中ノ沢駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中ノ沢駅
駅舎全景(2014年9月)
駅舎全景(2014年9月)
なかのさわ
Nakanosawa
H49 国縫 (4.9km)
(4.6km) 長万部 H47
所在地 北海道山越郡長万部町字中ノ沢
駅番号 H48
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 函館本線
キロ程 107.7km(函館起点)
電報略号 ナワ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
2人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1904年明治37年)10月15日
備考 無人駅
テンプレートを表示
DF200牽引の貨物列車が通過
駅名標と駅舎
ホームから見た駅舎

中ノ沢駅(なかのさわえき)は、北海道山越郡長万部町字中ノ沢にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線駅番号H48電報略号ナワ

快速アイリス」の停車駅であった。

歴史[編集]

1976年の中ノ沢駅と周囲約750m範囲。下が函館方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅構造[編集]

地上駅。混合ホーム2面3線のうち真ん中の線路を取り払ったために生じた、ホーム・線路・ホーム・線路の順に並ぶ特異な構造を持つ。ヨ3500形[7]車掌車改造の待合所が設置される無人駅である。構内踏切が現存している。

利用状況[編集]

乗車人員推移
年度 一日平均乗車人員
2011 1
2012 1
2013 2

駅周辺[編集]

  • 国道5号
  • 長万部町立中の沢小学校
  • ステイタス新函館ゴルフ場
  • 函館バス「中ノ沢駅前」停留所

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
函館本線
普通
国縫駅 (H49) - 中ノ沢駅 (H48) - 長万部駅 (H47)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 停車場変遷大事典 国鉄・JR編 II、P809。
  2. ^ 大正3年8月29日付官報(第625号) 鉄道院告示七十三号
  3. ^ 北海道鉄道百年史 下巻、P58 及び巻末年表。
  4. ^ a b 札幌工事局70年史 P194-198。複線-単線部分にポイントを設け、手作業で切り替えを行った。2段階で複線化されたのは土地買収が遅れたためで、土地収用法が適用された例となった。
  5. ^ a b c 『道南鉄道100年史 遥』 北海道旅客鉄道函館支社 2003年2月発行。
  6. ^ “駅番号表示(駅ナンバリング)を実施します” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2007年9月12日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2007/070912-3.pdf 2014年9月6日閲覧。 
  7. ^ 書籍『ダルマ駅へ行こう!』(著:笹田昌宏、小学館文庫2007年)101ページより。

関連項目[編集]