竹中工務店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社竹中工務店
Takenaka Corporation
Takenaka logo.svg
Takenaka Corporation.jpg
本社・大阪本店
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 竹中
本社所在地 日本の旗 日本
541-0053
大阪府大阪市中央区本町4丁目1番13号(御堂ビル
設立 1610年 (411年前) (1610)
業種 建設業
法人番号 3120001077469 ウィキデータを編集
事業内容 建築開発事業
代表者 竹中統一代表取締役名誉会長
宮下正裕(代表取締役会長
佐々木正人(代表取締役社長執行役員社長)
俵谷宗克(代表取締役執行役員副社長
難波正人(代表取締役執行役員副社長)
中嶋啓吾(代表取締役執行役員副社長)
資本金 500億円
発行済株式総数 1億株
売上高 連結:1兆3,536億2,700万円
単体:1兆429億8,700万円
2018年(平成30年)12月期)
経常利益 連結:939億7,700万円
単体:776億8,900万円
(2018年12月期)
純利益 連結:636億8,300万円
単体:515億9,800万円
(2018年12月期)
純資産 連結:6,711億8,900万円
単体:5,542億1,900万円
(2018年12月期)
総資産 連結:1兆4,764億9,000万円
単体:1兆2,492億4,100万円
(2018年12月期)
従業員数 連結:1万3,042人 単体:7,500人
(2018年12月期)
決算期 12月期
主要株主 TAKプロパティ 44.49%
アサヒプロパティズ 24.89%
竹中工務店持株会 11.23%
竹中育英会 4.56%
三菱UFJ銀行 3.33%
(2018年12月31日現在[1]
関係する人物 竹中錬一(元・社長)
外部リンク https://www.takenaka.co.jp/
特記事項:主たる事業所として大阪本店を大阪府大阪市中央区本町4丁目1番13号、東京本店を東京都江東区新砂一丁目1番1号、名古屋支店を名古屋市中区2丁目2番13号へ設置。その他海外を含め全国に拠点を配置。

※ 発行済株式総数は、2018年(平成30年)12月期時点で1億株。

※ 上記の大株主上位10位(2018年(平成30年)12月期時点)以外に、竹中工務店は1,034万3,000株 (11.23%) を自社株として保有している。
テンプレートを表示

株式会社竹中工務店(たけなかこうむてん)は、大阪府大阪市中央区本町に本社を置く大手総合建設会社(ゼネコン)である。

概要[編集]

江戸時代前期の1610年慶長15年)に織田信長の元・家臣であった初代竹中藤兵衛正高尾張国名古屋にて創業、神社仏閣の造営に携わる。やがて明治時代の到来によりヨーロッパ型の建築技術を導入すると、当時開港し都市化し始めた神戸へ進出。数々の建築物を施工し、その名を知られるようになる。

工務店」という言葉を作り、それを初めて社名としたのは同社であり、現在[いつ?]では日本のハウスメーカーやゼネコン・中小規模建設工事事業者の間で社名として、あるいは一般名詞として広く用いられている。その語源は「設計と施工は切り離せない」の考えから「工務」を掲げ、お客様ありきの仕事であるという考えから「店」を用いていることに由来する。

スーパーゼネコン5社(大林組鹿島建設清水建設大成建設、竹中工務店)の一つであり、現在では5社の中で唯一大阪に登記上の本店を置く企業である(本社機能を有する本店は大阪・東京それぞれに設置している)。

これまでに施工した建築物は東京タワー日本武道館や5大ドーム球場(札幌東京ナゴヤ大阪福岡)をはじめ、全国有名美術館や商業施設、さらには病院、オフィスビル、ホテルなど多岐にわたり、施工実績の多さでは国内随一を誇る。また、完成工事高で比較しても国内トップクラスの業績を維持している。

