ショウ周

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「譙周」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

譙 周(しょう しゅう、199年以前 - 270年)は、中国三国時代からの政治家、儒学者允南。譙熙・譙賢・譙同の父、譙秀・譙登の祖父。

経歴[編集]

巴西郡西充国の人。身長は八尺、誠実で飾り気はなく、頭脳明晰だったが、不意の質問に上手く答えるような機転は利かなかった。幼くして父を亡くしたため家は貧しかったが、勉強熱心で六経を精細に研究し、書簡に巧みで、天文の現象の解釈にも明るかった。

譙周伝によると建興年間に諸葛亮に登用され、劉禅に仕え勧学従事になった。一方先主伝では、魏が禅譲受けた建安25年の時点で既に勧学従事として諸臣と共に劉備に帝位に就くように上表している。諸葛亮が死去した時は譙周は家にいたが、直ちにその場に駆けつけた。また劉禅が太子を立てると太子僕、中散大夫となり太子の傍で仕えた。諸葛亮の死後、その遺志を受けて姜維北伐を再開したとき、その無謀さを諌めるために陳祗との討論を元に『仇国論』を書いた。姜維の反応は記録されていないが、陳祗の死去した258年から4年間、姜維は北伐を行わなかった。後に光禄大夫に昇進した。ただ学問や教育の分野では重用されたが、政治に関わることはなかった。263年蜀漢に侵攻して来ると、真っ先に劉禅に降伏を勧めた。劉禅は譙周の提案に従い、魏に降伏した。その後、魏の相国であった司馬昭に陽城亭侯に封ぜられた。

譙周が死去する前年の269年に、弟子の陳寿が休暇を取るため譙周の元へ別れの挨拶に来た[1]。譙周は陳寿に、「その昔、孔子は72歳で、劉向揚雄は71歳でこの世を去った。今わしの年は70を越えている。できれば孔子の遺風を慕い、劉向・揚雄と軌を同じくしたいものだ。おそらく次の年を迎えることなく、きっと長の旅路に出るであろうから、二度と会うことはないであろう」と告げたという。このため陳寿は、譙周は未来を予知することができる術を得ていたのであろう、と評している。譙周は杜瓊讖緯予言)を学んだが、魏がに取って代わる存在になることや、司馬昭の死を予言していたのだという。

270年秋、西晋に散騎常侍に任命されたが、重病のため拝命せず、その冬死去した。

後世では投降主義者と見做され評価は低い。例えば王夫之『読通鑑論』では「姦佞売国」と罵倒されている。

小説『三国志演義』では、劉璋劉備に降伏することを率先して賛成したため、黄権劉巴から殺されかけている。それが、後に劉禅に降伏を進言する伏線になっている。また、『仇国論』も姜維に一笑に付されており、このため実際の歴史より北伐が1回多くなっている。

逸話[編集]

蜀の景耀五年(262年)、宮中の大木が特別の理由もないのに自然に折れてしまった。譙周は大そう心配したが、相談する相手もなかったので、柱に次の様な文句を書き記した。「衆(おお)くして大なれば、その下に集まる。徳備わって天命降れば、再び動かし得ず。」つまり、曹とは衆(おお)いという意味であり、衆くて大きいのだから天下の人々がその下に集まるということであり、曹氏に「徳が備わって天命が降」ってしまえば、誰も帝位に就けなくなる、という意味の言葉である。やがて蜀が滅びた後、人々は皆、周(譙周)の予言が当たったのだと考えた[2]

著作[編集]

前述の仇国論の他に、『古史考』、『蜀本紀』、『論語注』、『五経然否論』等を著したとされるが、これらのほとんどは散逸してしまっており、裴松之が三国志の注釈として引用したものなどが部分的に残っている。巴蜀の地方史である『華陽国志』を著した常璩は自身の先駆者として譙周の名を挙げており、その影響がうかがえる。

脚注[編集]

  1. ^ 裴松之註に引用された『華陽国志』(常璩著)巻十一「陳寿伝」の「後賢志」には、李驤李福の子)も門下生だったとある。
  2. ^ 捜神記 卷六 大木が折れれば 平凡社ライブラリー