ザ・ウォーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・ウォーク
The Walk
監督 ロバート・ゼメキス
脚本 ロバート・ゼメキス
クリストファー・ブラウン
原作 フィリップ・プティ『マン・オン・ワイヤー』(白揚社
製作 トム・ロスマン英語版
スティーヴ・スターキー
ロバート・ゼメキス
ジャック・ラプケ英語版
製作総指揮 シェリラン・マーティン
ジャクリーン・ラビーン
ベン・ワイズバーン
出演者 ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
ベン・キングズレー
シャルロット・ルボン
ジェームズ・バッジ・デール
音楽 アラン・シルヴェストリ
撮影 ダリウス・ウォルスキー
編集 ジェレマイア・オドリスコル
製作会社 トライスター・プロダクションズ英語版
イメージムーバーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 トライスター・ピクチャーズ
日本の旗 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2015年9月30日
日本の旗 2016年1月23日
上映時間 123分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
フランス語
製作費 $35,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $61,181,942[2]
日本の旗 2億9400万円[3]
テンプレートを表示

ザ・ウォーク』(原題: The Walk)は、2015年アメリカ合衆国伝記映画。監督はロバート・ゼメキス、主演はジョゼフ・ゴードン=レヴィット

1974年にワールドトレードセンターで綱渡りしてニューヨークの市民を驚かせたフランスの綱渡りの大道芸人フィリップ・プティのノンフィクション『マン・オン・ワイヤー』を原作としている。

概略[編集]

1974年8月7日、フィリップ・プティはワールドトレードセンターの屋上にいた。ツインタワーの間にはワイヤーが張られていた。プティは綱渡りでツインタワーの間を渡りきろうとしていたのである。この無謀かつ非合法な挑戦に至るまでの経緯とその挑戦の過程・結果を描き出した作品である。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

第28回東京国際映画祭2015年10月)に登壇したロバート・ゼメキス監督(写真左)とプロデューサーのジャック・ラプケ

主演を務めたゴードン=レヴィットは綱渡りをしたことがなかったため、プティ本人の指導のもと猛特訓を行った。その結果、練習8日目にして、綱の上を補助なしで歩けるようになった。ゴードン=レヴィットは撮影の合間を縫って練習を重ねていたという。最後の綱渡りのシーンはスタントマンも使いながら、レヴィット自らスタジオ内で綱渡りをして撮影された[4]。ワイヤーはスタジオの床から12フィートのところに張られており、その張り方は1974年の挑戦の時と同じ張り方だったという。ゴードン=レヴィットはよりしっかりとしたイメージを持つために、ワールドトレードセンターのツインタワー跡地にある2つの記念碑の間を実際に歩いた。ゴードン=レヴィットは2001年の夏にワールドトレードセンターにあった展望台に行ったことがあり、その記憶も演技に生かしたと述べている[4]。また、ゴードン=レヴィットはフランス人のプティを演じるにあたって、フランス訛りの英語の習得にも努めた。シャルロット・ルボンの協力もあって、ゴードン=レヴィットは完璧なパリ風英語を習得できた[4]

2014年5月26日、本作の主要撮影がカナダモントリオールで始まり、同年8月6日に撮影が終了した[5][6]

公開[編集]

2015年9月26日、本作はニューヨーク映画祭でプレミアを迎えた[7]。30日にはIMAX設備のある映画館で先行上映が始まり、10月9日にはその上映規模を拡大させた[8]

興行収入[編集]

2015年9月30日、本作は全米443館という規模で限定公開され、156万ドルを稼ぎ出し週末興行収入ランキング初登場11位となった[9]。翌週の拡大公開では、全米2509館での上映が始まり、371万ドルを稼ぎ出し週末興行収入ランキング7位となった[10]

評価[編集]

本作は批評家から絶賛されている(特に綱渡りのシーンは評価が高い)。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには199件のレビューがあり、批評家支持率は85%、平均点は10点満点で7.2点となっている。サイト側による批評家の意見の要約は「『ザ・ウォーク』はスリリングの視覚効果と実話に基づいた人間ドラマのバランスをうまい具合にとっている作品である。活力に満ちた人間の描写が見る者の印象に残る。」となっている[11]。また、Metacriticには41件のレビューがあり、加重平均値は70/100となっている[12]。なお、本作のシネマスコアはA-となっている[13]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ THE WALK [2D]”. 2015年10月31日閲覧。
  2. ^ a b The Walk (2015)” (英語). Box Office Mojo. 2015年10月31日閲覧。
  3. ^ キネマ旬報 2017年3月下旬号』p.74
  4. ^ a b c NYFF: How 'The Walk' Director Robert Zemeckis Shot Joseph Gordon-Levitt's "Painful" High-Wire Scenes”. 2015年10月31日閲覧。
  5. ^ Robert Zemeckis’ Next Officially Titled The Walk, Wraps Production”. 2015年10月31日閲覧。
  6. ^ L'acteur Joseph Gordon-Levitt aperçu sur le plateau du film « The Walk » tourné à Montréal (PHOTOS)”. 2015年10月31日閲覧。
  7. ^ The Pope forces New York Film Festival to postpone The Walk premiere”. 2015年10月31日閲覧。
  8. ^ Joseph Gordon-Levitt’s ‘The Walk’ Running Early at Imax Locations”. 2015年10月31日閲覧。
  9. ^ October 2-4, 2015”. 2015年10月31日閲覧。
  10. ^ October 9-11, 2015”. 2015年10月31日閲覧。
  11. ^ The Walk”. 2015年10月31日閲覧。
  12. ^ The Walk”. 2015年10月31日閲覧。
  13. ^ How ‘Everest’ and ‘The Walk’ Early Imax Runs Could Shake Up the Movie Business”. 2015年10月31日閲覧。

外部リンク[編集]