サヤン山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サヤン山脈(-さんみゃく)は、ロシア連邦シベリア南部にある山脈アルプス・ヒマラヤ造山帯に属する褶曲山地である。

大きく東サヤン山脈と西サヤン山脈に分けられる。東サヤン山脈はバイカル湖西側(海抜約3500mの最高峰がある)から北西に、ミヌシンスク盆地の東側まで延びる。西サヤン山脈は東サヤン山脈の西部から南西に連なり、アルタイ山脈につながる。エニセイ川上流部が西サヤン山脈を貫いている。最高峰はムンクサルディク山である。