大手5社の中では唯一の非上場企業(サントリー等と並び、日本の主要非上場企業の筆頭として挙げられる)であり、また売上高(2014年度)の94.1%を建築が占める建築専業のゼネコンである(土木は0.4%に過ぎない。土木事業は主に、関連会社の竹中土木が担当)など、技術力や経営状況等で顕著な差のない大手ゼネコンの中では比較的特徴が強いことでも知られている。

自社の施工した物件を「作品」と呼ぶことでも知られている。スーパーゼネコンの中でもBCS賞(建築業協会賞)を最多受賞しており、設計や品質に対する評価が高く特命受注の比率も高い。

創業は名古屋だが、設立の地が神戸ということ、現会長竹中統一が同じ神戸の甲南大学出身ということもあり、近畿の小学校中学校高等学校大学公立私立を問わず)の新築や増改築工事の大半が同社による設計・施工である。

創業以来、社長には常に創業家の人物が就いてきたが、2013年(平成25年)3月より宮下正裕が初めて創業家以外から社長に就任した[2]

アトリエ系建築家出江寛早川邦彦菊竹清訓柳澤孝彦鈴木了二有馬裕之等、同社設計部から多くの建築家を輩出している。

コーポレート・メッセージは「想いをかたちに 未来へつなぐ」。

沿革[編集]

竹中大工道具館[編集]

竹中工務店が、1984年(昭和59年)に、消えてゆく大工道具を民族遺産として収集・保存し、さらに研究・展示を通じて後世に伝えていくことを目的に設立した日本で唯一の大工道具の博物館。詳細は「竹中大工道具館」を参照。

ギャラリーエークワッド[編集]

公益財団法人ギャラリーエークワッドが運営する、竹中工務店東京本店1階にあるギャラリー。“建築・愉しむ” をコンセプトに、2005年(平成17年)に第1回目の展覧会を開催し、2017年(平成29年)10月までに90以上を数える「建築文化の発信」をしている[6]。入場無料。
GALLERY A4と表記する。A3がArchitecture(建築)空間を表し、もう一つのAはAtmosphere(空気、雰囲気)、 Amusement(愉しみ、娯楽)、「建築」に時間ファクターを取り入れ4次元的に「愉しむ」、といったことを意味している[7]

歴代社長[編集]

建築作品[編集]

ここでは、当社が手掛けた施工実績を中心に、特筆性の高いものだけを列記する。記述内容は施工者の視点からのものであり、手掛けた施設の役割が施工後に変更されようとも、それは二次的特徴であって、当セクションではこれを基準にして分類はしない。例えば、迎賓館赤坂離宮を現在の役割で分類すれば「公共施設」であるが、邸宅(赤坂東宮御所)として施工されたのであって、当セクションでの分類は「住居」である。また、当社は基本的には施工もしくは設計・施工を担当する業者ではあるが、必ずしもその限りではない。

地域[編集]

  • 若草町地区第一種市街地 再開発(広島県|設計・監理・施工|2010年竣工)[8]
  • 日本橋二丁目地区第一種市街地 B街区 再開発(東京都|施工|全区の竣工は2019年)[9]
  • 小倉駅南口東地区 第一種市街地 再開発(福岡県|設計・施工|2019年竣工)[10]

公共施設[編集]

登録有形文化財としての「名古屋テレビ塔」の免震改修工事は2020年8月竣工[11][12]

空港・鉄道駅[編集]

オフィスビル[編集]

大阪朝日新聞社は現・朝日新聞大阪本社の前身の一つ。
2012年9月竣工の4代目?梅田阪急ビル(新ビル)は大林組の施工。

商業施設[編集]

  • インターナショナル・バンキング・コーポレーション
(現・シティグループ)神戸支店(現・旧居留地38番館)(1929年竣工)
(現・明治生命館)(1934年竣工)

スタジアム等[編集]

劇場等[編集]

テーマパーク[編集]

博物館[編集]

病院[編集]

宗教施設[編集]

ホテル[編集]

住居[編集]

学校施設[編集]

