カラーテレビゲーム15

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カラーテレビゲーム15
Color TV-Game 15.jpg
カラーテレビゲーム15
メーカー 任天堂
種別 据え置き型
世代 第1世代
発売日 1977年7月
コントローラ入力 有線パドルコントローラ
次世代ハードウェア ファミリーコンピュータ
テンプレートを表示

カラーテレビゲーム15(フィフティーン)とは、任天堂1977年7月に発売した家庭向けテレビゲーム

概要[編集]

テレビゲーム6

任天堂初のテレビゲーム。100万台を売り上げた。

元は電卓メーカー「システック」と三菱電機が共同開発していたものであり、システックが倒産したのを受け、三菱電機が任天堂に企画を持ち込み、さらに改良を加えて発売までに至った。内容は主にPONGに代表されるテニスまたは卓球ゲームの類である。ケーブルで本体に接続されたコントローラーが二個あり、それぞれのプレーヤーはコントローラーを手に持って操作することもできた。

廉価版の「カラーテレビゲーム6(シックス)」と共に発売した。テレビゲーム6では、テレビゲーム15のゲームスイッチ(遊べるゲームの数)を9つも省いてあり、ゲームコントローラーも本体直付けだったため、定価で5000円以上の価格差があった「15」のほうが人気が高かった。これは任天堂の販売戦略によるものとされている。価格は廉価版だった「6」が定価9,800円、「15」の方が15,000円である。

この当時、テレビゲームのソフトウェアは本体に内蔵された電子回路で構成された物で、現在のゲーム機のようにCPUプログラムを与えて画像を表示したりする物ではないために、ソフトウェアを交換する事はできず、スイッチの切り替えでゲームの内容を電子回路の切り替えによって変更していた。これを家庭用のテレビ受像機に接続して遊ぶ。

テニスゲームやブロック崩しの操作といえば可変抵抗器を使用したボリュームタイプのコントローラーが広く知られているが、初期型(Model CTG-15S 黄色筐体)ではつまみにマイクロスイッチが内蔵されていた。これは少しひねるだけでよかったが、パドルを等速でしか動かすことができず素早い動きに対応できなかった。この入力方式はアーケードゲーム機の『コズミックモンスター』(当時のユニバーサル、『スペースインベーダー』のコピー)筐体付属のコントローラーでも採用されている。改良型(Model CTG-15V オレンジ色筐体)ではボリューム式に変更された。

後発のカラーテレビゲームシリーズとの共用が可能なACアダプターはまったく同じ品番で大きさと定格入力容量が異なる2種類が存在する。

後発の悩み[編集]

任天堂は家庭用テレビゲーム業界では、むしろ後発の部類に入るメーカーで、当時は自社内にもテレビゲームの開発ができるスタッフも揃っていなかったという。

本製品に先んじる事2年のエポック社テレビテニスで主流を作っていた市場にあっては同製品が2万円前後という値段のため、後発メーカーとしては価格で勝負するしかなく、ゲーム機としての機能を削りに削ってとにかく安く作り上げ、それでも完全な赤字で製造・販売された「6」と、やや他社製品より安いが採算の取れる「15」で攻勢をかける事となった。

実際は「6」も「15」も中身(電子回路や基板)は基本的に同じ物が入っており、「15」の機能を後から手を加えて表面上利用できないようにしたのが「6」である。2万円が1万5,000円になっても大きなインパクトはないが、1万円を切っていれば印象が全く違う。そこで「6」で客の目を引きつけ、その上で沢山遊べる「15」の方を選ばせるという二段構えの戦術を取り、多少の赤字には目をつぶるという狙いがあった。また同じように参入を狙っていた他社は9,800円のライバルに二の足を踏み、手を出す事ができなかったといわれている。ほとんど啖呵売の世界であるが、結果的にこの狙いは的中することになる。

なおエポック社は先発メーカーの強みもあって、任天堂の発売に触発されて同年に同じ価格帯で4人対戦も可能で射撃ゲームも楽しめた製品「システム10」とその廉価版の「M2」を投入したが、それでも任天堂の製品は、そのコンパクトで扱いやすいことから一定の評価を獲得していた。

この時代、テレビゲームといえば本製品のようなPONGクローンとも呼ばれるテニスゲーム以外にも、様々なゲームへと多様化して行く過渡期にあったが、この「6」と「15」の合計で約80~100万台(諸説あり)を売り上げる結果となり、後に任天堂の「安価なハードウェアで売り抜け」路線を決定付ける事となる。特に本体売り上げよりもソフトウェア売り上げが重要視されたファミリーコンピュータでは本製品で自信を付けた任天堂が強気の販売戦略で本体価格を大幅に下げる一因ともなった。

後続製品[編集]

本製品の好調な売り上げにより任天堂は、本格的なテレビゲーム業界参入を果たす。

レーシング112(1978年
トップビューのレーシングゲーム。本体中央に大型のハンドルと、その左横に2速のシフトレバーが取り付けられていたが、アクセルはないのでシフトレバーでスピードが2段階に変更できるだけである。112種類のゲームが遊べるという触れ込みだったが、内容は同一のレースゲームが設定の組み合わせで112通りのバリエーションになるだけで、消費者に飽きられるのも早かったとされる。価格は12,800円で、販売台数は約16万台程だった。
ブロック崩し(1979年
ゲームセンターで人気を博した他社(アタリ)のブロック崩しを家庭向け製品にしたもの。任天堂が初めて自社開発した製品であるが、開発に手間取り販売時期が遅れたため売り上げは伸び悩み、販売台数は約40万台だったという。価格は13,500円だった。
コンピュータTVゲーム(1980年
任天堂がゲームセンターで発売した対戦型アーケードゲーム「コンピューターオセロゲーム」を家庭向き製品にしたもの。基板はアーケードの物を流用している。専用のACアダプタは他のカラーテレビゲームとは違い、重量が2kgもある。電子オセロゲーム一種類しか遊ぶことが出来ない上に価格も48,000円と任天堂のゲーム機にしてはとても高価だった事が裏目に出てしまい、史上最悪の売り上げを記録する結果になった。流通量が極端に少なく『幻のテレビゲーム』とも呼ばれている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『エレクトニック・ゲーム・コレクターズ』 オークラ出版2000年2月ISBN 4-87278-547-9
  • 『テレビゲームの世界』 ゲームス・スクエア、1997年8月