2010年世界室内陸上競技選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2010年世界室内陸上競技選手権大会
2010年世界室内陸上競技選手権大会
会期中のアスパイア・ドーム
開催地 カタールの旗 カタールドーハ
期間 3月12日3月14日
メイン会場 アスパイア・ドーム(Aspire Dome
参加国 146か国
参加選手 585人
種目数 26種目

2010年世界室内陸上競技選手権大会(2010ねんせかいしつないりくじょうきょうぎせんしゅけんたいかい、英語: IAAF World Indoor Championships in Athletics)はカタールドーハのアスパイア・ドームで2010年3月12日から3月14日に開催された陸上競技大会。この大会は、2010年に国際陸上競技連盟(IAAF)主催で開催された6大会(ワールドアスレチックシリーズ)のうちの最初の大会となった。

概要[編集]

バーナード・ラガト
今大会で最年長の金メダル獲得者となった[1]
テディ・タムゴー
フランス代表唯一のメダル獲得者であり、三段跳で室内の世界記録を樹立した[2]

IAAFは2007年3月25日ケニアモンバサで開催された理事会において2010年世界室内陸上競技選手権大会の開催地について、トルコカタールの立候補があったことを公表した。同年の11月25日にIAAF理事会はドーハが開催地に決定したと発表した[3]。この大会は中東で開かれる最初の陸上競技の国際大会であり、室内陸上競技大会がヨーロッパおよび北アメリカ以外で開催されるのは1999年の前橋大会以来2度目である[4]

室内競技場はドーハのアスパイア・ゾーン(Aspire Zone)にあり、アスパイア・ドームでは2008年アジア室内陸上競技選手権大会の開催経験がある[5]2010年はドーハで2つの国際試合があり、もう一つの大会は5月にカタールスーパーグランプリと同時開催された2010年IAAFダイヤモンドリーグであった[6]

大会に先立って、カタールの組織委員会はドーハで会場のテストイベントとして、ジュニア室内陸上競技選手権大会を開催した。同大会は2月26日に11か国の選手が出場して13種目の競技が行われた[7]

今大会では出場国数が過去最高を記録し、150か国から374人の男子選手と283人の女子選手が大会に出場した[4]

大会マスコットは中東原産の中型のネコカラカルを擬人化したSahamである[8]2009年世界陸上競技選手権大会のマスコット・ベルリーノの成功を受け、今大会でもマスコットが制定された[9]

IAAFはインターネットでの特定の国へのライブ音声映像の配信を拡充し[10]Dailymotionを経由した生放送オンデマンド放送が視聴可能となった。こうした大会での配信は初の試みであった[11]

ドーピングテスト[編集]

ロシアアンナ・アルミノワ1500メートル競走に出場したが、ドーピング検査で陽性反応が出たため、失格となった。彼女が服用した風邪薬に含まれていたプソイドエフェドリンの陽性となり、3か月の資格停止処分となった[12]

大会日程[編集]

H 予選(Heats) Q 予選(Qualifiers) ½ 準決勝(Semi-finals) F 決勝(Final)
男子[13]
日 → 12 13 14
種目
午前 午後 午前 午後 午前 午後
60 m H ½ F
400 m H ½ F
800 m H ½ F
1500 m H F
3000 m H F
60 mH H ½ F
4×400 mR H F
走幅跳 Q F
三段跳 Q F
走高跳 Q F
棒高跳 Q F
砲丸投 Q F
七種競技 F
女子[13]
日 → 12 13 14
種目
午前 午後 午前 午後 午前 午後
60 m H ½ F
400 m H ½ F
800 m H F
1500 m H F
3000 m H F
60 mH H ½ F
4×400 mR F
走幅跳 Q F
三段跳 Q F
走高跳 Q F
棒高跳 Q F
砲丸投 Q F
五種競技 F

結果[編集]

男子[編集]

