トライスター ピクチャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トライスター ピクチャーズ
TriStar Pictures
TriStar Pictures.png
種類 子会社
略称 TP
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州カルバーシティ
設立 1982年
事業内容 映画製作、配給
所有者 ソニーグループ
主要株主 ソニー・ピクチャーズ エンターテイメント
主要部門 トライスター・プロダクションズ
テンプレートを表示

トライスター ピクチャーズ(TriStar Pictures, Inc.、1991年までの綴りはTri-Star、トライ=スター)は、1982年コロンビア ピクチャーズの子会社として設立された。現在は、コロンビア ピクチャーズと共にソニー・ピクチャーズ エンタテインメントソニーグループ)の子会社。

設立と変遷[編集]

1982年、慢性的に膨張する映画製作費を折半するため、当時コカ・コーラ資本下にあったコロンビア映画と、HBOCBSの共同出資によって設立された。初めて配給をした映画は『ナチュラル』。2作目には、かつてMGMが製作した『ボーイハント』をリメイクするが、こちらは興行的に失敗で終わっている。

1984年にCBSが、1987年12月にHBOが事業から撤退したため、コロンビア映画が一手に引き受けることとなり、コロンビア・ピクチャーズ・エンターテイメントによって買収される。しかし、その後もトライスターとコロンビア映画の両社は、それぞれ別名義で映画製作・配給を続けていた。

1989年、コカ・コーラのエンターテイメント事業がソニーによって買収され、トライスターとコロンビア映画はソニー・ピクチャーズ傘下へと編入されるが、ここでも両社の名義は残されている。1998年夏、ソニー・ピクチャーズはトライスターとコロンビア映画を「コロンビア・トライスター・ピクチャーズ」として再編成するも、三たびそれぞれの部門は独自名義を残したまま映画製作・配給を継続した。2004年にトライスターは、“ジャンルごとの特色を強調する”ための製作部門として事業を再発進させている[1]。また配給のみを担当するケースもある。

2013年ソニー・ピクチャーズは、20世紀フォックスの共同会長だったトーマス・ロスマン2015年にはSPMPGの会長に就任)との合弁事業であるトライスター・プロダクションズを設立[2]。トライスター映画の一部門となった。

主な作品[編集]

1980年代[編集]

1990年代[編集]

2000年以降[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Sony Pictures - Corporate Fact Sheet Archived 2005年11月4日, at the Wayback Machine.(英語)
  2. ^ 米ソニー・ピクチャーズ、トライスター部門を強化”. 映画.com. 株式会社エイガ・ドット・コム (2013年8月11日). 2020年4月19日閲覧。