルトン東京 2005年 「Twenty One」 コンピレーションアルバムへの楽曲提供。 
DTC
(ダイヤモンド・トレーディング・カンパニー)
2006年 駐日大使館主催「ボツワナ・ウィーク」記念イベント&CD 記念イベントとCDパッケージのための音楽制作・楽曲提供 
Red eye's Film 2007年 「First Lane DVD」 プロスノーボーダーによる映像DVD。Captain Funk「Call on Me」収録。 
SMASH 2008年 「FUJIROCKERS -The History of the Fuji Rock Festival-」 ドキュメンタリーDVD。1999年Captain Funkとして出演時の映像を収録。
NHK 2012年 「極上美の饗宴」番組他 曾我蕭白『雲龍図』(ボストン美術館収蔵)イメージ映像への楽曲提供・その他番組への楽曲ライセンス[201]
よしもとアール・アンド・シー 2013年
2014年
ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 番組/DVD 楽曲ライセンス。

参加したスポンサードイベント[編集]

など多数

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ "Captain Funk Interview" 2008年11月20日 J-Pop World(2015年8月29日閲覧)
  2. ^ "Experience Color" Panasonic 2006(2015年8月29日閲覧)
  3. ^ "Japantimes"(2015年8月29日閲覧)
  4. ^ "UTG INTERVIEW: Tatsuya Oe Discusses Dark Model's Debut LP, Past Projects" 2014年6月26日
  5. ^ "Tokyo: captain funk" Movement Magazine(2015年8月29日閲覧)
  6. ^ "Movement Magazine"(2015年8月29日閲覧)
  7. ^ ) Discogs.com
  8. ^ Japan Beat: The Birth of OE – “Oe burst onto the club scene as the maverick Captain Funk in '99" (’99年、オオエは型破りな存在としてクラブシーンに突如現れた) Metropolis(2015年8月29日閲覧)
  9. ^ Bartz, Simon「Holy big beat funk, Captain! – “What a f***ing insane record. I love it. Can I have two more copies so I can play A1, B1, B2 without forgetting.”」 1999年5月18日(2015年8月29日閲覧)
  10. ^ After Dark" Metropolis(2015年8月29日閲覧)
  11. ^ Critic's Choice" 8 September 2001 Billboard. (2015年8月29日閲覧)</
  12. ^ "The Year in Music 2001" 7 January 2002 Billboard(2015年8月29日閲覧)ご
  13. ^ "The Sounds of Summer" Metropolis(2015年8月29日閲覧)
  14. ^ Bernier, Alexis. "Global Tekno 20 November 1998 Liberation(2015年8月29日閲覧)
  15. ^ Captain Funk/OE"de-VICE #2(2015年8月29日閲覧)
  16. ^ After Dark" Metropolis(2015年8月29日閲覧)
  17. ^ NHK LIVEBEAT「OE (Tastuya Oe/Captain Funk)」 2004年5月12日(2015年8月29日閲覧)
  18. ^ Music" Metropolis(2015年8月29日閲覧)
  19. ^ "David Bowie: A Reality Tour" DAVID BOWIE「A REALITY TOUR」オープニングアクト出演決定!(2015年8月29日閲覧
  20. ^ Model Electronic - About"Model Electronic-About"(2015年8月29日閲覧)
  21. ^ "CD's" Metropolis(2015年8月29日閲覧)
  22. ^ [1] 2008年1月21日2015年8月29日閲覧)
  23. ^ Model Electronic “About Model Electronic” 2015年8月29日閲覧)
  24. ^ J-Pop World interview, November 20, 2008(2015年8月29日閲覧)
  25. ^ Dryza, Kristina David Report - Specialty music boutique for the digital high street “David Report” 2009年1月9日(2015年8月29日閲覧)
  26. ^ "Weekend" 46位上昇中! @ FM石川「KANAZAWA HOT100」 2009年10月3日
  27. ^ 「"Weekend" 現在 5位! @ FM COCOLO HITS40」 2009年9月6日
