主文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

主文(しゅぶん)とは、裁判の中で、結論を記載した部分をいう。

主文と内容[編集]

主文
無罪判決 被告人は無罪。
有罪判決 被告人を○○に処す。(この裁判が確定した日から○年間その刑の執行を猶予する。)
原告敗訴判決 原告の請求を棄却する
原告勝訴判決 被告は原告に対し、○○を支払え(引き渡せ etc)。
上訴審の棄却判決 本件控訴(上告)を棄却する。
上訴審の破棄判決 原判決を破棄する。

民事訴訟[編集]

民事訴訟終局判決においては、主文で訴えの却下、請求棄却あるいは請求認容が明らかにされなければならない。さらに、訴訟費用の負担(民事訴訟法67条)、控訴権濫用に対する制裁(民事訴訟法303条2項、及び仮執行宣言(民事訴訟法259条)に関する事項も主文に記載される。

既判力があるのは、主文の部分とされる(民事訴訟法114条1項)が、主文の解釈に必要である場合は、理由の参照が許され得る。既判力類似の効力を、主文を超えて理由にまで拡張しようとする争点効という理論があるが、判例では認められていない(最高裁判決昭和44年6月24日判例時報569号48頁)。

刑事訴訟[編集]

刑事訴訟の終局判決においては、主文で刑の言渡し、無罪、刑の免除、免訴公訴棄却あるいは管轄違いが明らかにされなければならない。さらに、刑の執行猶予保護観察没収、押収物還付、罰金等の仮納付、訴訟費用の負担などが必要な場合には主文に記載される。

刑事訴訟における既判力は、認定された犯罪事実又は審判の対象となった犯罪事実と公訴事実において同一と考えられる範囲に及ぶのであって、主文のみで決することはできない。

裁判官が刑事事件の判決を朗読する際、通常は主文を先に言い渡し判決理由を後回しにする。一方で死刑判決の場合は判決理由を先に言い渡し主文を後回しする判決が多く、一般的には主文後回しといわれている。死刑判決において冒頭で主文を言い渡すと被告人が動揺してその後の判決理由を聞かなくなるため、判決理由を被告人によく聞かせるためとされている[1]。このため、判決公判の冒頭に主文朗読がなされずにまず判決理由の説明が行われることは、「死刑の可能性が非常に高い」と裁判の当事者や報道機関等が判断する材料ともなっている。

ただし、判決の主文と判決理由を読み上げる順番については明確な規定があるわけではない。そのため、裁判官によっては、冒頭で主文の死刑判決を言い渡し判決理由を後回しにしたり、無期刑判決で先に判決理由を言い渡し主文を後回しにしたりする例外も存在する。

また、2009年5月、音楽プロデューサー小室哲哉の著作権譲渡に関する詐欺事件において、極めて異例ともいえる主文後回しによる判決理由の説明がおこなわれた。同月21日から始まる予定の裁判員制度の評議では、まず、有罪か無罪かの判断をした上で量刑を決めることになっており、裁判員制度を意識したものとみられている[1]。ただし、この著作権譲渡に関する詐欺事件を担当した杉田宗久元判事は執行猶予でも主文後回しにすることが多い[2]

死刑判決の冒頭主文朗読の例[編集]

無期刑以下判決の主文後回しの例[編集]

求刑死刑
求刑無期刑
求刑有期刑
  • 保全経済会事件、1960年3月、東京地方裁判所判決
  • 小室哲哉著作権譲渡詐欺事件、2009年5月、大阪地方裁判所判決
  • 強制わいせつ致傷事件、2015年12月、千葉地方裁判所、懲役5年判決(裁判員裁判)
  • 宮崎市女性殺人・死体損壊・遺棄事件の2016年2月、宮崎地方裁判所無期懲役判決(裁判員裁判。求刑懲役25年)

脚注[編集]

  1. ^ a b “裁判員制度にらみ?異例の「量刑」後回し”. スポーツニッポン. (2009年5月11日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/flash/KFullFlash20090511041.html 2009年5月12日閲覧。 
  2. ^ 福富正大 (2009年1月23日). “Can You Celebrate?”. にしてんま傍聴日記. 2009年6月1日閲覧。
  3. ^ “浜名湖殺人に死刑判決 「犯人、合理的に推認」 被告、宣告に顔色変えず”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2018年2月24日). オリジナル2018年3月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180309031549/http://www.sankei.com/region/news/180224/rgn1802240052-n1.html 2018年3月9日閲覧。 
  4. ^ “死刑判決「生命軽視の態度著しい」 浜名湖連続殺人で被告指弾”. 静岡新聞アットエス (静岡新聞社). (2018年2月24日). オリジナル2018年3月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180309031552/http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/461290.html 2018年3月9日閲覧。 
  5. ^ “埼玉 熊谷 6人殺害事件 ペルー人被告に死刑判決”. NHKニュース (日本放送協会). (2018年3月9日). オリジナル2018年3月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180309093159/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180309/k10011357371000.html 2018年3月9日閲覧。 
  6. ^ “熊谷6人殺害 被告に死刑判決”. NHK首都圏 (日本放送協会). (2018年3月9日). オリジナル2018年3月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180309093210/http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20180309/0009002.html 2018年3月9日閲覧。 

関連項目[編集]