工場・研究所[編集]

不祥事[編集]

マンション建設途中で鉄筋不足の階解体やり直し[編集]

  • 2007年(平成19年)11月19日、東京都港区に建設中の27階建て超高層マンション(高さ約94メートル)の8階部分で、強度の劣る鉄筋が使用されていたとして、8から9階部分を一旦解体して工事をやり直すことが判った。建設途中の上層階を丸ごと取り除くのは異例。[116][117][118]

労災隠し問題[編集]

無許可でアスベストを含むビルの解体[編集]

  • 2006年(平成18年)12月21日、大阪府大阪市中央区心斎橋筋一丁目の商業ビルで行われた耐震補強工事で、大阪府条例の定めるアスベスト飛散基準の31倍のアスベストを飛散させたとして、大阪府は再発防止を勧告すると同時に業者名を公表した[122]
  • 2008年(平成20年)10月09日、東京都港区東麻布のビルを解体した際にアスベストを含んでいると知りながら条例で定められている作業計画を都知事に提出しなかったとして、同年2月に港区長に告発される。麻布署は東京都環境確保条例違反容疑で、竹中工務店(大阪市中央区)と当時の東京本店長 (61) を書類送検した[123]

申告漏れ(所得隠し)の発覚[編集]

  • 同社子会社の竹中土木の工事費を肩代わりして支出したことなどに関して、2008年(平成20年) - 2011年(平成23年)12月期までの3年間に亘り、約3億3,000万円の申告漏れ(うち約1億9,000万円は意図的な所得隠し)を大阪国税局から指摘されていたことが、2013年(平成25年)3月に判明した[124]
  • 2015年(平成27年)4月にも、利益率の低い工事を高い工事と付け替えることなどで所得を圧縮するなどの手口で、2010-2013年の4年間で約1億5,000万円の所得隠しを同国税局から指摘されていたことが判明している[125]
  • 2017年(平成29年)4月には、同社の元従業員による建設工事費の着服を巡って、2015年12月期までの5年間で約4,600万円の所得隠しを同国税局から指摘されていたことが明らかになった[126]

名古屋市営地下鉄東山線名古屋駅構内への雨水流入について[編集]

甲府市役所窓枠落下[編集]

  • 2015年(平成27年)2月17日に同社が施工した甲府市役所の4階から窓枠(重さ約100キログラム)が落下。甲府市が独自調査したところ他にも87箇所の不具合が発覚し、3月20日に役員が甲府市役所を訪れ、市長に謝罪のうえ対応を協議した[128]

偽装請負問題[編集]

  • 同社の建築工事の現場で施工図を作成していた男性設計者が、2019年令和元年)12月26日大阪地方裁判所に、同社から偽装請負の状態で働かされ、監督署に申告して解雇されたのは不当だとして、同社とその子会社のTAKシステムズ日本キャリアサーチの3社に220万円の損害賠償などを求め、提訴した。原告は従事していた当時二級建築士1級建築施工管理技士CAD利用技術者一級などの資格を持ち、施工図の作成や人材派遣などを手掛ける日本キャリアサーチの社員であった。訴状では原告は大阪府高槻市内の竹中工務店の現場事務所で2019年(令和元年)8月から施工図の作成業務を担当していた。竹中工務店はTAKシステムズにこの業務を委託し、さらに同社が日本キャリアサーチへ再委託していた状況で、これは請負や業務委託であって派遣契約と異なり、発注元と委託先の労働者の間に指揮命令関係が生じない。しかし竹中工務店の社員は男性に図面の修正箇所などの業務内容を詳しく指示して仕事を進めており、TAKシステムズや日本キャリアサーチの社員は現場常駐はしていなかったという。このため自身の就労状態に疑問を感じ大阪労働局に申告。大阪労働局は2019年(令和元年)8月、竹中工務店の現場事務所を調査。調査と前後して竹中工務店の社員は男性に「偽装請負はどこでもやっていることだから気にしないように」と話したとしている。調査後には日本キャリアサーチ側は男性に竹中工務店との直接の派遣契約に切り替えるよう提案したが原告は変更を拒否し、設計者を日本キャリアサーチは同年10月末に解雇。その後、大阪労働局は同年11月下旬、同状況下は職業安定法44条で禁止している労働者供給に当たるとして竹中工務店とTAKシステムズを是正指導している。[129]
  • 業務委託した会社の社員に直接業務を指示する「偽装請負」を行っていたとして、大阪府警が職業安定法違反容疑で、大手ゼネコン竹中工務店(大阪市)や同社子会社の社員計4人と、法人としての両社を書類送検していたことが2021年02月25日、捜査関係者への取材で分かった。送検は2020年11月。

