JT女性社員逆恨み殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

JT女性社員逆恨み殺人事件(ジェイティーじょせいしゃいんさかうらみさつじんじけん)とは1997年4月18日東京都江東区団地で発生した殺人事件。

事件の概要[編集]

1997年4月18日、午後9時半頃、東京都江東区大島の団地の4階にあるエレベーターホールでJT(日本たばこ産業)に勤務する女性(当時44歳)が男(当時54歳)に胸や腹などを刺されて死亡した。

8年前の1989年被害者の女性は男と偶然出会い、深夜の居酒屋で2人で飲酒した後、男はこの女性を強姦して全治2週間の怪我を負わせたあげく、金銭を要求していた。この出来事を元に女性を恐喝しようとしたことで逮捕され、懲役7年の判決を受けた。

刑務所の中でも男は女性が警察に通報したことを逆恨みしており、1997年2月に出所した後、女性の現住所を突き止めて今回の事件に至った(いわゆるお礼参りである)。後に被告裁判で「強姦をバラされたくなければ金をよこせ」と脅迫していたにもかかわらず、「警察に強姦の件について言わないと約束をしたのに破ったから(殺した)」と述べている。この供述を受けて、裁判長を担当した山室惠は思わず「強姦された女性が警察に届けるのは当たり前だろう!」と怒鳴りつけた。

また男は1976年に別の殺人事件(家出中だった16歳少女を別れ話のもつれから絞殺した事件)も起こしており、懲役10年の判決を受けていた。このことが、後々の死刑判決(通常1名の殺害では、死刑は回避される傾向が強い)に至る要因の一つであると考えられている。

また、この事件を契機に、被害者に対し被疑者出所後の情報提供や身辺警護などの対策を行う方針になったとされている。

この男の死刑執行日には鳩山邦夫法務大臣(当時)自らが記者会見で死刑執行者の名前、執行場所、犯罪について公表している。

裁判[編集]

関連項目[編集]