トライスター・ピクチャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

トライスター・ピクチャーズ(TriStar Pictures, Inc., 1991年までの綴りはTri-Star, トライ・スター)は、1982年に設立されたコロンビア映画の子会社。現在はソニー・ピクチャーズ傘下にある。

設立と変遷[編集]

1982年、慢性的に膨張する映画製作費を折半するため、当時コカ・コーラ資本下にあったコロンビア映画と、HBO, CBSの共同出資によって設立された。初めて配給をした映画は『ナチュラル』。2作目には、かつてMGMが製作した『ボーイハント』をリメイクするが、こちらは興行的に失敗で終わっている。

1984年にCBSが、1987年12月にHBOが事業から撤退したため、コロンビア映画が一手に引き受けることとなり、コロンビア・ピクチャーズ・エンターテイメントによって買収される。しかし、その後もトライスターとコロンビア映画の両社は、それぞれ別名義で映画製作・配給を続けていた。

1989年、コカ・コーラのエンターテイメント事業がソニーによって買収され、トライスターとコロンビア映画はソニー・ピクチャーズ傘下へと編入されるが、ここでも両社の名義は残されている。1998年夏、ソニー・ピクチャーズはトライスターとコロンビア映画を「コロンビア・トライスター・ピクチャーズ」として再編成するも、三たびそれぞれの部門は独自名義を残したまま映画製作・配給を継続した。2004年にトライスターは、“ジャンルごとの特色を強調する”ための製作部門として事業を再発進させている[1]

配給のみを担当するケースもある。

主な作品[編集]

1980年代[編集]

1990年代[編集]

2000年以降[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Sony Pictures - Corporate Fact Sheet Archived 2005年11月4日, at the Wayback Machine.(英語)