関連会社[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 本館は大成建設が施工[31]
  2. ^ 建設は住友・常総・JV、勝村・岡部・JVと共に参加。
  3. ^ 施工は鹿島建設[95]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 有価証券報告書(第81期)
  2. ^ “403年目で初の創業家以外の社長誕生”. 東洋経済新報社. (2013年1月31日). http://toyokeizai.net/articles/-/12748 2020年10月19日閲覧。 
  3. ^ 曽根秀一; 高橋勅徳 (2010年). “建設業界の競争戦略:株式会社竹中工務店の事例”. 東京都立大学. 2020年10月10日閲覧。PDFファイル:582KB
  4. ^ 岩松準 (2010年). “明治初期の建築工事紛争~名古屋鎮台兵営建築増費請求事件~”. 建築コスト研究. 一般財団法人 建築コスト管理システム研究所. 2020年10月19日閲覧。(PDFファイル:1.08MB
  5. ^ 竹中の歩み”. www.takenaka.co.jp. 竹中工務店. 2020年10月19日閲覧。
  6. ^ 館長ご挨拶 - GALLERY A4
  7. ^ コンセプト - GALLERY A4
  8. ^ 若草町地区第一種市街地再開発”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  9. ^ 日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業が、「2020年度グッドデザイン・ベスト100」を受賞」『SankeiBiz』株式会社産経デジタル、2020年10月1日。2021年2月24日閲覧。
  10. ^ 小倉駅南口東地区 第一種市街地再開発事業”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 竹中工務店”. 新建築.online. 株式会社新建築社. 2021年2月23日閲覧。
  12. ^ 登録有形文化財「名古屋テレビ塔」の免震改修工事が完了”. 竹中工務店 (2020年11月20日). 2021年2月23日閲覧。
  13. ^ アクロス福岡”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  14. ^ a b 平城宮跡管理センター. “平城宮跡歴史公園とは”. 平城宮跡歴史公園. 2021年2月22日閲覧。
  15. ^ 平城宮跡 朱雀門 (PDF)”. 奈良文化財研究所 (2010年3月). 2021年2月22日閲覧。
  16. ^ 平城宮跡 朱雀門”. 竹中工務店. 2021年2月22日閲覧。
  17. ^ 特別史跡平城宮跡 第一次大極殿”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  18. ^ 平城宮跡第一次大極殿正殿復原工事”. 竹中工務店. 2021年2月22日閲覧。
  19. ^ 資料が語る 初代茨城県庁 (PDF)”. 茨城県立歴史館. 2021年2月22日閲覧。
  20. ^ SKIPシティA街区”. 清水建設. 2021年2月22日閲覧。
  21. ^ 新フランス大使館”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  22. ^ 在日フランス大使館 様”. 株式会社オカムラ. 2021年2月22日閲覧。
  23. ^ 野村不動産株式会社 (2007年10月29日), “フランス大使館建替えプロジェクトを日仏企業連合にて受注 ~大使館敷地一部を利用し、日本を代表する最高級レジデンスを開発~” (PDF) (プレスリリース), 野村不動産グループ, https://www.nomura-re-hd.co.jp/cfiles/news/o2007102900525.pdf 2021年2月22日閲覧。 
  24. ^ こども本の森 中之島/安藤忠雄”. Het - 大阪建築. 2021年2月23日閲覧。
  25. ^ 日本製鉄 世界遺産登録「富岡製糸場西置繭所」(国宝)耐震補強工事にチタン箔シート採用」『SankeiBiz』株式会社産経デジタル、2020年12月24日。2021年2月24日閲覧。
