HTTP 404

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウェブにおける三桁番号404、またはエラーメッセージ"Not Found"(日本語では『未検出』または『見つかりません』)は、HTTPステータスコードの一つ。クライアントがサーバに接続できたものの、クライアントの要求に該当するもの (ウェブページ等) をサーバが見つけられなかったことを示すもの。また、要求に応えられない理由を明らかにしないためにも使われる。

ウェブブラウザが表示する「サーバが見つかりません」のようなメッセージは、サーバとの接続に失敗したことを表すもので、404とは別である。

概要[編集]

HTTPを使って通信を行うとき、ブラウザーによるHTML文書(ウェブページ)などの要求に対して、サーバーは応答を返すように求められる。応答には、数値によるステータスコードと電子メールのようなヘッダーと本文が含まれる。ステータスコード404では、最初の「4」がクライアント側のエラー(URLのミスタイプなど)を表し、続く「04」がエラーの種類を表す。こうしたHTTPの3桁のコードは、FTPNNTPのようなHTTP以前からあるプロトコルに似ている。

この数字はWWWが発明された欧州原子核研究機構(CERN)の404という部屋番号にちなんで付けられたという伝説があるが、実際にはCERNには404という部屋はない[1]

ステータスコードの数字にはたいてい英語のテキスト[2]が加えられる。404の場合は「Not Found」である。サーバーは通常、404の応答とともに「404 File not found」のように数字とメッセージを記述した短いページを送信する。日本語では「ファイルが見つかりません」「ページが見つかりません」のような記述になる。サーバーアプリケーションのデフォルトのメッセージを使わずに、404用のページをカスタマイズしているサーバーも多い。たとえばApache HTTP Serverでは、.htaccessファイルやhttpd.confを書き換えるとそうしたカスタマイズができる。

Internet Explorer(IE6以前)では、512バイト以下の場合は送信された404用のページを表示せずに、代わりに「親切な」エラーページを表示する。この動作を変えるには、「インターネットオプション」の「詳細設定」で「HTTPエラーメッセージを簡易表示する」のチェックをはずす。

404は、サーバー上のページが移動されたり削除されたりしたときにも送られることがある。しかし本来、移動された場合は「301 Moved Permanently」、削除されたときは「410 Gone」を返すべきである。ただ、301や410を返すには特別な設定が必要なので、多くのウェブサイトはそうした設定をしていない。

WWWでは404の表示をしょっちゅう目にするため、404は人や物が見つからないことを意味する新語となった。ユーモラスな404ページを作ることが流行ったり、いろいろな404ページを集めることだけを目的にしたサイトが作られたりしている。

ソフト404[編集]

ウェブサイトの中には、「ファイルが見つからない」ことを示すために、成功を表すステータスコード「200 OK」とともにウェブページを送るものもある。これは「ソフト404」と呼ばれている。ソフト404の問題は、リンクが切れているかどうかを自動的に調べられないことである。ソフト404を判別する方法はBar-Yossefなどが発表している[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.plinko.net/404/history.asp#2
  2. ^ RFC 2616の6.1.1節にしたがえば、このテキスト空でもよい。制御文字以外の文字とタブ文字を含むことができるとする文字の規定はあるが、言語の規定はない。
  3. ^ Sic Transit Gloria Telae: Towards an Understanding of the Web’s Decay PDF (232 KiB), §3, submitted to the 13th World Wide Web Conference in New York City, 2004年5月17日-22日( (WWW 2004).

関連項目[編集]

外部リンク[編集]