  28. ^ 「アルバム"Sunshine"とは?」(2015年8月29日閲覧)
  29. ^ Forever 21 - Minnie Muse(2015年8月29日閲覧)
  30. ^ "Forever 21 TV is featuring Captain Funk 'Piece of You'" 2011年11月20日(2015年8月29日閲覧)
  31. ^ 10Asia INTERVIEW - Japanese Shibuya-kei DJ Captain Funk 2010年6月8日(2015年8月29日閲覧)
  32. ^ JMC_Music Wired Party part 1 Captain Funk Highlight 2010年6月29日(2015年8月29日閲覧)
  33. ^ Versions 2011 got ranked at Amazon Japan site" 2011年8月18日(2015年8月29日閲覧)
  34. ^ 「マット・デイモン&ジョディ・フォスター主演による映画「Elysium (エリジウム)」の初公開映像に Dark Modelの音楽が使用されました」 2012年7月20日(2015年8月29日閲覧)
  35. ^ "HTC Droid DNA TV Spot, 'Upgrades' Song by Dark Model" iSpot(2015年8月29日閲覧)
  36. ^ [2](2015年8月29日閲覧)
  37. ^ Lion, Brian REVIEW: Dark Model-'Dark Model'、 2014年7月7日(2015年8月29日閲覧)
  38. ^ Dark Model Drops the Bass on Intensely Orchestral Debut(2015年8月29日閲覧)
  39. ^ 14th Annual Independent Music Awards "Album Nominees: 14th Annual Independent Music Awards"(2015年8月29日閲覧)
  40. ^ "ブライアン ライオンとの対談"
  41. ^ "Movement Magazine"(2015年8月29日閲覧)
  42. ^ "Dark Model 新曲「Rage and Redemption」解説&制作ガイド"(2015年8月29日閲覧)
  43. ^ [3]
  44. ^ "海外契約書の傾向と対策"(2015年8月29日閲覧)
  45. ^ "音楽ライセンス・ビジネスのランドスケープ"(2015年8月29日閲覧)
  46. ^ "Creating a Successful Licensing Business as an Independent Musician: Part I of Interview with Japanese Composer/Musician Tatsuya Oe"(2015年8月29日閲覧)
  47. ^ "Creating a Successful Licensing Business as an Independent Musician: Part II of Interview with Japanese Composer/Musician Tatsuya Oe"(2015年8月29日閲覧)
  48. ^ "Sync Summit Hollywood Speakers"(2015年8月29日閲覧)
  49. ^ [http://www.newyorkfestivals.com/tvfilm/main.php?p=3,1&wp=info&id=309411 "2007 Finalist Certificate"] New York Festivals(2015年8月29日閲覧)
  50. ^ "第5回 東京インタラクティブ・アド・アワード 受賞作品発表" Tokyo Interactive Ad Awards (2015年8月29日閲覧)
  51. ^ Webby Awards - Best use of Animation or Motion Graphics Webby Awards (2015年8月29日閲覧)
  52. ^ "Amazon.co.jp Captain Funk Encounter with"(2015年8月29日閲覧)
  53. ^ " Amazon.co.jp Captain Korea Platinum Edition"(2015年8月29日閲覧)
  54. ^ OE「Into the Echo」on Apple インタラクティブ・マンガ 「Shinzou.jp」(2015年8月29日閲覧)
  55. ^ 「Oath (Dubstep Remix)」着うた発売 on Verizon Tones Store」(2015年8月29日閲覧)
  56. ^ 「Dark Model Music Store がオープンしました」
  57. ^ Dark Model Official Store」(2015年8月29日閲覧)
  58. ^ Dark Model ファースト・フル・アルバム
  59. ^ Rage and Redemption (First Version)(2015年8月29日閲覧)
  60. ^ Discogs "Various - Thai"(2015年8月29日閲覧)
  61. ^ Discogs "Various - Pacific State"(2015年8月29日閲覧)
  62. ^ Discogs "Various - DJ's Works Vol. 1 - Ultimate DJ's Tokyo Underground"(2015年8月29日閲覧)