  26. ^ 阪急梅田駅”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  27. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 空港関連施設の主な実績”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  28. ^ a b c d 竹中工務店がシンガポールの「チャンギ国際空港第2ターミナル拡張工事」を受注」『BUILT』アイティメディア株式会社、2020年4月13日。2021年2月24日閲覧。
  29. ^ 新東京国際空港(現成田国際空港)第2旅客ターミナルビル”. 株式会社梓設計. 2021年2月24日閲覧。
  30. ^ 関西国際空港旅客ターミナルビル”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  31. ^ クアラルンプール国際空港”. ARC STYLE. 杯裕二. 2021年2月24日閲覧。
  32. ^ 植竹立人 (2005年8月). “新空港「スワンナプーム国際空港」の建設状況 ほか”. 独立行政法人日本貿易振興機構 (JETRO). 2021年2月24日閲覧。
  33. ^ 竹中工務店、大林組 (2001年11月9日), “タイのスワンナプーム国際空港旅客ターミナルビル新築工事を受注” (プレスリリース), 竹中工務店, https://www.takenaka.co.jp/news/pr0111/m0111_02.htm 2021年2月24日閲覧。 
  34. ^ 中部国際空港旅客ターミナルビル”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  35. ^ 竹中工務店 (2000年1月18日), “フィリピンのニノイアキノ国際空港第3ターミナルビル新築工事を受注” (プレスリリース), 竹中工務店, https://www.takenaka.co.jp/news/pr0001/m0001_01.htm 2021年2月24日閲覧。 
  36. ^ シンガポール支局「比 アキノ空港の混雑緩和 第3ターミナル全面供用開始」『SankeiBiz』株式会社産経デジタル、2014年8月5日。2021年2月24日閲覧。
  37. ^ a b 神戸市 文化スポーツ局博物館学芸課 (2019年11月15日更新). “特別展「建築と社会の年代記―竹中工務店400年の歩み―」”. KOBE. 神戸市. 2021年2月22日閲覧。
  38. ^ 江戸時代の面影と遺産 (PDF)”. ニッポン写真遺産. 朝日新聞社. 2021年2月22日閲覧。
  39. ^ 竹中工務店が新阪急ビルに作業所を設置/梅田1丁目1番地計画/阪神電気鉄道と阪急電鉄」『建設ニュース』株式会社 建設ニュース、2014年3月20日。2021年2月23日閲覧。
  40. ^ 名古屋駅前に新たなランドマーク「名古屋三井ビルディング北館」竣工」『SankeiBiz』株式会社産経デジタル、2021年2月1日。2021年2月24日閲覧。
  41. ^ クリスタルタワー”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  42. ^ 00073192”. 一般社団法人 住まい・まちづくり担い手支援機構及び一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会. 2021年2月23日閲覧。
  43. ^ a b 新梅田シティ・梅田スカイビル”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  44. ^ a b 東京オペラシティ・新国立劇場”. 竹中工務店 (2020年8月31日). 2021年2月23日閲覧。
  45. ^ ハービスOSAKA”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  46. ^ 京セラ本社ビル”. 日本の超高層ビル. 2021年2月23日閲覧。
  47. ^ キッコーマン野田本社ビル(千葉県野田市)”. キッコーマン株式会社. 2021年2月23日閲覧。
  48. ^ 任天堂本社ビル”. 超高層ビル写真サイト -OSAKAビル景-. 2021年2月23日閲覧。
  49. ^ 愛宕グリーンヒルズMORIタワー”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  50. ^ 汐留シティセンター”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  51. ^ 竹中工務店東京本店”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  52. ^ 竹中工務店東京本店新社屋 (PDF)”. 一般社団法人 日本建設業連合会 (JFCC) (2010年). 2021年2月24日閲覧。
