宗像サニックスブルース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宗像サニックスブルース
原語表記 宗像サニックスブルース
クラブカラー     
愛称 ブルース
創設年 1994年
代表者 藤井雄一郎(部長)
監督 藤井雄一郎
所属リーグ トップリーグ
ファーストカラー
セカンドカラー
公式サイト
http://rugby.sanix.jp/
テンプレートを表示

宗像サニックスブルース(むなかたサニックスブルース、Munakata Sanix Blues)は、ジャパンラグビートップリーグに参加する福岡県実業団ラグビーチームである。本拠地は宗像市グローバルアリーナ

歴史[編集]

1994年サニックスラグビー部として福岡県社会人Cリーグ(西日本社会人Aリーグから見ると5部相当)に加盟し、同リーグ戦に優勝。その後、飛び級という異例な形で1995年に西日本Bリーグ(2部)に加盟。1997年には同Aリーグ(1部)への加盟を果たす。1999年には西日本Aリーグで念願の初優勝を果たし、全国社会人ラグビーフットボール大会に出場するが、予選リーグ(プール)戦で敗退。

その後も西日本リーグで2002年まで4連覇を達成し、九州ラグビー界の新興勢力ながらも、その実力は九州一を誇る強豪に成長する。2003年に発足した第1回ジャパンラグビートップリーグに参加し、チーム名も「福岡サニックスボムズ」とするが、関東・関西の強豪に前に屈し、2勝9敗・勝ち点14の最下位(12位)でトップリーグの2部組織の一つ・トップ九州Aリーグ(1部)に降格。2004年にトップ九州と、その後のトップチャレンジAに優勝して1年でトップリーグ復帰を果たす。

チーム名を「福岡サニックスブルース」に変更した2005年はトップリーグ史上初の全敗(11敗・勝ち点2)を記録したが、入替戦で近鉄ライナーズに勝ってトップリーグ残留を決めた。2012年は最下位(14位)となり入替戦で豊田自動織機シャトルズに敗れ、9年ぶりに再降格となったが、2014年のトップチャレンジ1で1位となり1年でトップリーグ再復帰を果たす。

2014年4月29日、宗像市内で行われた記者会見で同日よりチーム名を福岡サニックスブルースから宗像サニックスブルースに変更した。

トップリーグでは2009年の7位が最高である。

獲得タイトル[編集]

2012年陣容[編集]

[1]

ポジション 選手名 出身校 代表
キャップ
PR 高田卓 日本体育大
永谷一樹 志學館大
友利玲臣 流通経済大
杉浦敬宏 愛知工業大 1
重枝孝二 マッセー大
高島卓久馬 日本体育大
シン・ドンウォン クライストチャーチ男子高
加古川雅嗣 天理大
松園正隆 日本体育大
HO 中村彰 関東学院大
永下安武 専修大
隈本浩太 志學館大
LO 黄徹秀 朝鮮大
ブラッド・ソーン アスプリー州高 60
(豪州)
ジェイク・パリンガタイ ケビティ大
真羽闘力 大東文化大 6
慎賢宇 朝鮮大
野田忠 近畿大
秋田太朗 福岡工業大
ハレ・マキリ セントステファンズ高 26
FL 星本泰憲 近畿大
西浦啓三 天理大
タファイ・イオアサ ヘイスティングス男子高
マヘトゥビ 大東文化大
菅藤友 専修大
濱里祐介 大阪体育大
No.8 西端要 近畿大
ポジション 選手名 出身校 代表
キャップ
SH 平塚登夢 オタゴ大
原田航路 大分舞鶴高
天本俊輔 帝京大
濱里耕平 名護高
SO 福崎竜也 ロトルア男子高
田代宙士 大分舞鶴高
金川禎臣 日本大
シリバ・アヒオ 立正大
WTB 大庭照光 近畿大
園田晃将 愛知学院大
藤原旭 大阪商業大
永留健吾 帝京大
カーン・ヘスケス オタゴ大
CTB 權正赫 帝京大
田村衛土 マッセー大
崔基俊 朝明高
濱里周作 名護高
名富朗 中部大
FB 古賀龍二 福岡工業大

脚注[編集]

  1. ^ ブルースメンバー紹介 - 公式サイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]