ツングース系民族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ツングース系民族ロシア語ТунгусTungus英語:Tungusic peoples、中国語:通古斯;Tōnggŭsī)は、満州からロシア領のシベリア極東にかけての北東アジア地域に住み、ツングース諸語に属する言語を母語とする諸民族のこと。

名称[編集]

「トゥングース(Tungus)」という名称はエヴェンキ人,エヴェン人の旧称であり、もともとはヤクート人がエヴェンキ人を「トングース(Toŋus)」と呼んでいたことに由来する。現在はエヴェンキ人,エヴェン人と、彼らの自称をもって民族名としているため、「ツングース」という用語は彼らの話す言語系統名であるツングース諸語、そしてそれを話す諸民族の総称として用いられる。[1]

ヤクート語の「トングース(Toŋus)」の起源・語意について、今までいくつかの説が立てられたが、未だ定説はない。以下には有名な説を挙げる。

東胡説
中国の史書が伝える東北アジアの民族「東胡(Dōnghú)」と、ヤクート語の「トングース(Toŋus)」が発音上似ていることから、ヨーロッパの学者を中心に支持された説。現在では支持されていない。
豚の飼養者説
J.クラプロートが提唱。ヤクート語の「トングース(Toŋus)」はテュルク語で「豚」を意味する言葉の借用語で、豚を飼育することに長けていた勿吉靺鞨を指していたとする説。

[2]

ツングースの起源[編集]

未だ定説は確立していないが、大きく分けて3つの仮説がある。

南方由来説
19世紀に提示されて以来、ツングース語のモンゴル語やテュルク語との近縁性から、多くの学者がシベリアの遊牧ツングースを黒竜江沿いに北上してきた人々とした。1920年代にロシア人学者[3]が、現地調査などから松花江ウスリー川流域一帯をツングース人が形成された土地とし、形成以前の起源を更に河北東北部へ求める説を発表。言語学や人類学の観点から数多くの学者に支持されるが、華北東北部を起源とする点に関しては考古学的な裏付けが乏しく仮説の域を出ないとされている。
西方由来説
セレンガ川バイカル湖畔の周辺から来たとする仮説を2人のソ連人学者が唱えたが、事実に合わない点が多く完全に否定された。
太古土着説
1960年代にソ連人学者[4]から出された仮説、文化の独自性から数千年に渡り外部から隔絶していたとする。古い年代の考古物の中に南方地域と類似する物が見られる点と、急激な寒冷化が起きた時期に人口増加によると思われる出土物の増加が確認される点から、主流とはなっていない。

習俗[編集]

狩猟[編集]

狩猟は家畜の飼養,農業,馴鹿の飼養に適した地方を除くすべての地方において、ツングースの主要な生業である。獲物は主に食用として、毛皮の供給源として利用する。主な動物は栗鼠,狐,熊,山猫,黒貂,野猪,鹿である。

[5]

馴鹿の飼養[編集]

ツングースの家畜は主に馴鹿である。馴鹿は彼らの言葉でオロン(oron),オロ(oro),オヨン(ojon),オロン・ブク(oron buku),ホラ(hora),ホラナ(horana),オレーニ(olen')などと呼ばれるが、彼らが何時頃から飼い始めたのかはわからない。

[6]

宗教[編集]

ツングース系諸民族の分類[編集]

言語的分類[編集]

ツングース諸語の分布図

ツングース諸語はその方言によって北と南のサブグループに大別されるため、各民族も南北に大別される。南方グループには満州族シボ族ウィルタナナイなどが属し、北方グループにはエヴェンキエヴェンネギダールなどが属す。

  • 北方ツングース (Northern Tungus)
  • 南方ツングース (Southern Tungus)

[7]

習俗的分類[編集]

ツングースはその習俗によっていくつかのグループに分けられる。

  • 馴鹿ツングース(Reindeer Tungus)…馴鹿の飼養を生業としているツングース。ツングースの間では「馴鹿を所有する」という意味でオロチェン(oročen)と呼ばれている。バルグジン・タイガおよびネルチンスク・タイガの地方に住み、その一部はブリヤート人やロシア民族の間に混ざって移行地帯に定住している。
  • 遊牧ツングース(Nomad Tungus)…遊牧を生業としているツングース。ツングースの間では「馬を所有する」という意味でムルチェン(murčen)と呼ばれている。ブリヤート人やロシア人と雑居して移行地帯および草原地帯に住んでいる。
  • 農耕ツングース…農業で生活し、定住化しているツングース。ロシア民族の生活文化の影響が進んでいる。
  • モンゴル人化したツングース(Mongolized Tungus)…言語的にモンゴル系言語を使用するようになったツングース。

[8]

地域的分類[編集]