  63. ^ Discogs "Various - DJ's Works Vol. 1 - Ultimate DJ's Tokyo Underground"(2015年8月29日閲覧)
  64. ^ Discogs "Various - DJ's Works Vol. 1 - Ultimate DJ's Tokyo Underground"(2015年8月29日閲覧)
  65. ^ Discogs " Carl Cox - Non Stop 98/01"(2015年8月29日閲覧)
  66. ^ Discogs "Captain Funk - Style Stage 8 - Bustin' Out 74 Minutes Mix"(2015年8月29日閲覧)
  67. ^ Discogs "Various - Burning Big Beats"(2015年8月29日閲覧)
  68. ^ Discogs "Various - Bomb Boutique"(2015年8月29日閲覧)
  69. ^ Discogs "Various - Skank You Too!" (2015年8月29日閲覧)
  70. ^ Discogs "Various - Avenue A Presents Something Else Volume Two"(2015年8月29日閲覧)
  71. ^ Discogs "Various - All Mixed Up"(2015年8月29日閲覧)
  72. ^ Discogs "Various - Future Electronica '99"(2015年8月29日閲覧)
  73. ^ Discogs " Krafty Kuts - Slam The Breaks On"(2015年8月29日閲覧)
  74. ^ Amazon 「ダンスマニア・ウィンターズ~ロック・グルーヴ」 (2015年8月29日閲覧)
  75. ^ Amazon 「ダンスマニア・ウィンターズ2」 (2015年8月29日閲覧)
  76. ^ Amazon 「MONDAY」サウンドトラック (2015年8月29日閲覧)
  77. ^ "N"(2015年8月29日閲覧)
  78. ^ Discogs " Christopher Just - Let There Be Pop - Christopher Just Remixes From 1995 To 2003"(2015年8月29日閲覧)
  79. ^ Discogs "Various - Wkm Tribute To Walkman"(2015年8月29日閲覧)
  80. ^ Discogs "Various - Tokyo Sound System 2"(2015年8月29日閲覧)
  81. ^ Elektrax Music (2015年8月29日閲覧)
  82. ^ Amazon 岡村靖幸「OH!ベスト」
  83. ^ Discogs " Zoobombs - Jumbo"(2015年8月29日閲覧)
  84. ^ Amazon "Spank Happy - Computer House of Mode"(2015年8月29日閲覧)
  85. ^ Amazon "Spank Happy - VENDOME,LA SICK KAISEKI"(2015年8月29日閲覧)
  86. ^ Discogs " Otomo Yoshihide's New Jazz Quintet & Tatsuya Oe - ONJQ + OE"(2015年8月29日閲覧)
  87. ^ Discog " ONJQ + OE - Short Density"(2015年8月29日閲覧)
  88. ^ (2015年8月29日閲覧)
  89. ^ 凸版印刷「iPod(R)向けアートコンテンツ「『ART STAR』現代アートシリーズ」を オンラインストアAmazon.co.jp(R)で発売開始」 (2015年8月29日閲覧)
  90. ^ Amazon オトノ葉Entertainment「オトノ家」 (2015年8月29日閲覧)
  91. ^ Amazon 電撃チョモランマ「DO THE SMILE~エガオノチカラ~KOOL編」(2015年8月29日閲覧)
  92. ^ Amazon 電撃チョモランマ「ダンスノチカラ HAPPY編」 (2015年8月29日閲覧)
  93. ^ Discogs "Manta 1000 - Prenom Betty"(2015年8月29日閲覧)
  94. ^ Discogs "Various - Easy Tempo Experience - The Third Dimension"(2015年8月29日閲覧)
  95. ^ Barks「マンガとiTunesの関係(2)Shinzou.jpとは」(2015年8月29日閲覧)
  96. ^ Amazon「セルジュ・ゲンスブールに捧ぐ」 (2015年8月29日閲覧)
  97. ^ Amazon「Ultras2006」 (2015年8月29日閲覧)
  98. ^ Discogs "James Brown - Dynamite X"(2015年8月29日閲覧)
  99. ^ Amazon "Diana Ross & The Supremes Remixes"(2015年8月29日閲覧)
  100. ^ Discogs "Dune - We Are In There You Are Out Here - The Remixes"(2015年8月29日閲覧)
  101. ^ Discogs "Radiopilot - Monster"(2015年8月29日閲覧)
