リンク切れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リンク切れ(リンクぎれ)とは、リンク先のHTTPステータスコード404 Not Foundなどでアクセスできなくなっている状態を表す言葉。インターネットの普及が進むにつれて広く使用されるようになり新語辞典に掲載される等[要文献特定詳細情報]、一般的なインターネット用語となってきている。リンクが切れているという主語+述語の形で表すこともでき、「リンク先の使用期限が切れている」、若しくは「リンク先との繋がりが途切れている」といった意味から来た言葉と推測される。広義ではリンク先が閉鎖している(閉鎖を知らせるページがある)場合にも用いられる。

なお英語ではdead link(死んだリンク)とされ、日本語でもそのままデッドリンクと呼ぶことがある[1]

使用例[編集]

電子掲示板等に貼られたURLに対して使われることが多い。過去のログが大量に残る電子掲示板の特徴に由来するもので、数ヶ月や数年も前に貼られたURLはリンク切れであることが多い。「そのURL、リンク切れだよ」、「そのURL、リンクが切れてるよ」のようにリンクを貼った管理者に対して指摘するように使うことも多い。

ウェブサイトを運営している管理者にとっては、別サイトと相互リンクをしたは良いがいつの間にかリンク切れとなっている場合もある。

出典[編集]

  1. ^ デッドリンク、『IT用語辞典バイナリ』 (Weblio)http://www.sophia-it.com/content/%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF2012年11月8日閲覧 

関連項目[編集]