ジャパンラグビートップリーグ2012-2013

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャパンラグビートップリーグ2012-20132012年8月31日から2013年1月6日までレギュラーシーズンが行われた。

リーグ戦1位のサントリーサンゴリアスがプレーオフトーナメントを制し、2シーズン連続3度目の優勝を果たした。 また、これはトップリーグ史上初のリーグ戦からプレーオフ決勝まで無敗の全勝優勝である。

順位表[編集]

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 勝点
1 サントリーサンゴリアス 13 13 0 0 481 258 223 63 プレーオフトーナメント、日本選手権
2 東芝ブレイブルーパス 13 10 0 3 478 266 212 50
3 パナソニックワイルドナイツ 13 10 0 3 509 275 234 49
4 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 13 9 1 3 468 255 213 49
5 トヨタ自動車ヴェルブリッツ 13 9 1 3 343 291 52 43 日本選手権出場決定トーナメント
6 ヤマハ発動機ジュビロ 13 8 0 5 430 311 119 42
7 近鉄ライナーズ 13 6 0 7 356 308 48 33
8 NECグリーンロケッツ 13 6 0 7 399 375 24 32
9 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス 13 7 0 6 240 313 -73 31
10 リコーブラックラムズ 13 5 0 8 322 360 -38 28
11 キヤノンイーグルス 13 3 0 10 287 382 -95 19 残留
12 九州電力キューデンヴォルテクス 13 2 0 11 238 593 -355 16
13 NTTドコモレッドハリケーンズ 13 1 0 12 217 524 -307 8 入替戦へ
14 福岡サニックスブルース 13 1 0 12 256 513 -257 7

プレーオフトーナメント[編集]

セミファイナル ファイナル
           
2013年1月19日 - 秩父宮東京    
 サントリーサンゴリアス
(リーグ1位)
38
 神戸製鋼コベルコスティーラーズ
(リーグ4位)
19  
  2013年1月27日 - 秩父宮東京
 サントリーサンゴリアス 19
   東芝ブレイブルーパス 3
2013年1月20日 - 秩父宮東京  
 パナソニックワイルドナイツ
(リーグ3位)
8
 東芝ブレイブルーパス
(リーグ2位)
20  

セミファイナル[編集]

  • 1月19日 サントリーサンゴリアス 38-19 神戸製鋼コベルコスティーラーズ
  • 1月20日 パナソニックワイルドナイツ 8-20 東芝ブレイブルーパス

ファイナル[編集]

  • 1月27日 サントリーサンゴリアス 19-3 東芝ブレイブルーパス

入替制度[編集]

トップリーグチャレンジシリーズ1、1位のコカ・コーラウエストレッドスパークスと2位のクボタスピアーズがトップリーグに自動昇格、 トップリーグチャレンジシリーズ1、3位の豊田自動織機シャトルズと4位の三菱重工相模原ダイナボアーズがトップリーグ入替戦へ進出した。

入れ替え戦の結果、NTTドコモレッドハリケーンズがトップリーグ残留、豊田自動織機シャトルズが昇格を決めた。入れ替え戦を経てのトップリーグ昇格は今回が初である。

トップリーグチャレンジシリーズ2[編集]

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 BP 勝点
1 三菱重工相模原ダイナボアーズ 2 2 0 0 99 16 83 1 9 チャレンジ1へ
2 ホンダヒート 2 1 0 1 42 25 17 1 5
3 マツダブルーズーマーズ 2 0 0 2 14 114 -100 0 0

トップリーグチャレンジシリーズ1[編集]

順位 チーム 試合 得点 失点 得失 BP 勝点
1 コカ・コーラウエストレッドスパークス 3 3 0 0 136 102 34 3 15 自動昇格
2 クボタスピアーズ 3 2 0 1 103 84 19 3 11
3 豊田自動織機シャトルズ 3 1 0 2 105 121 -16 2 6 入替戦へ
4 三菱重工相模原ダイナボアーズ 3 0 0 3 55 92 -37 1 1


  • 1月12日 コカ・コーラW 26-22 三菱重工相模原
  • 1月12日 豊田自動織機 30-32 クボタ


  • 1月20日 クボタ 40-17 豊田自動織機
  • 1月20日 コカ・コーラW 73-49 三菱重工相模原

トップリーグ入替戦[編集]