  • バルグジン・ツングース
  • 上アンガラ川地方のツングース…狩猟,馴鹿の飼養,漁業を生業とし、上アンガラ部族管理局,下アンガラ部族管理局の2つの行政単位に分割されている。
  • バイカル湖付近に居住するツングース…漁業を生業とするツングース。サマギル氏族管理局に編入されている。
  • ネルチンスク・ツングース…自らをオロチェンと称し、ヤクーツク州の馴鹿ツングース,遊牧ツングースをエヴェンキと呼び、ブリヤートをボレン(boren)、遊牧ツングースをムルチル(murčir)、ヤクートをヨコ(joko)と呼ぶ。
  • 外バイカルの遊牧ツングース…ツングース語を使用しつつけるグループ(エヴェンキ)と、ツングース語を使わなくなりブリヤートの借用語を使用しているグループ(ハムナガン)の2グループに分かれる。
  • 満州の北方ツングース
    • ソロン(solon)…牛馬の飼養,狩猟,農業で生活。
    • 興安ツングース…狩猟と馬の飼養で生活。自らをオロチェン(oročen)と称す。
    • メルゲン(黒爾根)ツングース…ナウンチェン(naunčen),ゲンチェン(gänčen)といった小集団を形成。自称はエヴェンキ。
  • 満州の馴鹿ツングース
  • クマルチェン・ツングース
  • ビラルチェン・ツングース

[9]

歴史上のツングース[編集]

歴史上に登場する民族・国家のうちツングース系民族と考えられているのは、以下の民族・国家である。

現在のツングース[編集]

現在民族集団を形成しているツングース系民族は以下である。

これらの民族は満州民族を除いて人口が少なく、漢民族中国語)やロシア民族ロシア語)の影響が大きく、固有の言語文化が危機にさらされている。

脚注[編集]