  102. ^ Juno Download "Demolition Disco - Big Mama EP part one"(2015年8月29日閲覧)
  103. ^ Juno Download "Demolition Disco - Big Mama EP part one"(2015年8月29日閲覧)
  104. ^ Discogs "Flare - Dir.r Remixes EP"(2015年8月29日閲覧)
  105. ^ Discogs "Various - Seven Remixes"(2015年8月29日閲覧)
  106. ^ Discogs " Denki Groove - Asunaro Sunshine (Takkyu Ishino Reconstruction) "(2015年8月29日閲覧)
  107. ^  Discogs "Denki Groove - Double A "(2015年8月29日閲覧)
  108. ^ Discogs "Various - Sublime The Rmxs"(2015年8月29日閲覧)
  109. ^ Discogs " Ken Ishii - Islands & Continents - 600 Mhz"(2015年8月29日閲覧)
  110. ^ Discogs " Museum Of Plate - Practical Symphony No.5 (Samurai Remixes)" (2015年8月29日閲覧)
  111. ^ Amazon "Original Love - Honey Flesh"(2015年8月29日閲覧)
  112. ^  Amazon「Alex Inc - One Day」(2015年8月29日閲覧)
  113. ^ Amazon 「フィンガー天国」(2015年8月29日閲覧)
  114. ^  Discogs "Fantastic Plastic Machine - F International Standard"(2015年8月29日閲覧)
  115. ^ Discogs " Puffy - PRMX (Puffy Re-Mix Project Licensed To Skill)" (2015年8月29日閲覧)
  116. ^ Amazon「SBK - Super Best」 (2015年8月29日閲覧)
  117. ^ Amazon「Wino - The Action (All I really want to do)」 (2015年8月29日閲覧)
  118. ^ Discogs "Tomoyasu Hotei - Vampire (Remixes)" (2015年8月29日閲覧)
  119. ^ Amazon「Leyona - Tone」(2015年8月29日閲覧)
  120. ^ Discogs "Tommy february6 - Everyday At The Bus Stop"(2015年8月29日閲覧)
  121. ^ Amazon「Tiger - Please」 (2015年8月29日閲覧)
  122. ^ Amazon「Joujouka - New Asians」 (2015年8月29日閲覧)
  123. ^ Amazon「Uzumaki - Borderless」 (2015年8月29日閲覧)
  124. ^ Amazon「Sugar Soul - Soul Mix」 (2015年8月29日閲覧)
  125. ^ Discogs "Date Course Pentagon Royal Garden - General Representation Products Chain Drastism 1-CD"(2015年8月29日閲覧)
  126. ^ EWE「南博 - MINIMA-GO THERE! remix」 (2015年8月29日閲覧)
  127. ^ Discogs "Anna Tsuchiya - Taste My xxxRemixxxxxxx!!!!!!!! Beat Life!" (2015年8月29日閲覧)
  128. ^ Amazon「the Arrows - ナイトコール」 (2015年8月29日閲覧)
  129. ^ 「Forever 21 - Minnie Muse」映像にCaptain Funk「Piece of You」がフィーチャーされました」
  130. ^ Forever 21 - Minnie Muse(2015年8月29日閲覧)
  131. ^ Kyrie Irving: What Would I Do With Pepsi MAX For Life?? | Commercial(2015年8月29日閲覧)
  132. ^ 米国バーガーキングのTV広告「Bacon & Cheddar BK Toppers」に楽曲ライセンス提供しました(2015年8月29日閲覧)
  133. ^ Skechers - Commercials (2015年8月29日閲覧)
  134. ^ Skechers - Commercials(2015年8月29日閲覧)
  135. ^ a b c "Recent Placements for Corporate Videos" 2012年4月12日(2015年8月29日閲覧)
  136. ^ "Assista ao vídeo da campanha do ELLE Collection Lenços Exclusivos" 2012年5月23日 ELLE(2015年8月29日閲覧)
  137. ^ "Thermopor Glas Imagefilm" 2012年2月16日(2015年8月29日閲覧)
