コンテンツにスキップ

大阪御堂筋ビル・大阪センタービル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大阪御堂筋ビル
大阪センタービル
大阪御堂筋ビル(南棟・左)、大阪センタービル(北棟・右)
大阪御堂筋ビル(南棟・左)、大阪センタービル(北棟・右)
施設情報
所在地

大阪府大阪市中央区久太郎町4-1-3

地図
座標 北緯34度40分52秒 東経135度29分59秒 / 北緯34.68111度 東経135.49972度 / 34.68111; 135.49972座標: 北緯34度40分52秒 東経135度29分59秒 / 北緯34.68111度 東経135.49972度 / 34.68111; 135.49972
状態 完成
竣工 1969年昭和44年)4月
用途 事務所
各種諸元
階数 地下4階、地上13階、塔屋3階
敷地面積 8,324.49
延床面積 87,629.59
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート造鉄骨造
関連企業
設計 竹中工務店
施工 竹中工務店
所有者 大阪御堂筋ビル:平和不動産
大阪センタービル:竹中工務店
テンプレートを表示
2006年撮影
2013年撮影

大阪御堂筋ビル(おおさかみどうすじビル)及び大阪センタービル(おおさかセンタービル)は、大阪府大阪市中央区御堂筋沿い)にある事務所ビルである。

概要

[編集]

御堂筋と中央大通船場センタービル)が交差する場所に位置する大型オフィスビルである。

平面プランがH型になっており、北側が大阪センタービルで、南側が大阪御堂筋ビルであり、中央部はコア(エレベーターホール、機械室等)になっている。

敷地は南側に隣接している真宗大谷派難波別院(南御堂)からの借地地上権)である。

大阪御堂筋ビル(旧・伊藤忠ビル)

[編集]

大阪御堂筋ビルは、伊藤忠商事により創業100周年記念に本社ビルとして建設され、「伊藤忠ビル」と称された。

ケネディクスのSPC「モルダー特定目的会社」に所有権は移り、2007年にはモルガン・スタンレーグループのSPC「ケーエージー・スリー・インベストメント特定目的会社」が約320億円で取得した[1]が、SPCはその後デフォルトし、所有権は「御堂筋本町特定目的会社」に移転した。

伊藤忠商事は売却後もテナントとして入居していたが2011年にノースゲートビルディングに移転し[2]大阪御堂筋ビルに改称された。

2015年6月には英国のフォーラム・パートナーズのSPC「なにわ特定目的会社」が約50億円で取得した[3][4]。2017年12月15日には平和不動産が約150億円で取得している[5][6]

大阪センタービル

[編集]

大阪センタービルは、竹中工務店の子会社の御堂土地株式会社(現在は竹中工務店本体に合併)が建築主で、賃貸ビルとなっている。

入居者

[編集]
大阪御堂筋ビル
大阪センタービル

交通

[編集]

受賞等

[編集]

脚注・出典

[編集]

外部リンク

[編集]