  53. ^ 中之島セントラルタワー”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  54. ^ 東京ミッドタウン”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  55. ^ 朝日放送新社屋”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  56. ^ 千趣会新本社ビル”. 竹中工務店. 2021年2月23日閲覧。
  57. ^ オーテクの“白鯨”風新本社ビルが完成。ヘッドフォンなどが生まれる現場に潜入”. impress. 株式会社インプレス (2016年1月12日). 2021年2月23日閲覧。
  58. ^ “新社屋「大和ハウス名古屋ビル」竣工” (プレスリリース), 大和ハウス工業株式会社, (2017年6月7日), https://www.daiwahouse.com/about/release/house/20170607093517.html 2021年2月24日閲覧。 
  59. ^ 目黒セントラルスクエア”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  60. ^ Komatsu Germany Technical Center”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  61. ^ 読売テレビ新社屋”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  62. ^ 読売テレビ新社屋”. 日本の超高層ビル (2019年). 2021年2月23日閲覧。
  63. ^ 新社屋”. 株式会社 三栄建設 (2020年). 2021年2月23日閲覧。
  64. ^ 傾く壁、「鉄のショールーム」の意匠設計にARCHICADを活用 竹中工務店と三栄建設が設計・施工BIMで連携(グラフィソフトジャパン)”. 建設ITワールド. 家入龍太 (2019年9月24日). 2021年2月23日閲覧。
  65. ^ 神戸市立博物館(旧横浜正金銀行神戸支店)”. 文化遺産オンライン. 文化庁. 2021年2月22日閲覧。
  66. ^ あべのハルカス”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  67. ^ 読売並木通りビル”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  68. ^ 「読売並木通りビル」2019年2月28日竣工、世界旗艦店「無印良品 銀座」・日本初となる「MUJI HOTEL GINZA」2019年4月4日(木)にグランドオープン」『SankeiBiz』株式会社産経デジタル、2019年2月28日。2021年2月24日閲覧。
  69. ^ 大丸心斎橋店本館”. 日本の超高層ビル (2020年). 2021年2月23日閲覧。
  70. ^ マザーズ プラス(mother's+)”. 竹中工務店. 2021年2月23日閲覧。
  71. ^ UNIQLO TOKYO”. 商店建築. 株式会社 商店建築社. 2021年2月23日閲覧。
  72. ^ 加藤綾「虎ノ門駅直結「東京虎ノ門グローバルスクエア」竣工」『Impress Watch』株式会社インプレス、2020年7月10日。2021年2月23日閲覧。
  73. ^ 愛知県中部エリア最大級となるリージョナル型ショッピングセンター「(仮称)ららぽーと愛知東郷町」3月1日着工 2020年秋開業予定」『SankeiBiz』株式会社産経デジタル、2019年2月27日。2021年2月24日閲覧。
  74. ^ 大熱海国際GC・コース案内”. 大熱海国際ゴルフクラブ. 2021年2月23日閲覧。 “平成13年12月に新クラブハウスが完成。”
  75. ^ 国立劇場”. 竹中工務店. 2021年2月23日閲覧。
  76. ^ 新宗教の建築・都市、その戦略論序説”. 10+1 DATABASE. 2021年2月22日閲覧。
  77. ^ 施工例|聖イグナチオ教会”. AGORABRIX. 国代耐火工業所. 2021年2月22日閲覧。
  78. ^ 一般部門 二類 奨励賞|東京建築賞【第35回建築作品】-【岐部ホール】”. 一般社団法人 東京都建築士事務所協会 (TAAF). 2021年2月22日閲覧。
  79. ^ 楞厳寺七堂伽藍”. 竹中工務店. 2021年2月22日閲覧。