  138. ^ "Ashley Smith x Forever 21" 2012年9月21日
  139. ^ "Craig Alexander Beyond Reason"
  140. ^ "KFC Krushers" 2012年4月10日]
  141. ^ ispot.tv "HTC Droid DNA TV Commercial, 'Upgrades' Song by Dark Model" (2015年8月29日閲覧)
  142. ^ "IN SEARCH OF INCREDIBLE - The making of" 2012年12月19日(2015年8月29日閲覧)
  143. ^ "Emmys 2012: Stars Reveal Which TV Family They Most Resemble" 2012年9月24日(2015年8月29日閲覧)
  144. ^ "Music Placement: Forever21 “The DIY Files” (4 videos)" 2013年5月20日(2015年8月29日閲覧)
  145. ^ Travel+Leisure "Hot Spots of Columbia Road" 2013年1月9日(2015年8月29日閲覧)
  146. ^ Travel+Leisure "Hot Spots of Columbia Road" 2013年1月9日2015年8月29日閲覧)
  147. ^ "Skype in the classroom: World Read Aloud Day" 2013年5月20日(2015年8月29日閲覧)
  148. ^ "Patagonia Waders" 2013年2月7日(2015年8月29日閲覧)
  149. ^ "Bergdorf Goodman Spring Collections: Jaipur" 2013年2月26日(2015年8月29日閲覧)
  150. ^ "The DEWeezy Project: The Documentary" 2013年3月30日(2015年8月29日閲覧)
  151. ^ 「Dark Model「Fate」が英国Lucozade Sport のキャンペーン「Endurance」で使用されました」(2015年8月29日閲覧)
  152. ^ "Forever 21 Beauty: Boho Bronze Makeup and Hair Chalk Braid Tutorial" 2013年7月2日(2015年8月29日閲覧)
  153. ^ "Model Docs: Sung Jin Park" 2013年1月13日(2015年8月29日閲覧)
  154. ^ "Teaching for Tomorrow: Establishing a College-Going Tradition" 2013年2月13日(2015年8月29日閲覧)
  155. ^ "Sets In Motion: A Women's Wake Film"(2015年8月29日閲覧)
  156. ^ 「ウィルソン・スポーツ「Inside the Wilson Innovation Center」キャンペーンに「Requiem for an Angel」が使用されました」(2015年8月29日閲覧)
  157. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 「メディア/広告への楽曲ライセンス実績 - 2013 秋」 (2015年8月29日閲覧)
  158. ^ "Burton High Fives Go-Kart Captain Race"-2013年9月10日(2015年8月29日閲覧)
  159. ^ "Xcel TD3 - Warmer, Lighter, Drier" 2013年8月5日(2015年8月29日閲覧)
  160. ^ "Global Sales Experience (GSX)"(2015年8月29日閲覧)
  161. ^ a b c d e 「メディア/広告への楽曲ライセンス実績-2013 冬」2013年1月28日(2015年8月29日閲覧)
  162. ^ 「"Requiem for an Angel" on WALLPAPER* magazine」 2013年12月25日(2015年8月29日閲覧)
  163. ^ "Bali's Big Eco Weekend: Uluwatu Challenge"2015年8月29日閲覧)
  164. ^ a b c d e f g h i j k l m n 「メディア/広告への楽曲ライセンス実績-2014 夏」2014年8月28日(2015年8月29日閲覧)
  165. ^ 「メディア/広告への楽曲ライセンス実績-2014 夏」 2014年8月28日(2015年8月29日閲覧)
  166. ^ "Fox Wake Presents | Rusty Malinoski We Live | The Extra Mile" 2014年10月29日(2015年8月29日閲覧)
  167. ^ "Annika Langvad: Double Life" 2014年11月26日(2015年8月29日閲覧)
  168. ^ anon.M3 2015年1月28日(2015年8月29日閲覧)
  169. ^ a b c d e f g 「メディア/広告への楽曲ライセンス実績- 2015 冬」 2015年1月19日(2015年8月29日閲覧)
