北海道旅客鉄道の駅ナンバリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
駅ナンバリング > 北海道旅客鉄道の駅ナンバリング
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

北海道旅客鉄道の駅ナンバリング(ほっかいどうりょかくてつどうのえきナンバリング)とは、北海道旅客鉄道(JR北海道)が2007年平成19年)10月1日のダイヤ改正と同時に実施した駅番号表示である[報道 1]

JRグループとしては四国旅客鉄道(JR四国)に続いて、北海道内では札幌市営地下鉄に続いての導入になる。

JR北海道における駅ナンバリングの系統
駅番号を付した駅名標(旧デザイン)の例(函館本線札幌駅
記号付きの駅番号を付した駅名標(新デザイン)の例(函館本線手稲駅
記号付きの駅番号を付した駅名標の例(函館本線熱郛駅

目的[編集]

北海道内では、近年アジア各国やオセアニアを中心とした外国人旅行客が増加しており、また、2008年(平成20年)7月7日 - 9日には洞爺湖町北海道洞爺湖サミットが開催されることになったことから、特定の駅の識別を容易にする手段を提供し、外国人旅行客が安心して旅行できるようにするためのものである。

付番方法[編集]

ルートを示すアルファベット(区間記号)と2桁の番号で表される。

アルファベットの部分は、特急列車の運行系統を基準に割り振られているため、必ずしも路線名称上のルートとは一致しない。同じ路線に属し隣り合っている駅でも番号が連続しない箇所も多い[注釈 1]。また、路線が分岐する駅は、次項において掲載されている順が早いルートのアルファベットのみを冠する[注釈 2]

番号の部分は、札幌駅を01として、ルートに沿って数えて基本的に札幌駅から何駅目かを表している。そのため分岐駅の番号を引き継いで数えていく[注釈 3]。なお、あくまで規定のルートに沿って数えた場合であって、札幌駅への最短ルートで数えているとは限らない[注釈 4]

また、付番後に廃駅信号場格下げが行われたため欠番が生じている。例えば、2016年(平成28年)3月26日鷲ノ巣駅 (H53) が、2017年(平成29年)3月4日東山駅 (H64)、姫川駅 (H63)、桂川駅 (H61)、北豊津駅 (H50)、美々駅 (H15)が廃止(鷲ノ巣、姫川、北豊津の各駅は信号場へ降格)され欠番となった為に[報道 2][報道 3]函館駅は「札幌から数えて69駅目」となっているが、駅番号は「H75」のままである。

なお、駅名標にその駅以外の前駅や次駅の駅ナンバリング表示をしている鉄道事業者が多いが、JR北海道ではその駅のみである。

駅ナンバリングが実施されている路線・区間[編集]

札幌駅[編集]

札幌駅 (01) は全ルートの基準であり、ルートを示すアルファベットが割り振られていない。区間カラーは無く、代わりに(黒)が用いられる。

札幌 - 東室蘭 - 函館間[編集]

区間カラーは(青)。特急「北斗」・「スーパー北斗」・「すずらん」の運行系統及びその支線。

  • M:東室蘭駅 - 室蘭駅。室蘭 (Muroran) の「M」。
    • 室蘭本線(室蘭支線):東室蘭駅 (H32) → 輪西駅 (M33) - 室蘭駅 (M36)

札幌 - 旭川 - 網走間[編集]

区間カラーは(橙色)。特急「カムイ・ライラック」、特急「オホーツク・大雪」の運行系統。

札幌 - 旭川 - 稚内間[編集]

区間カラーは(茶)。特急「宗谷」・「サロベツ」の運行系統。

  • W:新旭川駅 - 稚内駅。稚内 (Wakkanai) の「W」。
    • 宗谷本線:新旭川駅 (A30) → 永山駅 (W31) - 稚内駅 (W80)

札幌 - 帯広 - 釧路間[編集]

区間カラーは(黄緑)。特急「スーパーおおぞら」・「スーパーとかち」の運行系統及びその支線。

札幌 - 新千歳空港間[編集]

