井田良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井田 良(いだ まこと 1956年2月9日- )は、日本の刑法学者中央大学法務研究科教授[1]慶應義塾大学名誉教授。法学博士ケルン大学ドイツ)、1989年)。名誉法学博士(ザールラント大学(ドイツ)、2009年)。東京都出身[2]。父は、映画監督の井田探[3]

略歴[編集]

学歴
職歴
学外の役職
  • 司法修習委員会幹事(2003年 -)
  • 宗教法人審議会委員(2004年 - 2013年)・会長(2011年 - 2013年)
  • 旧司法試験考査委員(2004年まで)[2]
  • 新司法試験考査委員(2005年 - 2007年)
  • 日本刑法学会理事(2002年 -)・常務理事(2006年 -)
  • 日本学術会議会員(2005年 - 2014年)
  • 法制審議会刑事法部会委員
  • 法と教育学会理事(2013年 -)[2]
  • 第一東京弁護士会懲戒委員会委員(2013年 -)[2]
  • 国際刑法学会(AIDP)理事(2014年 -)[2]
  • フンボルト財団学術参与(2014年 -)[2]
  • 日本フンボルト協会常務理事(2014年 -)[2]
  • 大学基準協会大学評価委員会委員(2015年 - 2017年)[2]
  • 日本臓器移植ネットワーク理事(2015年 -)[2]

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『外国刑事法文献集成3ドイツ全刑法学雑誌』(成文堂、1976年-1986年)(共編)
  • 『自衛権再考』(知識社、1987年)(共著)
  • 『犯罪論の現在と目的的行為論』(成文堂、1995年)
  • 『CDレッスン刑法入門』(慶應義塾大学出版会、1995年)
  • 『基礎から学ぶ刑事法』(有斐閣、1995年/第2版・2002年/第3版・2005年/第4版・2010年/第5版・2013年/第6版・2017年)
  • 『ケーススタディ刑法』(日本評論社、1997年/第2版・2004年/第3版・2011年/第4版・2015年)(共著)
  • 『理論刑法学の最前線』(岩波書店、2001年)(共著)
  • 『刑法各論』(弘文堂、2002年/第2版・2013年)
  • 『刑法総論の理論構造』(成文堂、2005年)
  • 『よくわかる刑法』(ミネルヴァ書房、2006年)(共著)
  • 『理論刑法学の最前線II』(岩波書店、2006年)(共著)
  • 『変革の時代における理論刑法学』(慶應義塾大学出版会、2007年)
  • 『講義刑法学・総論』(有斐閣、2008年/第2版・2018年)
  • 『刑法事例演習教材』(有斐閣、2009年/第2版・2014年)
  • 『刑法総論判例インデックス』(商事法務、2011年)(共編)
  • 『入門刑法学・各論』(有斐閣、2013年)
  • 『入門刑法学・総論』(有斐閣、2013年)
  • 『刑法各論判例インデックス』(商事法務、2016年)(共編)
  • 『講義刑法学・各論』(有斐閣、2016年)

脚注[編集]

門下生[編集]