コンテンツにスキップ

「武州 (甘粛省)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
'''武州'''(ぶしゅう)は、[[中国]]にかつて存在した[[州]]。[[南北朝時代 (中国)|南北朝時代]]から[[唐|唐代]]にかけて、現在の[[甘粛省]][[隴南市]]南部に設置された。
 
== 魏晋南北朝時代 ==
[[西魏]]のとき、武州が設置された。
 
 
== 唐代 ==
[[618年]]([[武徳]]元年)、唐により武都郡は武州と改められた。[[742年]]([[天宝 (唐)|天宝]]元年)、武州は武都郡と改称された。[[758年]]([[乾元 (唐)|乾元]]元年)、武都郡は武州の称にもどされた。武州は[[隴右道]]に属し、将利・覆津・盤堤の3県を管轄した<ref>『[[旧唐書]]』地理志三</ref>。[[安史の乱]]のとき、武州は[[吐蕃]]に占領されて廃止された。[[767年]]([[大暦]]2年)、武州として再び設置された。[[咸通]]年間に唐が武州の故地を奪回した。[[892年]]([[景福 (唐)|景福]]元年)、武州は[[階州]]と改めら称された<ref>『[[新唐書]]』地理志四</ref>。
 
== 脚注 ==
匿名利用者