古代出雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

古代出雲(こだいいずも)は、弥生時代古墳時代出雲の国(現在の島根県東部および鳥取県西部)にある出雲平野安来平野を中心にあった文化をさす。出雲の語源は、「八雲立つ出雲」から連想される雲の源泉という意味、あるいは諸神の母神イザナミの神陵地があることから、「母から生み出された」地の「出母」あるいは稜威藻という竜神信仰の藻草の神威凛然たることを示した語を、その源流とするという説がある。ただし歴史的仮名遣いでは「いづも」であり、出鉄(いづもの)からきたという説もある。

概要[編集]

姫原西遺跡西谷墳墓群荒島古墳群がある出雲平野、安来平野、意宇平野には、強大な国があったと推定できる。また、四隅突出型墳丘墓に代表される独自の文化を生み出した。

出雲西部の荒神谷遺跡加茂岩倉遺跡から出土した大量の銅鐸銅剣がこの地域の盛大さを物語るが、豊富な神話、各地からの大量の出土品、古墳の種類の豊富さから、この地域に古くから栄えた大きな勢力があったことは確実であるとされている。その謎を解明するかに見られた「荒神谷遺跡」や「加茂岩倉遺跡」からのこの大量の青銅品埋蔵の解釈にはまだ定説が無い。

青銅器の原材料にしても、朝鮮半島産であるとするもの、島根半島の西部の銅山の産出であるとするものなど、いずれにしても特定はできておらず、地元の出雲地方ですら統一した見解が出されていない。

鉄器については、山間部で時代の特定できない「野だたら」の遺跡が数多く見つかっている。特に遺跡が多いのは県境付近であり、たたら製鉄に欠かせない大量の木炭の確保は欠かせなかったものと考えられる。西部地方は後に衰えを見せるが、出雲東部では妻木晩田遺跡竹ヶ崎遺跡柳遺跡では大量の鉄器の半製品が発掘されていることから、鉄資源の輸入・鍛冶精錬を司ることで発展し、弥生後期には広く日本海側に展開をしたと考えられている。

古墳時代前期では、全国最大級の方墳である大成古墳造山一号古墳にその繁栄の後がうかがえる。

その後、ヤマト吉備連合政権の物部氏の侵攻によってヤマト政権に従属したとの説や、それでは記紀に記された膨大な出雲の活躍が説明できないとして、ヤマト政権樹立のため協力し大和へ一部が移住した(これが物部氏、蘇我氏に相当する)との説もある。また、魏志倭人伝にある邪馬台国七万戸に次ぐ大国である投馬国五万戸を出雲に比定する説がある(前田晴人など)。  

各地域との交流[編集]

中国植民地朝鮮半島北部にあった楽浪郡(紀元前108年 - 313年)との交流があったと考えられている。壱岐原の辻遺跡では楽浪郡の文物と一緒に弥生時代の出雲の土器が出土しており、これは、楽浪郡、任那と壱岐、古代出雲の間の交流を示す。より直接的な例としては、弥生後期(2世紀前半)の田和山遺跡(島根県松江市)出土の石板が楽浪郡のすずりと判明している。[1]楽浪郡には中国の文明が移植されており、楽浪郡との交流は中国文明との交流を意味する。

邪馬台国より先んじて神政国家連合体を形成した痕跡があり、北陸関東九州宗像などに四隅突出墳墓や出雲神話への影響が認められる。また、早期から製鉄技術も発達しており、朝鮮半島の加耶(任那)とも関係が深いという指摘もある。記紀の3分の1の記述は出雲のものであり、全国にある8割の神社は出雲系の神が祭られており、早期の日本神道の形成に重要な働きを及ぼし日本文明の骨格を作り上げた一大古代勢力であったことが伺える。

ただし、宗教で纏め上げられた合議的連合政体は、武断的ピラミッド組織をもつヤマト王権の政体にとって変わられたとする見解があり、それが有名な「国譲り」の物語として今に伝わっているとしている。現在考えられている古代出雲の広がりは律令制でいう出雲国伯耆国と考えるのが妥当であり、初期の中心地は出雲と伯耆の国境近辺にあったと思われ、大和朝廷の弱体化政策により、出雲と伯耆に分断されたと見るのが妥当とされている[要出典]。その後も出雲文化を継承した律令出雲の実質的支配者、出雲国造家は現松江市東部にあり、その本幹である出雲大社を中心に宗教的活動を行った。

神話に登場する国譲り神話は、この国造家がその権威を大和朝廷から次第に剥奪され、ついには出雲大社の神官というだけの地位までになり、意宇郡の大半の権利を平安期に剥奪され、現在の出雲市大社町を中心とする西出雲に押し込められた形となった経緯を神話として今に伝えているとする説もある。

神政合議政体を維持できたのは、同盟国との共有化しうる神話制作の巧みさが指摘されているが、一方で縄文時代に始まった黒耀石の流れを汲む圧倒的な玉石加工や鉄や銅の金属製造技巧を蓄え、その交易によってその優位性を形成したとの見方もある。

関連項目[編集]