ザ・コール 緊急通報指令室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ザ・コール 緊急通報指令室
The Call
監督 ブラッド・アンダーソン
脚本 リチャード・ドヴィディオ
製作 ジェフ・グラウプ
マイケル・J・ルイジ
ロバート・L・スタイン
マイケル・A・ヘルファント
ブラッドリー・ギャロ
製作総指揮 ウィリアム・C・ギャロ
フィリップ・M・コーエン
デイル・ローゼンブルーム
ガイ・J・ルーサン
出演者 ハル・ベリー
アビゲイル・ブレスリン
音楽 ジョン・デブニー
撮影 トム・ヤツコ
編集 アヴィ・ユアビン
製作会社 トライスター・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 トライスター・ピクチャーズ
日本の旗 東京テアトル
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年3月15日
日本の旗 2013年11月30日
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $13,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗$51,872,378[1]
世界の旗$68,572,378[1]
テンプレートを表示

ザ・コール 緊急通報指令室』(原題:The Call)は、2013年制作のアメリカ合衆国サスペンススリラー映画

あらすじ[編集]

ロサンゼルス市警察の911(緊急通報用電話番号)のオペレーター・ジョーダンは、不法侵入者に怯える少女レイアからの緊急電話を受けた際、わずかな判断ミスにより彼女を救えず(携帯電話が切れた時のジョーダンからの発信音で少女は男に見つかり、誘拐され殺害されてしまう)、自責の念に苛まれ、オペレーターを辞める決意を固めた。

その半年後、研修生の指導にあたっていたジョーダンは、何者かに拉致されて移動する車のトランクの中から助けを求める少女ケイシーの緊急通報を受ける。彼女はシリアルキラー(病で頭髪が抜けながら死んだ姉と同じ少女の美しい金髪に執着する狂人)に誘拐されて彼が運転する車のトランクに閉じ込められ、その中から緊急通報してきたのだ。経験豊富なジョーダンは、すぐにケイシーが緊迫した状況であることを察知、彼女に指示を与える。

やがてジョーダンは、ジョーダンに捨て台詞を吐いたその誘拐犯マイケル・フォスターの声が、レイアを拉致した殺人鬼と同じである事に気付き、自身の葛藤を抱えながらケイシーの救出に乗り出していく。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

その他日本語吹替
橘潤二小泉隼人小田柿悠太米倉希代子藤巻大悟相川奈都姫

脚注[編集]

  1. ^ a b c The Call (2013)”. Box Office Mojo. 2013年12月7日閲覧。

外部リンク[編集]