  80. ^ 一行院 千日谷浄苑”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  81. ^ 青松寺七堂伽藍”. 竹中工務店. 2021年2月22日閲覧。
  82. ^ 新高輪プリンスホテル”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  83. ^ 吉本ビルディング(ヒルトン大阪)”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  84. ^ ホテル近鉄ユニバーサル・シティ”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  85. ^ 第二吉本ビルディング (大阪、大阪梅田)の賃貸オフィス”. officee. 47株式会社 (2021年1月12日更新). 2021年2月23日閲覧。
  86. ^ コンフォートホテル中部国際空港”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  87. ^ リッチモンドホテル帯広駅前”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  88. ^ 神戸旧居留地25番館”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  89. ^ 三井ガーデンホテル”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  90. ^ ホテルドリームゲート舞浜アネックス”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  91. ^ 京阪グループのフラッグシップホテル ザ・サウザンド キョウト【THE THOUSAND KYOTO】<2019年度グッドデザイン賞を受賞>」『SankeiBiz』株式会社産経デジタル、2019年10月2日。2021年2月24日閲覧。
  92. ^ 寺西享範(株式会社日立ビルシステム関西支社営業技術部)「THE THOUSAND KYOTO(ザ・サウザンド キョウト)」『Elevator Journal』No.24、一般社団法人日本エレベーター協会、2019年4月、 1-3頁。
  93. ^ 山荘 京大和・パーク ハイアット 京都”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  94. ^ 時を重ねる風景 京都東山計画(山荘 京大和・パーク ハイアット 京都)”. 竹中工務店設計部. 竹中工務店. 2021年2月23日閲覧。
  95. ^ a b 共同PRWire「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜 2020年6月17日開業 本日6月18日より、WEB予約受付開始」『SankeiBiz』株式会社産経デジタル、2019年6月18日。2021年2月24日閲覧。
  96. ^ ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜 横浜ベイコート倶楽部ホテル&スパリゾート”. 日本の超高層ビル (2020年). 2021年2月24日閲覧。
  97. ^ MIYASHITA PARK”. 新建築.ONLINE. 株式会社新建築社. 2021年2月24日閲覧。
  98. ^ 渋谷区、三井不動産 (2020年1月20日). “<公園×商業×ホテルが一体となった新しいミクストユース型プロジェクト> 「MIYASHITA PARK」2020年6月グランドオープン 立体都市公園として渋谷周辺エリアをつなぐ全長約330mの低層複合施設が誕生”. 三井不動産株式会社. 2021年2月24日閲覧。
  99. ^ 公園と商業施設一体型の新商業施設ブランド「RAYARD(レイヤード)」誕生」『SankeiBiz』株式会社産経デジタル、2020年7月2日。2021年2月24日閲覧。
  100. ^ sequence MIYASHITA PARK(シークエンス ミヤシタ パーク)”. 日本の超高層ビル (2020年). 2021年2月23日閲覧。
  101. ^ 「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」「sequence MIYASHITA PARK」2020年度グッドデザイン賞受賞」『SankeiBiz』株式会社産経デジタル、2020年10月12日。2021年2月24日閲覧。