  1. ^ シロコゴロフ 1041,p93
  2. ^ シロコゴロフ 1041,p94-95
  3. ^ С.М.Широкогорова,Sergei Mikhailovich Shirokogorov
  4. ^ А.П. Οкладников, Алексей Павлович
  5. ^ シロコゴロフ 1041,
  6. ^ シロコゴロフ 1041,
  7. ^ シロコゴロフ 1041
  8. ^ シロコゴロフ 1041
  9. ^ シロコゴロフ 1041,p108-149
  10. ^
    • 『白鳥庫吉全集 第4巻』(1970年、岩波書店)p321「【粛慎考】漢史の伝える所によれば、古の粛慎は後漢・三国に挹婁といい、後魏に勿吉といい、隋唐に靺鞨といい、宋元明に女真といい、共に満州人の祖先なりという。若しもこの説の如くんば、粛慎は今日のツングース種に属すべきのなれども、この民族に関する記事の後世に伝わるもの甚だ僅少なるが故に、その果たして然りや否やについては更に考究を要せざるべからず。」
    • 京大東洋史辞典編纂会『新編 東洋史辞典』(1980年、東京創元社)p631「【トゥングース族】歴史上では粛慎,挹婁,勿吉,靺鞨,女真,満州として活躍した。」
    • 高凱軍『通古斯族系的興起』(2006年、中華書局)あらすじp1「同概念は踏襲発展の民族伝統を指すものであり、前秦時代の粛慎、漢晋時代の挹婁、南北朝時代の勿吉、隋唐時代の靺鞨、遼、宋、金、元時代の女真、明末及び以後の満州族、オウンク族、ハテツ族などの各歴史時期の部落、部落集団及び民族を含められるものである。」
  11. ^
    • 京大東洋史辞典編纂会『新編 東洋史辞典』(1980年、東京創元社)p631「【トゥングース族】歴史上では粛慎,挹婁,勿吉,靺鞨,女真,満州として活躍した。」
    • 西川正雄『角川世界史辞典』(2001年、角川書店)「【挹婁】トゥングース系の夫余に従属していた《大金富雄》。」
    • 高凱軍『通古斯族系的興起』(2006年、中華書局)p50「従文化特点来看、一方面、反映粛慎,挹婁,勿吉,靺鞨状況的鶯歌岭、蜿蜒河、同仁1期等一脈相承的文化。(中略)主要是釜、甑、罐、而没有豆形器物」
    • 『Yahoo!百科事典』「【挹婁】高句麗(こうくり)や夫余などと違った言語を用い、毒矢を使い、また穴居して厠(かわや)を住居の中央に置きそれを洗浄用に使用するなど、独特の習俗をもっていた。《護雅夫》。」
  12. ^
    • 内田吟風、田村実造、他訳注『騎馬民族史1-正史北狄伝』(1971年、平凡社)p343「勿吉や靺鞨はだいたいツングース系の民族と思われるが、その民族系統や諸部の位置について異論が多い。」
    • 井上秀雄、他訳注『東アジア民族史2-正史東夷伝』(1976年、平凡社)p99「(靺鞨について)中国東北地方に拠ったツングース族の一種で、勿吉ともいった。」
    • 京大東洋史辞典編纂会『新編 東洋史辞典』(1980年、東京創元社)p631「【トゥングース族】歴史上では粛慎,挹婁,勿吉,靺鞨,女真,満州として活躍した。」
    • 高凱軍『通古斯族系的興起』(2006年、中華書局)p48「反映勿吉‐靺鞨人状況的同仁1期文化(早段年代距今1420±80年、樹輪校正1380±80年、相当于599‐684年。晩段年代距今990±80年、樹輪校正960±80年、相当于994‐1186年)的分布版図、挹婁時期較大為発展。」
  13. ^
    • 鉄利部・越喜部(黒水靺鞨に属す)。井上秀雄、他訳注『東アジア民族史2-正史東夷伝』(1976年、平凡社)p440「鉄利は中国黒竜江省南部からソ連沿海州南部にかけて居住する純ツングース種族である。p441同越喜」
    • 内田吟風、田村実造、他訳注『騎馬民族史1-正史北狄伝』(1971年、平凡社)p343「勿吉や靺鞨はだいたいツングース系の民族と思われるが、その民族系統や諸部の位置について異論が多い。」
    • 井上秀雄、他訳注『東アジア民族史2-正史東夷伝』(1976年、平凡社)p99「(靺鞨について)中国東北地方に拠ったツングース族の一種で、勿吉ともいった。」
    • 京大東洋史辞典編纂会『新編 東洋史辞典』(1980年、東京創元社)p631「【トゥングース族】歴史上では粛慎,挹婁,勿吉,靺鞨,女真,満州として活躍した。」、p803「【靺鞨】満州東北部から朝鮮半島北部に住んだトゥングース族の一種。《日野開三郎『靺鞨七部考』》」
    • 西川正雄『角川世界史辞典』(2001年、角川書店)
    • 『世界史小辞典』(2004年、山川出版社)
    • 白石典之『チンギス・カン』(2006年、中央公論新社)p13「当時、蒙兀室韋などのモンゴル系民族が居住するアムール河上流の、西にはトルコ系の突厥が控えていた。また、東にはツングース系といわれる靺鞨という強力な集団がいた。」
    • 高凱軍『通古斯族系的興起』p48「反映勿吉‐靺鞨人状況的同仁1期文化(早段年代距今1420±80年、樹輪校正1380±80年、相当于599‐684年。晩段年代距今990±80年、樹輪校正960±80年、相当于994‐1186年)的分布版図、挹婁時期較大為発展。」
    • 『Yahoo!百科事典』「【靺鞨】6世紀後半から中国東北の松花江流域を中心に、北は黒竜江中・下流域、東はウスリー川流域、南は朝鮮半島北部に勢力を振るったツングース系諸族の一派《菊池俊彦》。」
    • 『宋会要輯稿』「唐貞観中、靺鞨来朝、初聞女真之名」
  14. ^
    • 朱国忱・魏国忠(訳:佐伯有清・浜田耕策)『渤海史』(1996年、東方書店)「渤海国の公用語は靺鞨語(支配者層)、のちに漢語。靺鞨語はツングース系、扶余語は古シベリア(古アジア)系、契丹・室韋はモンゴル系、突厥・回紇はトルコ(テュルク)系」
    • 『大金国史』「金国本名朱里真、番語舌音訛為女真。又曰女直、粛慎氏遺種、渤海之別種也。」
  15. ^
    • 『白鳥庫吉全集 第4巻』(1970年、岩波書店)P536「【穢貊は果たして何民族と見做すべきか】穢貊の言語には多量のTunguse語に少量の蒙古語を混入していることが認められる。想うにこの民族は今日のSolon人の如く、Tunguse種を骨子とし、之に蒙古種を加味した雑種であろう。」
    • 『騎馬民族史1正史北狄伝』(1971年、平凡社)p8「注13:胡は北狄の総名。のちには専ら匈奴をさした。貉は古くから中国の東北塞外に住んでいた蛮族でツングース系と考えられている。前二世紀ごろには満洲東部から朝鮮半島中部にかけて住し、のちの高句麗国はこの民族のたてたものと考えられている。」
    • 下中直人『新訂増補 朝鮮を知る事典』(1986年、平凡社)「【濊貊】彼らの言語は白鳥庫吉によれば、ツングース系を主として若干のモンゴル系を混合したものと推測されている。《村山正雄》」
    • 『Yahoo!百科事典』「【濊貊】前3世紀ごろモンゴル系民族に押されて朝鮮半島北東部に南下し、夫余(ふよ),高句麗(こうくり),沃沮(よくそ)を構成したツングース系の諸族を含むのである《浜田耕策》。」
  16. ^
    • 井上秀雄、他訳注『東アジア民族史1-正史東夷伝』(1974年、平凡社)p103「(高句麗、夫余の)両族は、ともにツングース系と考えられている。両族が同系であることは始祖神話(東明・朱蒙伝説)の類同によっても推測できよう。」
    • 『世界史小辞典』(2004年、山川出版社)「【夫余】トゥングース系の貊人が建てた」
    • 『Yahoo!百科事典』「【夫余】古代中国の東北地方に割拠していたツングース系と思われる民族が建てた国名《村山正雄》。」
  17. ^
    • 井上秀雄、他訳注『東アジア民族史1-正史東夷伝』(1974年、平凡社)p103「(高句麗、夫余の)両族は、ともにツングース系と考えられている。両族が同系であることは始祖神話(東明・朱蒙伝説)の類同によっても推測できよう。」
    • 京大東洋史辞典編纂会『新編 東洋史辞典』(1980年、東京創元社)p272「【高句麗】トゥングース系の扶余族の支族。《朝鮮総督府『朝鮮史』(1932~38)、池内宏・梅原末治『通溝 上下巻』(1938~40)、田村実造編『アジア史講座3』(1956)》」
    • 加藤九祚『北東アジア民族学史の研究』(1986年、恒文社)p156「高句麗は北扶余から発したとされるが、その北扶余がツングース・満州語族に属することは定説となっている」
    • 室谷克実『日韓がタブーにする半島の歴史』(2010年、新潮新書)p193「(中国の史書には)高句麗などのツングース系民族と韓族との間には、比較の記述がない。(民族が)違うことが大前提であり、わざわざ違うとは書いていない」
  18. ^ 三上次男・神田信夫編『民族の世界史3 東北アジアの民族と歴史』(1989年、山川出版社)p161「Ⅱ(夫余、高句麗、濊、東沃沮)の言語はツングース・満州語の一派か、またはそれに近い言語と思われるが、むしろ朝鮮語と近い親縁関係にあるか、詳しく調べてみなければわからない。」
  19. ^ 史書に夫余の別種と記す『旧唐書東夷伝』「百済国、本亦扶余之別種、当為馬韓故地」
  20. ^ 『魏書』旧北扶余也。地宜五谷,不生五果。其人長大,性強勇,謹厚,不寇抄。其君長皆以六畜名官,邑落有豪帥。飲食亦用俎豆。有麻布,衣制類高麗而幅大,其国大人,以金銀飾之。用刑厳急,殺人者死,没其家人為奴婢。俗淫,尤悪妬婦,妬者殺之,屍其国南山上至腐。女家欲得,輸牛馬乃与之。或言本濊貊之地也。

