エルザタワー55

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エルザタワー55
Kawaguchi elsa tower 001 cropped.jpg
エルザタワー55の位置(日本内)
エルザタワー55
エルザタワー55
エルザタワー55の位置(埼玉県内)
エルザタワー55
エルザタワー55
施設情報
所在地 332-0011
埼玉県川口市元郷2丁目15-1
座標 北緯35度47分48.5秒 東経139度43分54秒 / 北緯35.796806度 東経139.73167度 / 35.796806; 139.73167座標: 北緯35度47分48.5秒 東経139度43分54秒 / 北緯35.796806度 東経139.73167度 / 35.796806; 139.73167
状態 完成
建設期間 1996年10月 = 1998年3月
用途 共同住宅(650戸)
地上高
最頂部 塔屋2階
高さ 185.8.1m
各種諸元
階数 地下1階,地上55階
敷地面積 74,342
建築面積 1,982.6 建蔽率3%)
延床面積 66,057 容積率89%)
構造形式 CFT構造[1]
関連企業
設計 竹中工務店東京一級建築士事務所
施工 竹中工務店埼玉建興鹿島建設共同企業体
デベロッパー 大京

エルザタワー55埼玉県川口市元郷2丁目15-1にある超高層マンション

1998年平成10年)に日本ピストンリング川口工場の跡地に建設され、2004年平成16年)に東京都港区汐留H街区超高層棟が建設されるまでは住居としての建造物では日本最高(185.8m)であった(現在の順位は超高層マンションを参照)。

概要[編集]

650戸を擁し、高さ185m、55階建てと、日本有数のスケールである。 ここで新たな試みとして展開した「立体コミュニティ」構想は、かつての路地空間や緑空間を再現し、隣近所の温かな触れ合いを復活させるのが目的である。

建物中央を貫いている巨大なボイドの真下にある1階のアトリウムは、噴水せせらぎ、植栽などのしつらえにより開放感あふれる空間であり、居住者の交流の場ともなっている。 「立体コミュニティ」とは、集住の原点に立ち返り、超高層住宅の在り方を見つめ直す作業の中から浮かび上がったコンセプト

かつての路地空間や緑空間を再現し、隣近所の温かな触れ合いを復活させようとの試み。 具体的には「近隣区」というコミュニティ単位を想定し、その接点に賑わいの場「タウンプラザ」を、近隣区の各々には集会施設「コミュニティコア」を設置。

2015年は竣工後17年を経過するため大規模修繕工事が行われた。工事の総額は12億円という。[2]

立地[編集]

エルザタワー55がある元郷地区は東京都との境である荒川から程近く、京浜東北線川口駅国道122号に近い。また2001年には国道122号地下に埼玉高速鉄道線が開通しており、最寄り駅は川口元郷駅である。川口駅からは「元郷・エルザタワー循環」という系統のバスが運行されている。

交通[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 杉林秀 夫,鈴木 清丈,小黒 卓「CFT構造による55階建て集合住宅の設計と施工」、『コンクリート工学』第36巻第2号、日本コンクリート工学会1998年2月、 27-31頁、 ISSN 03871061NAID 10001899429
  2. ^ http://purchase.lixilrealty.com/post-2422/
  3. ^ エルザタワー55

外部リンク[編集]