南弟子屈駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
南弟子屈駅
JR Senmo-Main-line Minami-Teshikaga Station building.jpg
駅舎(2017年5月)
みなみてしかが
Minami-Teshikaga
B64 摩周 (8.2km)
(6.5km) 磯分内 B62
所在地 北海道川上郡弟子屈町熊牛原野144
駅番号 B63
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 釧網本線
キロ程 103.9km(網走起点)
電報略号 ミテ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1929年昭和4年)8月15日
廃止年月日 2020年令和2年)3月14日[1]
備考 無人駅
テンプレートを表示

南弟子屈駅(みなみてしかがえき)は、北海道川上郡弟子屈町熊牛原野144にあった北海道旅客鉄道(JR北海道)釧網本線廃駅)。駅番号B63電報略号ミテ

歴史[編集]

1977年の南弟子屈駅と周囲約500m範囲。上が網走方面。駅舎側の単式ホーム1面1線で、かなり早い時期に貨物取扱を止めていて、駅裏の副本線は撤去されて久しく、草生して殆んど跡形も無い。駅舎横の釧路側貨物積卸場の引込み線がまだ残されているが、荷物扱い廃止後に一旦撤去され、その後保線車両用に再び引き直されている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

1929年開業。所在地の地名はアイヌ語で「クマ、ウシ」(魚を乾かす棚のあるところ)に由来する熊牛だが、すでに河西鉄道に熊牛駅があり、国鉄駅は弟子屈駅(現・摩周駅)の南方に所在することにちなんで南弟子屈と名付けられた[2][3]。しかし1日の平均乗降客数が3人と少なく、2020年のダイヤ改正時に廃止された。降水と気温上昇によって冠水、路盤流出、土砂流入などの異常が生じたため3月11日以降は運休しており[4]、実質的な最終営業日は3月10日であったが、3月13日には地元の愛好家が資料やポストカードを500部作成し、駅訪問客に配布した[5]

年表[編集]

駅構造[編集]

地上駅で、1面1線の単式ホームを有していた。摩周駅管理の無人駅。かつては貨物ホームや側線を有していた[2]。駅舎は車掌車が転用されていた。

利用状況[編集]

  • 2012年(平成24年)- 2016年(平成28年)の特定の平日の調査日における乗車人員平均は1.0人[12]
  • 2013年(平成25年)- 2017年(平成29年)の特定の平日の調査日における乗車人員平均は1.0人[13]
  • 2014年(平成26年)- 2018年(平成30年)の特定の平日の調査日における乗車人員平均は1.2人[14]

駅周辺[編集]

駅前には倉庫、商店、住宅が数軒あるのみで、広大な牧場地帯である。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
釧網本線(廃止時点)
快速「しれとこ摩周号」
通過
普通
摩周駅 (B64) - 南弟子屈駅 (B63) - 磯分内駅 (B62)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “2020年3月ダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2019年12月13日), オリジナルの2019年12月13日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20191213082940/http://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20191213_KO_kaisei.pdf 2019年12月13日閲覧。 
  2. ^ a b 『北海道 釧網本線』 p. 85
  3. ^ 『北海道鉄道駅大図鑑』 p. 300
  4. ^ “低気圧通過に伴う列車への影響について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2020年3月12日), オリジナルの2020年3月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200317091310/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20200312_KO_Train%20information.pdf 2020年3月17日閲覧。 
  5. ^ 今井潤「揺れる鉄路 白糠・古瀬駅、南弟子屈駅 最後の営業 鉄道ファンら別れ惜しむ」『北海道新聞』2020年(令和2年)3月14日付15面(釧路・根室)。
  6. ^ 『鉄道百年の歩み』 p. 183
  7. ^ 『鉄道百年の歩み』 p. 95
  8. ^ 『鉄道百年の歩み』 p. 101
  9. ^ a b 『鉄道百年の歩み』 p. 113
  10. ^ “釧網線・南弟子屈駅の廃止検討 JR、6日に住民説明会”. 北海道新聞. (2019年9月3日). オリジナルの2019年9月3日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/WsOLK 2019年9月3日閲覧。 
  11. ^ “寂しいけどありがとう 白糠・古瀬駅、南弟子屈駅が最後の営業 ファンら別れ惜しむ”. 北海道新聞. (2020年3月14日). オリジナルの2020年3月27日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/IrrMs 2020年3月26日閲覧。 
  12. ^ 釧網線(東釧路・網走間), (日本語) (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区) (北海道旅客鉄道), (2017年12月8日), オリジナルの2017年12月9日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20171209102545/http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/senku/pdf/senku/08.pdf 2017年12月10日閲覧。 
  13. ^ 釧網線(東釧路・網走間), (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために) (北海道旅客鉄道株式会社): p. 3, (2018年7月2日), オリジナルの2018年8月19日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20180818153329/http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/region/pdf/senku/08.pdf 2018年8月19日閲覧。 
  14. ^ 釧網線(東釧路・網走間) (PDF)”. 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために). 北海道旅客鉄道. p. 3 (2019年10月18日). 2019年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月18日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]