種目
60 m ドウェイン・チェンバース
イギリスの旗 イギリス
6.48 WL マイク・ロジャース英語版
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
6.53 ダニエル・ベイリー
アンティグア・バーブーダの旗 アンティグア・バーブーダ
6.57
400 m クリス・ブラウン
バハマの旗 バハマ
45.96 SB William Collazo
キューバの旗 キューバ
46.31 PB ジャマール・トランス英語版
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
46.43
800 m アブバケール・カキ
スーダンの旗 スーダン
1:46.23 SB Boaz Kiplagat Lalang
ケニアの旗 ケニア
1:46.39 アダム・クチョット英語版
ポーランドの旗 ポーランド
1:46.69
1500 m デレッセ・メコネン
エチオピアの旗 エチオピア
3:41.86 Abdalaati Iguider
モロッコの旗 モロッコ
3:41.96 ハロン・ケイタニー英語版
ケニアの旗 ケニア
3:42.32
3000 m バーナード・ラガト
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
7:37.97 SB セルヒオ・サンチェス
スペインの旗 スペイン
7:39.55 サミー・アレックス・ムタイ英語版
ケニアの旗 ケニア
7:39.90
60 mH ダイロン・ロブレス
キューバの旗 キューバ
7.34 CR テレンス・トランメル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
7.36 NR デビッド・オリバー
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
7.44 PB
4x400 mR アメリカ合衆国の旗 アメリカ
1ジャマール・トランス英語版
2グレッグ・ニクソン
3Tavaris Tate
4バーショーン・ジャクソン
3:03.40 WL ベルギーの旗 ベルギー
1Cédric Van Branteghem
2ケビン・ボルリー英語版
3Antoine Gillet
4ジョナサン・ボルリー英語版
3:06.94 NR イギリスの旗 イギリス
1Conrad Williams
2Nigel Levine
3Christopher Clarke
4Richard Buck
3:07.52 SB
走高跳 イワン・ウホフ
ロシアの旗 ロシア
2.36 ヤロスラフ・リバコフ
ロシアの旗 ロシア
2.31 Dusty Jonas
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
2.31
棒高跳 スティーブン・フッカー
オーストラリアの旗 オーストラリア
6.01 CR マルテ・モーア英語版
ドイツの旗 ドイツ
5.70 Alexander Straub
ドイツの旗 ドイツ
5.65
走幅跳 ファブリス・ラピエール英語版
オーストラリアの旗 オーストラリア
8.17 ゴドフリー・モコエナ英語版
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
8.08 SB ミッチェル・ワット英語版
オーストラリアの旗 オーストラリア
8.05
三段跳 テディ・タムゴー
フランスの旗 フランス
17.90 WR ヨアンドリ・ベタンソス
キューバの旗 キューバ
17.69 PB ダビド・ギラルト英語版
キューバの旗 キューバ
17.36 SB
砲丸投 クリスチャン・キャントウェル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
21.83 アンドレイ・ミフネビッチ
ベラルーシの旗 ベラルーシ
21.68 ラルフ・バーテルス
ドイツの旗 ドイツ
21.44 PB
七種競技 ブライアン・クレイ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
6204 トレイ・ハーディ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
6184 アレクセイ・ドロズドフ英語版
ロシアの旗 ロシア
6141

WR 世界記録 | AR エリア記録 | CR 選手権記録 | GR 大会記録 | NR 国家記録 | OR オリンピック記録 | PB 自己ベスト | SB シーズンベスト | WL 世界最高(当該シーズン中)

女子[編集]

Event
60 m ベロニカ・キャンベル=ブラウン
ジャマイカの旗 ジャマイカ
7.00 PB カルメリタ・ジーター
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
7.05 Ruddy Zang Milama
ガボンの旗 ガボン
7.14
400 m デビー・ダン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
51.04 タチアナ・フィロワ
ロシアの旗 ロシア
51.13 PB バニア・スタンボロワ英語版
ブルガリアの旗 ブルガリア
51.50 SB
800 m マリア・サヴィノワ
ロシアの旗 ロシア
1:58.26 WL ジェニファー・メドウズ英語版
イギリスの旗 英国
1:58.43 NR アリシア・モンタノ英語版
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1:59.60 PB
1500 m Kalkidan Gezahegne
エチオピアの旗 エチオピア
4:08.14 ナタリア・ロドリゲス英語版
スペインの旗 スペイン
4:08.30 ゲレテ・ブルカ英語版
エチオピアの旗 エチオピア
4:08.39
3000 m メセレト・デファー
エチオピアの旗 エチオピア
8:51.17 ビビアン・チェルイヨット
ケニアの旗 ケニア
8:51.85 センタエフ・エジグ英語版
エチオピアの旗 エチオピア
8:52.08
60 mH ロロ・ジョーンズ英語版
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
7.72 CR ペルディタ・フェリシアン英語版
カナダの旗 カナダ
7.86 SB プリシラ・ロペス=シュリエプ
カナダの旗 カナダ
7.87
4x400 mR アメリカ合衆国の旗 アメリカ
1デビー・ダン
2ディーディー・トロッター
3ナターシャ・ヘイスティングス英語版
4アリソン・フェリックス
3:27.34 WL ロシアの旗 ロシア
1Svetlana Pospelova
2ナタリア・ナザロワ
3Kseniya Vdovina
4タチアナ・フィロワ
3:27.44 SB チェコの旗 チェコ
1Denisa Rosolová
2Jitka Bartoničková
3Zuzana Bergrová
4ズザナ・ヘイノバ
3:30.05 SB
走高跳 ブランカ・ブラシッチ
クロアチアの旗 クロアチア
2.00 Ruth Beitia
スペインの旗 スペイン
1.98 Chaunte Howard Lowe
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1.98 SB
棒高跳 ファビアナ・ムレル
ブラジルの旗 ブラジル
4.80 スベトラーナ・フェオファノワ
ロシアの旗 ロシア
4.80 SB アンナ・ロゴフスカ
ポーランドの旗 ポーランド
4.70
走幅跳 ブリトニー・リース
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
6.70 ナイデ・ゴメス
ポルトガルの旗 ポルトガル
6.67 Keila Costa
ブラジルの旗 ブラジル
6.63 SB
三段跳 オルガ・リパコワ英語版
カザフスタンの旗 カザフスタン
15.14 WL ヤルヘリス・サビヌ
キューバの旗 キューバ
14.86 SB Anna Pyatykh
ロシアの旗 ロシア
14.64 SB
砲丸投 ナドゼヤ・オスタプチュク
ベラルーシの旗 ベラルーシ
20.85 CR バレリー・アダムス
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
20.49 AR ナタリア・ミフネビッチ
ベラルーシの旗 ベラルーシ
20.42 SB
五種競技 ジェシカ・エニス
イギリスの旗 イギリス
4937 CR ナタリア・ドブルインスカ
ウクライナの旗 ウクライナ
4851 タチアナ・チェルノワ
ロシアの旗 ロシア
4762

