桜井宏 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
桜井 宏
さくらい ひろし
生年月日 (1956-04-15) 1956年4月15日(61歳)
出生地 北海道札幌市
出身校 北海道大学大学院工学研究科
前職 北見工業大学工学部准教授
所属政党 自由民主党

選挙区 比例東海ブロック三重3区
当選回数 1回
在任期間 2012年12月21日[1] - 2014年11月21日
テンプレートを表示

桜井 宏 (さくらい ひろし、1956年(昭和31年)4月15日 - )は、日本政治家自由民主党所属の元衆議院議員(1期)。三重県桑名市江場在住。

略歴[編集]

北海道札幌市生まれ。北海道大学大学院工学研究科卒業後の1981年(昭和56年)に大成建設入社。土木本部設計部、原子力発電所耐震設計等に従事[要出典]

1986年(昭和61年)4月、国立北見工業大学工学部教官に着任。コンクリート構造物の設計施工・維持管理の研究教育に従事。1992年(平成4年)に助教授(後に准教授)[要出典]

2012年(平成24年)の第46回衆議院議員総選挙に自民党公認で三重3区から神道政治連盟の支援を受け出馬したが、元民主党代表岡田克也に大差で敗れた。惜敗率は43.34%と自民党の小選挙区立候補者289人中最も低かった[要出典]が、自民党が大勝したため比例東海ブロックで復活し、初当選。

2014年(平成26年)10月に四日市伝統的工芸の萬古焼のセラミックの特性を生かし、高吸水性材料の地元企業者である水谷泰治氏、笹岡秀太郎氏と研究開発を特許化。汚水洗処理に応用する予定[要出典]

2015年(平成27年)2月に放射能汚染水処理ブロック・処理方法等発明の特許を取得[要出典]

2015年(平成27年)に4月に国立大学法人三重大学特任教授(非常勤)[要出典]

政策・主張[編集]

  • 憲法改正に賛成[2]
  • 集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈を見直すことに賛成[2]
  • 「原発54基を維持すべき」との立場をとる[3]
  • 自然エネルギー供給の早期実現を目指し、本人も2012年(平成24年)2月に特許「太陽光発電パネル装置」を発明取得。エネルギー資源の安全安心安定供給の必要性を訴え、その過程としての原子力規制委員会の新基準を満たした原発は再開すべきとしている[2]
  • 女性宮家の創設に賛成[2]
  • 特定秘密保護法は日本に必要であるとしている[4]
  • 前自民党航空機産業推進議連幹事として国産MRJ等航空機産業振興に従事していた。

人物[編集]

主な所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成24年(2012年)12月21日中央選挙管理会告示第37号(平成二十四年十二月十六日執行の衆議院比例代表選出議員の選挙における衆議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件)
  2. ^ a b c d “2012衆院選 三重3区 桜井宏”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A24003002002 2014年4月3日閲覧。 
  3. ^ a b “反小泉派の自民・桜井宏議員「原発54基維持すべし」”. dot.ドット 朝日新聞出版. (2013年12月11日). http://dot.asahi.com/wa/2013121100002.html 2014年12月10日閲覧。 
  4. ^ 2014衆院選 東海ブロック 桜井  宏 - 毎日新聞
  5. ^ 桜井宏公式ホームページの信条の家族構成の項目
  6. ^ 「衆参で大勝、増える電力族 推進に走る自民」朝日新聞 2013年12月30日

外部リンク[編集]