東京都北区幼女殺害事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東京都北区幼女殺害事件(とうきょうときたくようじょさつじんじけん)とは、1979年7月28日に起こった殺人事件である。

概要[編集]

1979年7月28日夜、東京都北区でS(当時42歳)は、パチンコ店から付いてきた顔見知りの幼女(当時3歳)を自宅のアパートに連れ込んで、いたずらをした[1][2]。幼女が帰ると泣き叫んだため、首を絞めて殺害し、遺体を近所のマンションの植え込みに遺棄した[2]

同日夜、幼女が帰宅しないことに心配した家族が付近を捜すとともに警察に通報。やがて幼女の遺体が発見されたことから殺人事件として捜査を開始した。すると、近所の聞き込みで、Sが日頃から幼い女の子にいたずらしていることを聞きつけた。そこで、警察はSに事情聴取したところ、幼女の殺害を認めたため逮捕した。

裁判[編集]

犯人Sは1959年山口県で7歳の幼女に乱暴した上に殺害して無期懲役判決が下されていたが、1974年仮釈放となっていた[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 菊地さよ子「執行された三人の死刑囚」、『年報死刑廃止2000-2001 終身刑を考える』、インパクト出版会、p127,2001。
  2. ^ a b c 「仮釈放中に幼女殺害の被告、死刑確定--最高裁が上告棄却」、毎日新聞 大阪朝刊、1992年2月19日、25頁。
  3. ^ a b c 『年報死刑廃止2000-2001 終身刑を考える』、インパクト出版会、p221,2001。
  4. ^ a b c 「東京・仙台・福岡で、3人の死刑執行」、毎日新聞 東京夕刊、1999年9月10日、1頁。
  5. ^ 「死刑囚の人身保護、福岡地裁に申し立て--廃止団体代表」、毎日新聞西部朝刊、1999年9月2日。