ファレ・シミタイトコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キング・ファレから転送)
移動: 案内検索
バッドラック・ファレ
Bad Luck Fale.JPG
プロフィール
リングネーム バッドラック・ファレ
キング・ファレ
本名 ファレ・シミタイトコ
ニックネーム ジ・アンダーボス
バウンサー
心優しき大男
身長 193cm
体重 125kg
誕生日 1982年1月8日(32歳)
出身地 トンガの旗 トンガラパハ
所属 新日本プロレス
スポーツ歴 ラグビー
トレーナー 永田裕志
デビュー 2010年4月4日
テンプレートを表示

ファレ・シミタイトコFale Simitaitoko、男性、1982年1月8日 - )は、トンガ王国プロレスラー新日本プロレス所属。ラパハ出身。血液型はO型。名乗ったリングネームはキング・ファレKing Fale)を経て、現在はバッドラック・ファレBad Luck Fale)として活動中。

来歴[編集]

11人兄弟の8番目という大家族の中で育ち、3歳からラグビーを始める。6歳の時、一家全員でニュージーランドオークランドに移住[1]ラグビーニュージーランド代表(オールブラックス)のジョン・カーワンに憧れ、デラサール大学へ入学[1]。卒業後は徳山大学ラグビー部監督の紹介により、2002年4月、同大学へと進学し、ラグビー部に入部する[1]

大学卒業後、2006年4月に株式会社サニックスに入社し、福岡サニックスブルースの一員となるも、2年という短期間で退団[1]。その後、英会話教師として働いていたが、ラグビー時代からの友人で、トンガ出身の大相撲力士南乃島の誘いで2009年5月、新日本プロレスの入団テストを受けて合格を果たす[1]

6月より練習生としてトレーニングを積み、一般公募していたリングネームの中から「キング・ファレ」と名づけられ、2010年4月4日、中西学戦でデビューを飾る[1]。9月に永田裕志率いる青義軍に加入[1]し、対抗勢力にあたるヒールユニットCHAOSと抗争を繰り広げる。2011年には永田とのタッグでG1 TAG LEAGUEに初出場した[1]

2012年2月10日、若手主体興行「NEVER」で永田とのシングルマッチで敗れた後、武者修行のためアメリカに遠征。NWAヒューストンのリングでアメリカデビュー戦を行った。

バッドラック・ファレとして[編集]

2013年4月7日に凱旋。同日に行われた両国国技館大会の第1試合終了後、プリンス・デヴィットに加担する形で田口隆祐を襲撃。デヴィットは田口とのタッグで活動していたApollo 55を解散するのと同時に、ファレを自身のバウンサー(用心棒)「バッドラック・ファレ」と紹介しマイクパフォーマンスを行った。

5月3日、レスリングどんたくで、デヴィットをパートナーに田口 & キャプテン・ニュージャパン組を相手に凱旋帰国試合を行い、勝利を収める。その後、カール・アンダーソンタマ・トンガと共にデヴィットの下に集い、結託し新ユニット「BULLET CLUB」を結成した。

結成から3カ月後の8月、正規軍とBULLET CLUBの抗争が続く中で真壁刀義に狙いを定めて抗争を激化。同年12月のWORLD TAG LEAGUE公式戦で真壁組と対戦した際は真壁のチェーンを使って失神KO勝ちを収めている。

翌年2014年1月4日のレッスルキングダムにて、「倍返し」を誓った真壁に指名され、キング・オブ・デストロイヤーマッチルールのシングル戦で激突。序盤から真壁を圧倒してグラネードやバッドラックフォールを繰り出すもOKを獲れず、逆に真壁の机めがけてのパワーボムを食らって形勢が逆転、キングコング二ードロップ2連発を食らい轟沈。帰国後、初黒星を期した。

2014年3月に行われたNEW JAPAN CUPでは初出場ながら、真壁、内藤哲也シェルトン・X・ベンジャミンを破り決勝進出。決勝では中邑真輔に敗れるものの準優勝に輝いた。

人物[編集]

  • 右肩に「侍魂」の文字と、左肩に和彫りの龍とポリネシアンタトゥーを融合した刺青を施している。

得意技[編集]

シェルトン・X・ベンジャミンにバッドラックフォールを仕掛けるファレ
バッドラックフォール
投げ捨て式のスプラッシュ・マウンテン。ハイジャック・バックブリーカーの体勢で相手を頭上に抱え上げ、そのまま腰を落とさずに前方へ投げ捨てる。ショーン・ヘルナンデスが使用するボーダー・トスと同型で、2013年11月6日の本間朋晃戦で初公開。同技で本間からKO勝ちを収めた。
以降、この技を決めた後、フォールには移行せずにKOないしレフェリーストップ裁定を取らせて勝利を収めるのが主流とされていたが、2014年からはそのままピンフォールを奪いにいくようにしている。
グラネード
テーピングで固めた右手の親指を突きだしながら大きく後ろへ振りかぶり、その後、相手をチョークスラムの要領で持ち上げてから、振り上げた右手の親指を相手の喉元へ突き刺していく。元WWE所属のウマガが得意技としていたサモアン・スパイクのリフトアップ式ともいえる。
バックフリップ
ファイヤーマンズキャリーの要領で相手を担ぎ、後方へ体重を浴びせながら倒れ込む。
串刺しボディアタック
バックボーンのラグビーを活かした、猛スピードで相手に浴びせていくのが特徴。
T-SHOCK
リバースフルネルソンの体勢から相手を肩口に担ぎ込み、マットに自らの膝をついて背中や腰へ衝撃を与える。
クリフハンガー
ファレが使用するダイビングラリアットの名称でエアリアルムーブの一つ。
ジャンピング・ヘッドドロップ
ロープに跳び仰向けになった相手の肩口に頭を叩きつける。ヒールターン後は見られなくなった。

入場テーマ曲[編集]

  • THE UNDERBOSS
凱旋帰国後のテーマ曲。2013年5月 - 現在まで使用。
  • Let's get crazy
デビュー初期のテーマ曲。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 選手名鑑”. 新日本プロレス公式サイト. 2013年12月14日閲覧。

外部リンク[編集]