区間カラーは(スカイブルー)。快速エアポート」の運行系統。

  • AP:南千歳駅 - 新千歳空港駅空港AirPort)の「AP」。
    • 千歳線(空港支線):南千歳駅 (H14) → 新千歳空港駅 (AP15) ※「AP」が割り振られている、またアルファベットが2文字使用されているのは新千歳空港駅のみである。

札幌 - 小樽 - 長万部間[編集]

区間カラーは(赤)。臨時特急「ニセコ」運行区間。

  • S:札幌駅 - 小樽駅 (S15) 経由 - 二股駅。札幌 (Sapporo) の「S」。
    • 函館本線:札幌駅 (01) → 桑園駅 (S02) - 二股駅 (S32) ( → 長万部駅 (H47) )
      2017年(平成29年)3月4日付で蕨岱駅 (S31) が廃止・欠番となった[報道 3]

札幌 - 北海道医療大学間[編集]

区間カラーは(緑)。

滝川 - 新得間[編集]

区間カラーは(桃色)。臨時特急「フラノラベンダーエクスプレス」運行区間。

旭川 - 富良野間[編集]

区間カラーは(紫)。

釧路 - 網走間[編集]

区間カラーは(濃桃色)。

  • B:釧路駅 - 桂台駅。網走 (aBashiri) の「B」(「A」だと札幌 - 網走間と重複するため)。

駅ナンバリングが実施されていない区間[編集]

現行路線[編集]

廃止路線(駅ナンバリング導入後のみ掲載)[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 例:函館本線上の隣り合う駅である長万部駅 (H47) と二股駅 (S32) など。
  2. ^ 例:南千歳駅 (H14) は、新千歳空港方面のAPルート、釧路方面のKルートが分岐している。
  3. ^ 例:南千歳駅 (H14) の次の駅はいずれも「札幌から数えて15駅目」であるので、美々駅 (H15) ・新千歳空港駅 (AP15) ・追分駅 (K15) とすべて「15」となる。但し美々駅は、2017年(平成29年)3月4日に廃止(信号場へ降格)された為、「H15」は欠番となった。
  4. ^ 例:富良野線学田駅は最短ルートで数えれば札幌から31駅目だが、富良野線(Fルート)は旭川駅 (A28) から順に数えるため「F44」である。
  5. ^ a b 江差線の木古内駅 - 江差駅間は2014年(平成26年)5月12日付で廃止[報道 5]、五稜郭駅 - 木古内駅間は2016年(平成28年)3月26日付で道南いさりび鉄道に移管された[報道 2]。なお、後者については移管と同時に、函館本線との分岐駅である五稜郭駅 (H74) を除く全線に同社の駅ナンバリング『sh』が付与されている[1][2]
  6. ^ 留萌本線の留萌駅 - 増毛駅間は2016年(平成26年)12月5日付で廃止[報道 4]

出典[編集]

報道発表資料[編集]

  1. ^ “駅番号表示(駅ナンバリング)を実施します” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2007年9月12日), オリジナル2007年9月30日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20070930015220/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2007/070912-3.pdf 2007年9月30日閲覧。 
  2. ^ a b c d e “平成28年3月ダイヤ改正について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年12月18日), オリジナル2015年12月18日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20151218154545/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/151218-3.pdf 2015年12月18日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f “平成29年3月ダイヤ改正について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年12月16日), オリジナル2016年12月16日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20161216091740/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/161216-3.pdf 2016年12月16日閲覧。 
  4. ^ “留萌線(留萌・増毛間)の廃止日繰上げの届出について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年6月29日), オリジナル2016年7月1日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20160701083826/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160628-1.pdf 2016年7月1日閲覧。 
  5. ^ “江差線(木古内・江差間)の鉄道事業廃止届の提出について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2013年4月26日), オリジナル2013年5月13日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20130513023910/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2013/130426-1.pdf 2013年5月13日閲覧。 

外部リンク[編集]