サモエード人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネネツ人の家族

サモエード人またはサモイェード(Samoyedic peoples)とは、ロシア連邦北部のツンドラ気候地帯に住みサモエード諸語を話す先住民族の総称。人種的にはモンゴロイドに属する。

概要[編集]

その原住地についてはウラル山脈東部、アルタイ山脈付近以西、サヤン山脈などの説がある。言語学的にはウラル語族に属し、ウラルからロシア北部を中心とするフィン・ウゴル語派と関係がある。

主に北極海に近いネネツ自治管区ノヴァヤゼムリャヨーロッパロシア北東部)、ヤマロ・ネネツ自治管区タイミル自治管区シベリア北西部)に住む。

その中でもネネツ人の人口が特に多く4万人ほどいるが、他の各民族は数十人から千人程度の規模とみられる。生活様式としてはトナカイ牧畜のほか、狩猟漁労がある。宗教正教、古来のシャーマニズムなど。

しかし、近年にロシア語で「サモ」と「エード」の言葉の意味の組み合わせは、自己+食べる者 と連想され、つまり「食肉を食べる人」という見方があった。そのために「サモエード」は、差別的、軽蔑的な意味を指し、20世紀に入り、この呼称は使用されなくなり、代わりに人を意味する「ネネツ」が代わって呼称されるようになった(これはサーミ人ラップ人の経緯と共通している)。

言語系統[編集]

言語の違いから次のように分けられる


遺伝子[編集]

サモエード人はウラル系Y染色体ハプログループNが約9割の高頻度にみられる[2]。特にN1c2系統が高頻度である(フィン・ウゴル系はN1c1系統)。ただし、セリクプ人ケット人に多いQ系統が67%も見られる[3]ことから、かつてはエニセイ語族に属す言語を話していたと考えられる。

脚注[編集]

  1. ^ :村上正二『モンゴル秘史1 チンギス・カン物語』(平凡社1970年ISBN 4582801633
  2. ^ Tambets, Kristiina et al. 2004, The Western and Eastern Roots of the Saami—the Story of Genetic “Outliers” Told by Mitochondrial DNA and Y Chromosomes
  3. ^ Tambets et al 2004

関連項目[編集]