WR 世界記録 | AR エリア記録 | CR 選手権記録 | GR 大会記録 | NR 国家記録 | OR オリンピック記録 | PB 自己ベスト | SB シーズンベスト | WL 世界最高(当該シーズン中)

メダル獲得数[編集]

国・地域
1 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 8 4 5 17
2 エチオピアの旗 エチオピア 3 0 2 5
3 ロシアの旗 ロシア 2 4 3 9
4 イギリスの旗 英国 2 1 1 4
5 オーストラリアの旗 オーストラリア 2 0 1 3
6 キューバの旗 キューバ 1 3 1 5
7 ベラルーシの旗 ベラルーシ 1 1 1 3
8 ブラジルの旗 ブラジル 1 0 1 2
9 バハマの旗 バハマ 1 0 0 1
クロアチアの旗 クロアチア 1 0 0 1
カザフスタンの旗 カザフスタン 1 0 0 1
フランスの旗 フランス 1 0 0 1
ジャマイカの旗 ジャマイカ 1 0 0 1
スーダンの旗 スーダン 1 0 0 1
15 スペインの旗 スペイン 0 3 0 3
16 ケニアの旗 ケニア 0 2 2 4
17 ドイツの旗 ドイツ 0 1 2 3
18 カナダの旗 カナダ 0 1 1 2
19 ベルギーの旗 ベルギー 0 1 0 1
モロッコの旗 モロッコ 0 1 0 1
ニュージーランドの旗 ニュージーランド 0 1 0 1
ポルトガルの旗 ポルトガル 0 1 0 1
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 0 1 0 1
ウクライナの旗 ウクライナ 0 1 0 1
25 ポーランドの旗 ポーランド 0 0 2 2
26 アンティグア・バーブーダの旗 アンティグア・バーブーダ 0 0 1 1
ブルガリアの旗 ブルガリア 0 0 1 1
チェコの旗 チェコ 0 0 1 1
ガボンの旗 ガボン 0 0 1 1
Total 26 26 26 78

出場国・地域と出場選手数[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Landells, Steve "Doha 2010 - Lagat makes 3000m win look easy". IAAF. 2010年3月14日(英語、2012年3月12日閲覧。)
  2. ^ Jalava, Mirko "Doha 2010 - Tamgho triples to 17.90 World Indoor record! - UPDATED". IAAF. 2010年3月14日(英語、2012年3月12日閲覧。)
  3. ^ 国際陸上競技連盟"Basic Information Guide - 13th IAAF World Indoor Championships 2010 - Doha - QAT"(英語、2011年3月11日閲覧。)
  4. ^ a b 国際陸上競技連盟"Record breaking gathering expected in Doha - 150 countries confirm participation"(英語、2011年3月11日閲覧。)
  5. ^ Ramsak, Bob"The Aspire Dome, centre stage for Doha 2010"IAAF.2009年11月4日(英語、2011年3月11日閲覧。)
  6. ^ 国際陸上競技連盟"Doha indoors to Doha outdoors - Two months to go to IAAF Diamond League"2010年3月15日(英語、2011年3月11日閲覧。)
  7. ^ カタール陸上競技連盟"The Doha Indoor Athletics Meeting for Juniors to be Organized in Aspire"2010年2月21日(英語、2011年3月11日閲覧。)
  8. ^ "Doha 2010 Unveils Official Brand Mascot "Saham"". Doha 2010.2009年12月13日(2010年3月11日閲覧。リンク切れ
  9. ^ Fordyce, Tom"Berlino the Bear - love him or loathe him?" BBCスポーツ.2009年8月21日(英語、2011年3月11日閲覧。)
  10. ^ 国際陸上競技連盟"Follow Doha 2010 – Read, Listen, Watch…"2010年3月11日(英語、2011年3月11日閲覧。)
  11. ^ 国際陸上競技連盟"Athletics: New partnership agreement with Dailymotion for live and VOD broadcast of the 2010 World Indoor Championships in Doha"2010年3月11日(英語、2011年3月11日閲覧。)
  12. ^ 国際陸上競技連盟"IAAF Newsletter Edition 112"2010年4月27日(英語、2011年3月11日閲覧。)
  13. ^ a b Competition Timetable. Doha 2010. (2010年2月26日閲覧。リンク切れ)

外部リンク[編集]