SOLAÉ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SOLAÉ
Mitsubishi Elevator of SOLAE Test Tower 2010-2-27.JPG
情報
用途 エレベーター試験塔
設計者 三菱地所設計
建築主 三菱電機
構造形式 RC造SRC造S造[1]
建築面積 165,979 m² [1]
延床面積 4,442 m² [1]
階数 地上10階、地下1階[1]
高さ 173.0m[1]
着工 2005年(平成17年)12月26日[2]
竣工 2007年(平成19年)9月26日[2]
所在地 492-8682
愛知県稲沢市菱町1番地
座標 北緯35度14分41.97秒 東経136度49分9.5秒 / 北緯35.2449917度 東経136.819306度 / 35.2449917; 136.819306座標: 北緯35度14分41.97秒 東経136度49分9.5秒 / 北緯35.2449917度 東経136.819306度 / 35.2449917; 136.819306
テンプレートを表示

SOLAÉ(ソラエ)は、愛知県稲沢市に所在する三菱電機稲沢製作所構内にあるエレベーター試験塔である。また、ショールームや試験設備の付属棟を併設している[2]

概要[編集]

2007年平成19年)に竣工した三菱電機のエレベーター試験塔 (173.0m) で、当時あったエレベーター試験塔としては世界一の高さを誇っていた[2]

その後、2009年(平成21年)に現代エレベーターの現代峨山タワー (205m) 、2010年(平成22年)に日立製作所G1TOWER (213m) が建設され、現在は世界第3位である[3]

塔の外観は地上部と上部を45度回転したデザインで、夜間はライトアップされるなど、稲沢市のランドマークとなっているが、一般利用を想定して建設されておらず、見学など一般への公開は行われていない[4]

なお、高さの173.0mは(イナザワ)をもじったもので[5]、名称の「SOLAÉ(ソラエ)」は空へ向かって伸びる形と、限りない品質追求の思いを込めて命名されたものである。また、2008年度の日本建築家協会優秀建築選200選に選定されている[6]

三菱電機稲沢製作所


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 三菱電機稲沢製作所 SOLAÉ(ソラエ)”. 三菱地所設計. 2013年4月30日閲覧。
  2. ^ a b c d 高さ世界一「エレベーター試験塔」竣工のお知らせ”. 三菱電機 (2007年9月26日). 2013年4月30日閲覧。
  3. ^ 世界のエレベーターを生む、愛知県「三菱電機稲沢製作所」の全貌に迫る!”. マイナビニュース. 2013年4月30日閲覧。
  4. ^ 稲沢市観光資源カルテ (PDF)”. 稲沢市. 2013年4月30日閲覧。
  5. ^ MITSUBISHI FRONT-LINE 三菱最前線”. 三菱広報委員会. 2013年4月30日閲覧。
  6. ^ 2008年度 日本建築家協会優秀建築選200選一覧 (PDF)”. 公益社団法人日本建築家協会 (2009年3月19日). 2013年4月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]