司馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

司馬(しば)は、古代中国の官職名である。王朝によりその職務の範囲は異なる。

中央政府の官職として[編集]

西周が始まった時、三公を最高官とし、それに次ぐ位として六卿を置き、特に司徒、司馬、司士司空司寇五官と呼んだ。司馬は軍政と軍務を司った。春秋戦国時代は「令尹」と「大司馬」の二職を置いた[1]。《春秋左氏伝》によれば「司馬將中軍、令尹將左、右尹子辛將右過申。」[2]等とあり、どちらにも軍権があった。軍の統制はその時の状況次第で、制度としてはそれほど厳格ではなかった。漢の武帝大司馬を置き、さらには「大司馬将軍」のような付加号ともした[3]。他にも武帝は大将軍と同格として驃騎将軍を定めたりもした。後漢では大司馬は太尉と名が改められた。以後の三省六部制では兵部尚書の別称(雅称)として司馬が用いられた。

軍官として[編集]

東周戦国時代、司馬は各軍に置かれた。軍の将帥を補佐し、大夫を従える地位だった。《尉繚子》は「(兵士)百人には卒を一人、千人には司馬一人、万人には将を一人(おいて)令する。(そうすれば)少をもって衆を誅し、弱をもって強を誅す(ことができる)[4]」 これを見ると司馬の職は将軍の下にある。

漢や魏晋南北朝では、将軍は幕府(司令部あるいは軍政府)を開き、府には補佐として司馬が置かれた[5]司馬昭山濤を行軍司馬とし、胡三省は「行軍司馬の号はこれに始まる」と記した[6]

では司馬は銅印黒綬と絳(深紅色)服と武冠を身につけていた。では州には司馬はおかれず、かわりに治中が置かれた。

地方官として[編集]

唐代に司馬を置き、刺史の補佐としたが、実際の職務はなく、主に左遷先に使われた。元和10年に白居易は越権行為を咎められて江州(現在の江西省九江市)の司馬に左遷された。彼はここで名作《琵琶行》を書いた。その末尾は以下の通り[7]

座中泣下誰最多 江州司馬青衫濕

では士大夫同知の雅称として司馬を用いた。

関連項目[編集]

脚注 [編集]

  1. ^ 史記·楚世家》:“立子比為王,公子子皙為令尹,棄疾為司馬。”s:zh:史記/卷040
  2. ^ s:zh:春秋左氏傳/成公#成公十六年
  3. ^ 《後漢書卷一下・光武帝紀第一下》:“武帝省太尉置大司馬将軍”s:zh:後漢書_(四庫全書本)/卷001下
  4. ^ 尉繚子 第1巻3「制談」s:zh:尉繚子#制談
  5. ^ 三国志·蜀志·姜維传》:“延熙元年,隨大將軍蔣琬漢中。琬既遷大司馬。以維為司馬,數率偏軍西入。”「(姜維は)238年に大将軍蔣琬にしたがって漢中に往く。蔣琬は大司馬となる。姜維は司馬となり、数回、軍の一部を率いて西に遠征した」 ただし、《三国志·蜀志·蔣琬传》では、延熙元年に詔が出た後で“又命琬開府,明年就加為大司馬”とあり、大将軍の蔣琬が府を開いた翌年に付加号を得て「大司馬大将軍」となったとも読める。s:zh:三國志/卷44
  6. ^ 資治通鑑·魏元帝咸熙元年》:“昭自將大軍從帝幸長安,以諸王公皆在鄴,乃以山濤為行軍司馬,鎮鄴。”胡三省注:“行军司马之号始此。”s:zh:資治通鑑/卷078
  7. ^ 琵 琶 行|収蔵品紹介”. 白沙村荘 橋本関雪記念館. 2020年9月15日閲覧。 “座中で、流す涙が多かったのは誰だろうか 江州の司馬が着ていた青衫は涙で濕っていた”