  170. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 「メディア/広告への楽曲ライセンス実績 - 2015 春」 2015年7月7日(2015年8月29日閲覧)
  171. ^ "Reality Is: Pool :15 Commercial" 2014年11月25日(2015年8月29日閲覧)
  172. ^ "Hollister #SoCalStylist How-To: 3 Ways to Wear High Rise Denim Shorts" 2015年5月30日(2015年8月29日閲覧)
  173. ^ 「Dark Model"Bionic Warrior" がヘッドホン・ブランド The House of Marley にフィーチャーされています」 2015年7月22日(2015年8月29日閲覧)
  174. ^ Specialized "Links" 2015年5月11日(2015年8月29日閲覧)
  175. ^ "Winter storm Thor comes to New York" (2015年8月29日閲覧)
  176. ^ 「Dark Model "Broken Arrows" がボードゲームMiddaraのKickstarterキャンペーンに使用されました」 2015年6月19日(2015年8月29日閲覧)
  177. ^ "Defining Who You Are SLATE"(2015年8月29日閲覧)
  178. ^ "Fox MX Presents | Pura Vida Motocross" 2015年5月27日(2015年8月29日閲覧)
  179. ^ Specialized Bicycles "The New S-Works Venge" 2015年6月23日(2015年8月29日閲覧)
  180. ^ 「Captain Funk's 2 Songs are Featured in PS3 Game "Dance Battle VS"」 2011年11月19日
  181. ^ 「マット・デイモン&ジョディ・フォスター主演による映画「Elysium (エリジウム)」の初公開映像に Dark Modelの音楽が使用されました」 2012年7月20日
  182. ^ "Fire Back on The Paper Boy TV Spot"
  183. ^ "Northern Ballet - Kevin Poeung, Brief Landing" 2013年9月5日
  184. ^ "Forza Motorsport 5: Meguiar's Car Pack" 2014年5月6日
  185. ^ 「オプラ・ウィンフリー・ネットワークのTV番組「Welcome to Sweetie Pie’s」に楽曲ライセンス提供をしました」 2012年6月29日
  186. ^ 「"Superfoxy (Dirty Electro Inst Mix)" featured on Syfy "Hot Set"」2012年8月25日
  187. ^ Teen Choice Awards 2012
  188. ^ 「Dark Model「Judgment Day」が米人気番組「Comedians In Cars : ジミー・ファロン編」で使用されました」 2014年12月28日
  189. ^ Music from Switched at Birth - Season 4 Episode 3 "Tunefind"
  190. ^ Cafe@Franken「mod's hair Discover your style 2003 - OE Electronic Sound and Vision Collection-」
  191. ^ 「PIXUS 広告ギャラリー&デジタルプレミアム」 2006年3月1日
  192. ^ 「ユニクロ「ボディ・テック」TVコマーシャルの音楽&サウンドデザインを担当しました」 2006年5月27日
  193. ^ 「作曲を担当したパナソニック・ビエラ "Experience Color" が複数の賞を受賞しました」 2007年8月16日
  194. ^ 「ソニー・エリクソン携帯 「au W44S」のテレビコマーシャルに楽曲提供しました 」 2006年12月15日
  195. ^ 「ソニーエリクソン携帯 SO703i「Beauty Renaissance」テレビCM音楽を制作しました」 2007年4月28日
  196. ^ 「東京都現代美術館エキシビション "Space For Your Future" テレビCMの音楽を制作しました」 2007年11月12日
  197. ^ "Shiseido Asia White Lucent TV Ad" 2012年4月22日
  198. ^ Studio 4C - Digital Juice 5 - Table and Fishman(2015年8月29日閲覧)
  199. ^ TatsuyaOe.com Discography2015年8月29日閲覧)
  200. ^ Amazon「メッセージ~言葉が、裏切っていく」サウンドトラック(2015年8月29日閲覧)
  201. ^ 「曾我蕭白「雲龍図」のための音楽 at NHK 「極上美の饗宴」 2012年5月15日(2015年8月29日閲覧)
  202. ^ Pump20 2009年11月25日(2015年8月29日閲覧)
  203. ^ MILD SEVEN presents Blue Windy Night vol.6(2015年8月29日閲覧)
  204. ^ West Nachtclub Tour(2015年8月29日閲覧)

外部リンク[編集]