  102. ^ @Press「大阪府・大阪市浪速区「星野リゾート OMO7 大阪新今宮」着工のお知らせ着工日:2019年6月1日」『SankeiBiz』株式会社産経デジタル、2019年5月28日。2021年2月24日閲覧。
  103. ^ 星野リゾート OMO7 大阪新今宮”. 日本の超高層ビル (2021年). 2021年2月24日閲覧。
  104. ^ “新しい未来をつくる人”を育てる「深江竹友寮」の建替に着手”. 竹中工務店 (2018年3月26日). 2021年2月23日閲覧。
  105. ^ 竹中工務店の設計・施工による、兵庫・神戸市の「竹中工務店深江竹友寮」”. architecturephoto.net(アーキテクチャーフォト・ネット) (2020年2月6日). 2021年2月23日閲覧。
  106. ^ プラウド上原フォレスト”. 東急リバブル. 2021年2月23日閲覧。
  107. ^ FLATS WOODS 木場”. 竹中工務店. 2021年2月23日閲覧。
  108. ^ フラッツウッズ木場”. 大和ライフネクスト株式会社. 2021年2月23日閲覧。
  109. ^ 豊郷小学校・校舎改築問題の経緯と最近の動き --変貌する豊郷小学校の原風景・はたせるか現校舎の保存活用--”. KONAN. 甲南小学校同窓会. 2021年2月22日閲覧。
  110. ^ 龍谷大学深草キャンパス 成就館”. 株式会社 飯田善彦建築工房. 2021年2月23日閲覧。
  111. ^ 南極観測用施設”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  112. ^ プロジェクトストーリー:日亜化学工業諏訪技術センター”. 竹中工務店. 2021年2月23日閲覧。
  113. ^ DESCENTE INNOVATION STUDIO COMPLEX”. 竹中工務店. 2021年2月24日閲覧。
  114. ^ DESCENTE INNOVATION STUDIO COMPLEX”. 新建築.ONLINE. 株式会社新建築社. 2021年2月24日閲覧。
  115. ^ DESCENTE INNOVATION STUDIO COMPLEX”. 一般社団法人ニューオフィス推進協会 (NOPA) (2019年). 2021年2月24日閲覧。
  116. ^ 超高層マンション、鉄筋強度不足で部分解体 竹中工務店”. 赤坂銀平のニュースなブログ~世相を斬る (2007年11月20日). 2020年10月19日閲覧。
  117. ^ 竹中工務店建設の超高層マンションで劣悪鉄筋を使用 - 日本バイヤーズエージェント協議会
  118. ^ 竹中工務店、痛恨の配筋ミス-「鉄筋不足」報道後に通知 読売ウィークリー(2007年(平成19年)12月19日)/頁:93
  119. ^ 竹中工務店に関する指名停止措置について、近畿地方整備局、平成19年12月12日 (ファイルエラー)
  120. ^ 竹中工務店で労災隠し、作業所長が下請けに指示 [リンク切れ] 2007年(平成19年)12月19日 | Yahoo ブログ
  121. ^ 竹中工務店が労災隠し、トヨタ車体の工場建設で- 2007年(平成19年)12月19日 | Archive.fo
  122. ^ 大阪・御堂筋沿いの商業ビル工事、アスベスト大量飛散 - 朝日新聞社2006年(平成18年)12月21日22時23分付。2020年(令和2年)10月19日閲覧。
  123. ^ 石綿ビル解体時、申請怠った疑い 竹中工務店を書類送検 [リンク切れ] 朝日新聞社、2008年10月10日8時54分付
  124. ^ 竹中工務店3億円申告漏れ 国税局、一部を所得隠し認定 [リンク切れ] jiji.com 2013年(平成25年)3月22日
  125. ^ 竹中工務店:4年間で1.5億円所得隠し…大阪国税指摘 [リンク切れ] - 毎日新聞 2015年(平成27年)4月20日
  126. ^ 竹中工務店 元社員4600万円着服 所得隠し指摘、追徴 [リンク切れ] - 毎日新聞 2017年(平成29年)4月13日
  127. ^ 名古屋地下鉄浸水:隣接JPタワーから漏出…竹中が謝罪 - 毎日新聞 2014年(平成26年)9月26日
  128. ^ 甲府市役所窓枠落下:「3社で責任持ち対応」 役員ら謝罪 - 毎日新聞 2015年(平成27年)3月20日
  129. ^ 「実態は偽装請負」竹中工務店を提訴 設計会社の元従業員、損害賠償求め 大阪地裁 - 毎日新聞”. mainichi-jp.cdn.ampproject.org. 2020年10月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]