参考文献[編集]

  • S.M.シロコゴロフ(訳:川久保悌郎、田中克己)『北方ツングースの社會構成』(岩波書店、1941年)
  • 『白鳥庫吉全集 第4巻』(1970年、岩波書店)
  • 内田吟風田村実造、他訳注『騎馬民族史1-正史北狄伝』(1971年、平凡社
  • 井上秀雄、他訳注『東アジア民族史1-正史東夷伝』(1974年、平凡社)
  • 井上秀雄、他訳注『東アジア民族史2-正史東夷伝』(1976年、平凡社)
  • 三上次男『古代東北アジア史研究』(1977年、吉川弘文館
  • 京大東洋史辞典編纂会『新編 東洋史辞典』(1980年、東京創元社
  • 下中直人『新訂増補 朝鮮を知る事典』(1986年、平凡社)
  • 加藤九祚『北東アジア民族学史の研究』(1986年、恒文社
  • 三上次男・神田信夫編『民族の世界史3 東北アジアの民族と歴史』(1989年、山川出版社
  • 鳥越憲三郎『古代朝鮮と倭族』(1992年、中央公論社
  • 朱国忱魏国忠(訳:佐伯有清・浜田耕策)『渤海史』(1996年、東方書店
  • 著:王宏剛,関小雲、訳:黄強,高柳信夫,他『オロチョン族のシャーマン』(1999年、第一書房
  • 西川正雄『角川世界史辞典』(2001年、角川書店
  • 『世界史小辞典』(2004年、山川出版社)
  • 黄文雄『韓国は日本人がつくった』(2005年、ワック
  • 白石典之『チンギス・カン』(2006年、中央公論新社)
  • 高凱軍『通古斯族系的興起』(2006年中華書局
  • 『世界史B用語集』(2008年、山川出版社)
  • 室谷克実『日韓がタブーにする半島の歴史』(2010年、新潮新書

関連項目[編集]

外部リンク[編集]